朝鮮共和国は崩壊などしない

 本日は時間の都合上簡単に触れますが、アメリカ合衆国帝國主義体制トップのバラク・オバマ逆徒が「北朝鮮はやがて崩壊する」との妄言を吐きました。しかし、その言葉に説得力ある論拠があるのかといえばどこにもないというのが本当のところで、事実「残された制裁手段は多くない」と認めざるを得ない事態に追い詰められているのがアメリカ帝國主義体制というべきところです。「北朝鮮は崩壊する」論はここ何十年も言い古されてきた言葉ですが、実際に朝鮮民主主義人民共和国の体制は堅固でこの現在まで健在というのが現実です。アメリカ帝國オバマ逆徒のこの論拠なき言葉はまさしく「北朝鮮体制は崩壊してくれなければ自国の安全保障に致命的な影響を及ぼす」との本音を言っているようなものです。
 だからこそ、我々日本人としても、暴力的侵略本性をむき出しにするアメリカ帝國主義体制こそ世界平和にとっての最大のガンとして徹底的に対峙する姿勢が求められているというものです。最近のテロ続発世界情勢を考えても、アメリカ帝國主義体制の崩壊こそ世界混乱の修復に一番の近道になることが明らかというものです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)を崩壊させる戦いを考える上でも無視できないものがあるというものです。

 なお、日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページがパワーアップします。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページ、または、こちらのスペアページにて徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動に加え、原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も順次開設いたします。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中