悪質越南逃走者とソニートップによる対朝鮮共和国特大型挑発を糾弾する声明

 2015年1月5日、悪質越南逃走(=西側帝國主義勢力が勝手に「脱北」と称する行為、以下、越南逃走と表記)犯罪者集団が朝鮮半島の北緯38度線から北に向けて、2015年初めてとなるデマビラ散布妄動を働いた。一方で同じ2015年1月5日、昨年大騒動となった朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の最高尊厳を特大冒涜する映画公開について、制作会社であるアメリカ合衆国帝國主義社会現地法人ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(以下、ソニーピクチャーズと表記)の親会社で日本帝國主義企業ソニーの社長が「表現の自由はソニーの生命線だ」と述べる挑発的姿勢を働いた。これらの姿勢を見れば、日米南朝鮮西側帝國主義勢力が今年も朝鮮共和国に対する徹底的な挑発姿勢を継続することを示したと見る以外にない。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会としてこれらの対朝鮮共和国特大型挑発妄動について日本人1億3千万人を代表して断固糾弾し、以下の声明を発表する。

 朝鮮共和国の法を悪辣に犯して南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)社会に越南逃走した勢力による対朝鮮共和国デマビラ散布妄動といえば以前からも何度も行われてきた。しかし、今年初となる今回に関しては従前以上に看過できない問題がある。というのは、今回デマビラ散布を働いた勢力とは別の団体といわれるが、この行動に当たってソニーピクチャーズ制作特大挑発映画を収録したDVDを封入するという計画も持ち出されているからだ。朝鮮共和国のトップからは対朝鮮共和国挑発のないことを条件にした北南首脳会談構想も今年年頭に示されたが、今回の悪質越南逃走犯罪者勢力の強硬姿勢を見てどうなるかが俄然注目される。
 ソニーピクチャーズ制作朝鮮共和国最高尊厳特大冒涜映画を封入してのデマビラ散布ともなれば朝鮮共和国が最大級の挑発と見做すのは至極自然である。何しろ日本帝國主義社会系アメリカ帝國主義社会現地法人企業による悪辣映画を南朝鮮傀儡反動勢力が輸送するのは、日米南朝鮮帝國主義勢力結託による対朝鮮共和国特大挑発構図となるからだ。日本帝國主義社会といえば、天皇制に対する批判表現について極右反動勢力が表現の自由を許さぬべく徹底的に圧力をかける風潮も根強いが、そんな日本帝國主義社会に生まれた企業が「表現の自由はソニーの生命線」と言い放つことほど社会全体を愚弄した挑発的行動はない。ソニーが行うべき行動は、他国の最高尊厳を冒涜する映画を作ったりそのような映画を「表現の自由」と言い放ったりする以前に、天皇制批判表現に対して日本帝國極右反動勢力が平気で徹底的に行う暴力的弾圧への批判世論喚起ではないのか?
 日米南朝鮮帝國主義体制勢力こそが朝鮮共和国に対する挑発行動を働き親朝鮮共和国勢力の反発を招く原因を作っておきながら、親朝鮮共和国勢力が行ったソニーピクチャーズへの正義のハッキング行動についてこれを朝鮮共和国の犯行と勝手に断定したのがアメリカ帝國主義体制である。アメリカ帝國主義体制はこの事態を受けて実効性のない対朝鮮共和国制裁という傲慢・無謀で愚かな行動に走り、そんなアメリカ帝國主義体制を全面支持したのが日本帝國主義体制でもあった。アメリカ帝國主義体制は以前のハッキング被害について、これを中華人民共和国61398部隊の犯行と勝手に決めつけて起訴するという暴挙も働いている。アメリカ帝國主義体制による決めつけ犯人呼ばわりといえば、対イラク共和国侵略戦争に際してサダム・フセイン政権による大量破壊兵器保有を口実にしたことも忘れてはならない。実際にはその口実がウソだったことで大義なき戦争との国際的批判を浴びたが、そんな事態を招いた反省もせずに相変わらず他国への侵略を狙っているのがアメリカ帝國主義体制の本性であることは言うまでもなく、そんな戦争体制に阿諛追従しているのが日本帝國主義体制であり、南朝鮮傀儡体制でもあるのだ。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、昨日働かれた悪質越南逃走者団体及びソニーによる対朝鮮共和国特大挑発行為について、1億3千万人日本人を代表して厳しく糾弾する。そして、本会としては、日本帝國主義体制によって最高尊厳同等に擁護されている政策に対する糾弾ビラが散布されても日本帝國主義体制は批判する資格がないものと見做すこととする。人民拉致裁判制度(=裁判員制度)の不正乱発総翼賛姿勢に対する実態糾弾ビラの散布行動をより強めていかねばならないのは当然だ。日本帝國主義体制やアメリカ帝國主義体制、南朝鮮傀儡体制を初めとした西側反動・新自由主義勢力による自省なき他国批判をすれば、必ず自らに刃が跳ね返るのは至極当然のことである。

 2015年1月6日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中