日帝残滓を根絶やしにせよ(12)

 日本帝國主義体制新潟地裁から一時逃走し、女性への殺人罪でも起訴された男性が別の殺人事件で逮捕されました。他の女性不審死亡事件にも関わった疑いも持たれ、これが殺人罪で立件されるようなことになれば人民拉致裁判(裁判員裁判)での死刑求刑が視野に入ってきます。逃走したのもこれらの容疑が発覚すれば死刑がありうるということを自覚していたといわれても仕方ないでしょう。この男性は容疑を現段階でも否認しているとのことです。事件の内容からしても裁判当日は多くの日本帝國メディアによる注目が集まるのは間違いありませんし、全部容疑を否認すれば2~3ヶ月レベルの日程が組まれることにもなるでしょう。この裁判の担当として拉致された拉致被害者の負担が相当なものになることは間違いありません。

 さて、昨日の8月15日ですが、日本帝國主義体制が拉致事件問題担当大臣と称する古屋圭司逆徒ら日本帝國3閣僚が日本帝國靖國神社を訪問し、周辺諸国の大顰蹙を買いました。古屋逆徒の姿勢からしても「拉致事件」と称する問題解決を扇動する勢力の本性が明らかに分かります。本サイトで何度も触れているように、この勢力は「拉致事件解決」を隠れ蓑にしながら日本帝國靖國神社を擁護することを本来目的にした、人権のジの字も言う資格のない反動勢力です。こんな勢力に加担する帝國主義国際連合朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)人権問題不当介入担当のマルズキ・ダルスマン逆徒やマイケル・カービー逆徒、及び、一部の日本帝國自称左派勢力弁護士勢力等も同等の反動集団と言うしかありません。
 一方で、昨日は反天皇制連絡協議会(反天連)が日本帝國靖國神社糾弾デモを行いました。私もこのデモに出向きたかったのですが、別の集会に出向いたこともあり時間の都合で行くことが出来ず残念でした。これに対して日本帝國主義体制反動集団が大挙してこのデモに対して罵声を浴びせるという蛮行を働きました。昨日蛮行を働いた反動集団は「朝鮮人をたたき出せ」などの罵倒デモを行います。また、8月15日に限らずこの種の日本帝國靖國神社糾弾デモに対して大挙して罵倒するという行動に出ていますし、実際に8月9日の日本帝國靖國糾弾デモに対しても罵倒行動の暴挙に出ています。動画を見たのですが、この反動集団は反天連のデモに対して「反天連はヘイトスピーチ」「日本人差別」と罵声を浴びせ、機動隊に対してはデモの方を規制しろと息まいてもいました。
南朝鮮傀儡(大韓民国)民団からは、この種の日本帝國反動集団による「ヘイトスピーチ」に対して法規制を求める署名活動が始まっています。しかし、表現の自由との兼ね合いから法規制自体が難しいとの見方もあります。そして、仮に法規制ともなれば、反動集団による「朝鮮人を叩き出せ」のヘイトスピーチよりも反天連などのデモが主要なターゲットとして不当弾圧対象とされる結果をも招きかねません。その意味でもヘイトスピーチの法規制には私としては絶対反対の立場を取ります。ヘイトスピーチデモに対して「仲良くしようぜ」などのカウンターと称する行動も出ていますが、これも本質的な解決にはなり得ないというのが私の見方です。というのも、所詮はカウンターは「消極的反対行動」だからで、反動集団にとって自らに対する危険が迫らない限りはヘイトスピーチデモを控えるという行動には出ないからです。
 ヘイトスピーチデモに対抗できるのは「仲良くしようぜ」ではなく、反天連デモであったり「金日成同志万歳」デモといった能動的行動であるというのが私の意見です。当然、この種の反動集団のカウンター活動が出てくるのは承知の上での行動となります。要は、反天連などによる能動的行動に同調する同志の輪を広げていくことで日本帝國反動集団を押さえ込むことこそ、「攻撃は最大の防御」になるということです。日本帝國トップの安倍晋三逆徒勢力が扇動するまでに蔓延した日帝残滓は「完全に根絶やし」にしない限り同じ失敗を繰り返すというものです。だからこそ積極的・攻撃的な活動が必要だということにもなるのです。

 なお、日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページがパワーアップします。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページ、または、こちらのスペアページにて徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動に加え、原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も順次開設いたします。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中