祖平統書記局報道と朝鮮中央通信論評を全面支持する声明

 2015年1月29日、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の祖国平和統一委員会が書記局報道第1083号を発表し、南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)体制外交部長官の尹炳世逆徒による朝鮮共和国核問題関連妄言を糾弾した。一方同日、朝鮮中央通信社も『謀略文書ねつ造に対して謝罪し、取り消すべきだ 朝鮮中央通信社論評』なる記事を発表し、悪質越南逃走(=西側帝國主義体制が勝手に「脱北」と称する行為、以下、越南逃走と表記)者の申東赫容疑者による捏造証言に基づいて謀略的に作られた対朝鮮共和国不当人権非難問題について正当な批判をした。世界全体の情勢がより緊張の度を増す中、朝鮮共和国の主張がより輝きを増してくるのも至極自然の帰結というものだ。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して朝鮮共和国祖国平和統一委員会書記局報道と朝鮮中央通信論評を全面支持すべく以下の声明を発表する。

 祖国平和統一委員会書記局報道第1083号では尹炳世逆徒の「北の核兵器は南北関係と北東アジア地域の平和において癌」や「北の非核化を解決せずには平和統一を論じられない」なる妄言について至極当然の反論をしている。アメリカ合衆国帝國主義体制が第二次世界大戦後に日本帝國主義体制地域や南朝鮮傀儡地域に核持込の極秘計画を図っていたことが最近になって外交文書からも次々に明るみになっているというものだ。アメリカ帝國主義体制の核恐喝による内政転覆侵略行為に対して相応の防御力を持って対峙しようとする朝鮮共和国の姿勢は当然というものである。まして、2011年の日本帝國主義体制東京電力福島第一原子力発電所爆発事件に際する日本帝國主義体制やバックのアメリカ帝國主義体制の態度を見れば、朝鮮共和国がより強硬な姿勢を取っても仕方ないことだ。東アジアをめぐる核問題はますます混迷の道に入るのは容易に想定できるだろう。
 一方、悪質越南逃走者申東赫容疑者の捏造証言を一つの論拠にした対朝鮮共和国人権問題不当非難扇動についてはその正統性が完全に失われてしまった。朝鮮共和国の激怒は当然のことであり、申東赫容疑者の捏造証言に踊らされて対朝鮮共和国不当人権非難扇動に加担した勢力も朝鮮共和国の前で連座して深々と頭を下げて謝罪するのが当然の態度である。その中には「拉致事件」云々の件を世界に喧伝してきた日本帝國主義体制極右反動勢力が含まれるのは言うまでもない。この勢力は日本帝國靖國神社絶対擁護の本心を隠しながら人権云々を世界に広めてきた経緯があり、この問題は本会声明でも何度も述べている。「拉致事件」云々についても朝鮮共和国と日本帝國主義体制との協議の末に一度は完全決着しており、念のため再調査している現状である。また、そんな対朝鮮共和国不当名指し人権非難扇動目的の帝國主義国際連合人権報告組織に関わるメンバーも人権云々を喧伝する資格のない本性をさらけ出しているというものだ。
 最近の世界情勢を考えると、アメリカ帝國主義体制を初めとした西側帝國主義体制勢力の侵略姿勢こそ、現地住民の大反発を買って混乱をより広げている構図が明らかになっている。西側帝國主義勢力が彼らの統治体制にとって都合の悪い現地体制であれば、内部扇動や実力行使などいかなる手段を使ってでも体制転覆を図ろうとしてきたのも西側帝國主義勢力である。石油利権や地政学的理由を背景にした西アジア・中東・北アフリカなどアラブ・イスラム社会に対する、とりわけ第二次世界大戦後の西側帝國主義勢力の姿勢がまさに世界侵略姿勢そのものであった。現在、まさにイスラム国という存在を生み出してしまったのも、元はといえば西側帝國主義勢力の世界侵略姿勢でそれに伴う混乱に乗じられたことが原因である。こんな西アジア・中東・北アフリカの混乱情勢を朝鮮共和国が見逃すはずもなく、防衛力を固めなければ次は自分であると考えて当然だ。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して朝鮮共和国の2015年1月29日祖国平和統一委員会書記局報道第1083号・朝鮮中央通信論評を全面的に支持することを宣言する。とりわけ、人権問題云々を言う資格のない勢力が朝鮮共和国人権問題云々を喧伝していることに極めて強い憤りを覚えるのは当然だ。日本帝國主義体制極右反動勢力の「拉致事件」扇動を初めとした人権云々扇動に対する反撃も必要だ。その観点からしても日本帝國主義勢力総与党化・不正乱発により絶対的推進を働いた人民拉致裁判制度(=裁判員制度)への徹底糾弾活動が大きな意味を持つ。このシステムに加担させられる善良な人民及びこのシステムで裁かれる重罪被告人こそが拉致被害者であるとの訴えを徹底して継続していくことは言うまでもない。

 2015年1月30日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中