朝鮮共和国支持世論を世界に広げよう(7)

 まずは昨日の北海道新聞コラムから。政府が「言論の自由」を振りかざした場合彼らにとって都合のよい言論を一方的・暴力的に発信して人民弾圧が行われるという言葉はいかにも正論のように見えますが、この北海道新聞を含めた日本帝國主義体制メディアはいざとなれば人民拉致裁判制度(裁判員制度)を日本帝國主義政府と一体化・総与党化してまで人民弾圧を働く組織です。「言論の自由」を日本帝國主義政府と一体になって、人民に対して暴力的・一方的に振りかざした犯罪的侵略組織がよくもこんなコラムを書けたものです。北海道の弁護士も共著されたこのような本が最近出版されたそうですが、マスコミが伝えない真相を述べるよりも、そもそも伝えない原因がどこにあるのかを考える方が人民拉致裁判制度という日本帝國主義体制ぐるみの犯罪的政策の廃止実現には重要なのではないでしょうか?

 さて、日本帝國主義体制の政治とカネ問題が政治家全体に広がる様相を呈してきています。日本帝國主義体制トップ安倍晋三逆徒・官房長官菅義偉逆徒、日本帝國民主党代表に至るまでですが、いずれも国の補助金を受けた企業からの献金を受けていたものです。しかし、一方で政治資金規正法では国の補助金を受けていたとしてもそれが営利目的でなかったり、献金を受けた側が事実を知らなかったりすれば責任を免除される条項も付け加えられていて、実体的に機能しないとの批判も根強くあります。「国の補助金を受けていたことは知らなかったのだから仕方ない」で済ませられてしまうのがこの法律というわけです。
 こんな法の抜け穴をふさいできれいな政治の出来る法体系にしようとの日本帝國メディアによる扇動はあります。しかし、そもそも政治資金規正法を完璧なまでに厳格に適用すれば国策など成り立つはずはないし、また、日本帝國捜査当局は政治家全員を訴追しなければならないこととなるでしょう。国策といっても民間の専門業者に仕事を委託するのは仕方ないし、そこに国との利害関係が生まれるのはある程度は致し方ないものです。要は、厳格な法運用をすれば社会全体が混乱してしまうほど政治資金問題は法で規制できない構造になっているというもので、日本帝國主義社会における法治主義体系そのものの限界に差しかかっているとなるのです。
 お隣南朝鮮傀儡(大韓民国)体制では通称金英蘭法(不正請託および金品などの授受禁止法)が成立しましたが、早くも憲法違反との批判が相次いでいます。どこの国でも政治とカネにまつわる汚職批判は存在するのですが、南朝鮮傀儡体制下で成立した法律では、民間同士の請託、それも報道機関や私立教育関係者にも適用されるのが大きな問題になります。即ち、民間同士の合意に国家が介入できるシステムになっている問題です。一方で施行の適用開始時期を遅らせることでこの法律を成立させた国会議員の保身ではないかとの批判も出ています。日本帝國主義社会でも本気で政治とカネの問題に切り込むのであれば、南朝鮮傀儡社会で出来た金英蘭法レベルのシステムを作らねばならないでしょうし、作れば憲法違反論がまず持ち上がってくるとしたものです。
 政治とカネ云々を言うのであれば、日本人の多くの民衆の声に反するような人民拉致裁判制度(裁判員制度)の翼賛宣伝にどれほどのカネがどのようなルートでつぎ込まれたのかを十分に説明させるべきでしょう。しかし、この政策の翼賛宣伝の主犯格である日本帝國主義メディアはこの問題についてまともな批判などするはずはありません。原発やアメリカ合衆国帝國主義体制侵略軍基地問題でもそうですが、まさにカネによる人民弾圧がまかり通っているのがこの日本帝國主義体制です。そんな根本的政治とカネの問題を抜きにして特定の政治家個人による不透明な資金管理について社会的問題にしても、政治とカネの問題がなくなるはずもないですし、もっと大きな巨悪はずっと残るとしたものです。

 なお、日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページがパワーアップします。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページ、または、こちらのスペアページにて徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動に加え、原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も順次開設いたします。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中