日帝残滓を根絶やしにせよ(5)

 日本帝國主義体制のトップである安倍晋三逆徒は第一次内閣のときに「再チャレンジのできる社会にする」などと息巻いていました。しかし、現実には社会の格差は拡大していわば「パイの奪い合い」になっているのに加えて、日本帝國主義社会自体の構造に根本がありますが、たまたま運が悪く路線を踏み外してしまった人に対しても本人の責任として極めて冷たい態度で接するケースが多いという問題があります。こんな日本帝國主義社会だからこそ出産する女性に対しても平気で違法リストラの対象にしてしまうことが日常茶飯事となるわけです。このような日本帝國主義社会に人民拉致裁判制度(裁判員制度)は、たまたま運悪く道を踏み外した人々に対するさらなる「冷たい排除の目」を注がせる悪影響にしかならないとしたものです。
 一方、2012年12月に日本帝國トップに「復活」した安倍逆徒本人はどうか?こちらは「再チャレンジ」の成功組とかもてはやされたりもしましたが、この種の政治の世界は権力闘争であり、一度死んだ者に対しては容赦なき粛清が行われて普通です。政治の世界で一度死んだ者が復活するなど絶対的とまでは言いませんがそう簡単にあってはならないというものです。というのは、政治の世界での敗北は、そもそも支配する人民に対する責任を全うしていないからこそ追い落とされることによって発生します。国家のトップが追い落とされた(まして、安倍逆徒の場合は自ら政権を放り投げた印象さえもたれた)場合には相応の責任を取らされて当然というもので、逆に言えば、そんな「再チャレンジ」を許した日本の人民の「民度」も問われるというのが実態です。
 この種の政治の世界における「再チャレンジ」を許してしまったらどうなるか?政治とは権力抗争に本質がありますから、トップに立った者からすれば、一度自らを追い落とした勢力に対する容赦なき復讐を敢行しても当然です。安倍逆徒がトップに立ってからは、日本帝國メディアなど一回安倍逆徒を追い落とした勢力は萎縮して安倍逆徒に対してモノを強くいえない現状もあり、安倍逆徒にしてみれば自らに都合の良い政策を実現しやすい環境はあるといえましょう。NHK(日本帝國主義体制放送協会)人事とその後の経営陣の態度などは典型例です。もっとも、このような傲慢すぎる政治手法には人民からの反発を招き、滋賀県知事選挙でまさかの逆転敗北を喫し、秋の福島・沖縄両県知事選挙に大きな影響が出てくるとも言われています。しかし、日本帝國主義体制国会は日本帝國自民党議員で圧倒的に占められています。最終的にはこの日本帝國自民党議員を追い落として、かつ、日本帝國自民党より右翼性の強い・市場原理主義性の強い政党を跋扈させないことが必要になるということです。
 第一次日本帝國安倍逆徒政権の際に「再チャレンジ」が掲げられながら十分な成果は得られず、それが一つの要因となって日本帝國民主党政権になったはずでした。「再チャレンジ」どころか一度落伍した人民は落ちるところまで落ち込むしか道がないケースが多い一方で、政治の世界で安易にあってはならない「再チャレンジ」をまかり通したことは、これは人民に対する裏切り行為と同等です。このような日本帝國主義社会は、そもそもの腐った根本から叩き直さねばならないというしかありません。昭和戦争敗北で潰れたはずの「日本帝國主義勢力」が復活したからこそ現在の腐った社会があるということであり、本質的に叩き直すには、「日帝残滓を根絶やしにする」を合言葉に闘争を繰り広げていかねばならないということでもあるのです。

 なお、日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページがパワーアップします。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起は<a href=”http://www.interq.or.jp/enka/svkoya/kaigai1.html&#8221; target=”_blank”><strong>こちらのページ</strong></a>、または、<a href=”http://dprsaibaninseido.zzl.org/kaigai1.html&#8221; target=”_blank”><strong>こちらのスペアページ</strong></a>にて徹底的に続けます。さらに、<a href=”http://www.interq.or.jp/enka/svkoya/antiippyoorg.html&#8221; target=”_blank”><strong>過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)</strong></a>、<a href=”http://www.interq.or.jp/enka/svkoya/antijaljrw.html&#8221; target=”_blank”><strong>日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動</strong></a>、<a href=”http://www.interq.or.jp/enka/svkoya/antitpp.html&#8221; target=”_blank”><strong>環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動</strong></a>、<a href=”http://www.interq.or.jp/enka/svkoya/antikyotsubango.html&#8221; target=”_blank”><strong>人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動</strong></a>に加え、<a href=”http://www.interq.or.jp/enka/svkoya/antinucpower.html&#8221; target=”_blank”><strong>原発全廃実現運動</strong></a>、<a href=”http://www.interq.or.jp/enka/svkoya/antisecret.html&#8221; target=”_blank”><strong>拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動</strong></a>、<a href=”http://www.interq.or.jp/enka/svkoya/antishinryaku.html&#8221; target=”_blank”><strong>集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動</strong></a>、<a href=”http://www.interq.or.jp/enka/svkoya/antiweapon.html&#8221; target=”_blank”><strong>日本国憲法破壊策動糾弾運動</strong></a>、<a href=”http://www.interq.or.jp/enka/svkoya/antitax.html&#8221; target=”_blank”><strong>人民搾取税糾弾運動</strong></a>も順次開設いたします。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中