米帝國侵略勢力のイエメンからの無責任撤退を糾弾・嘲笑する声明

 2015年3月21日、アメリカ帝國主義体制侵略軍の特殊部隊がイエメン共和国から撤退し出したとアメリカ帝國主義体制が明らかにした。帝國主義国連でも安全保障理事会で危機感を露にしている情勢下、アメリカ帝國主義体制侵略軍が治安悪化を理由に自ら尻尾を振って逃走する姿勢を示せば、その混乱に付け込まれるのは見え見えといえよう。それもこれもアメリカ帝國主義体制侵略勢力が自らの一方的な国益追求の目的でこの地域に介入したことが原因であり、治安悪化と称した逃走行為はまさしく身勝手な無責任姿勢と言う以外にない。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表してアメリカ帝國主義体制侵略勢力のこの身勝手な姿勢を厳しく糾弾し、かつこんな身勝手極まりないアメリカ帝國主義侵略勢力に対して日本帝國主義体制がどう向き合うのか追及すべく以下の声明を発表する。

 アメリカ帝國主義体制侵略勢力はイエメンに限らず、この中東・北アフリカ地域に原油などの利権目的の介入を働いてきた歴史がある。この地域ではアメリカ帝國主義体制に限らず、西側帝國主義体制勢力を中心に利権争いを繰り広げてきて、混乱の芽を作って広げてきたのが現実である。アメリカ帝國主義体制が2001年9月11日の無残な敗戦を迎えながら、この原因を作った反省もせずに2003年に対イラク共和国侵略戦争を働き、中東地区の混乱に拍車をかけた。現在イスラム国が生まれる事態にまで至ったのも、元はといえば西側帝國主義勢力の侵略が原因であるのは明らかである。
 そんなアメリカ帝國侵略勢力だが、アメリカ帝國主義体制在イエメン大使館は既に閉鎖されていて、特殊任務を担当する侵略軍人勢力だけがつい先日までイエメン国内にいたというわけだ。その侵略軍特殊部隊までもが治安悪化を理由に全面撤退を始めるというのは、要するにイエメンの強硬勢力に恐れをなして敗走したという以外の何物でもない。中東・北アフリカ地区の強硬勢力がこの件に勢い付いて勢力を拡大するのは間違いないだろう。このような事態を招いたのは身から出た錆というほかないのだが、一方でイエメンから無責任撤退を働くアメリカ帝國犯罪的侵略勢力に対しては世界全体からの怒りと嘲笑が渦巻いている。この地域に侵略した責任をどう取るのか、世界全体からの相応の批判が出なければおかしいというものだ。
 一方、第二次世界大戦敗戦後アメリカ帝國主義体制に絶対的に阿諛追従していくことを使命としてきた日本帝國主義体制がこのイエメンなどの中東・北アフリカ混乱情勢に対してアメリカ帝國主義体制の求めに唯々諾々と応じて混乱に巻き込まれるとなれば、日本の善良な人民にとって迷惑極まりないことだ。奇しくも、日本帝國主義体制は集団的世界侵略権(=集団的自衛権)解禁を前提にした安全保障法制を強行しようとしており、その骨格について日本帝國与党が合意したといわれる。つい先日にはチュニジア共和国で日本人の死亡するテロ事件が起きたこともあり、日本帝國主義勢力にとってみれば外国にいる日本人の安全を護るためには西側帝國主義勢力の侵略姿勢に協力する必要があるとより強く考えるようになっても不思議はない。しかし、そんな西側帝國主義侵略勢力の身勝手な侵略行為とイエメンからの無責任逃亡を働くアメリカ帝國主義体制を見るにつけ、日本帝國主義体制がアメリカ帝國主義体制などの西側帝國主義体制の泥沼に足を踏み入れると抜け出せなくなるのは目に見えているというものだ。最悪の場合はアメリカ帝國主義体制だけが無責任逃亡を働く一方で日本帝國主義体制と善良な人民が中東・北アフリカの強硬勢力と戦闘するという事態にさえなりかねない。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表してアメリカ帝國主義体制侵略勢力のイエメンからの無責任撤退を厳しく糾弾するとともに、世界全体からこの体たらくを嘲笑するよう呼びかける。社会全体の根幹に関わる事案についての無責任撤退といえば、ちょうど1年前のこの時期に当たるが、日本帝國主義体制最高裁判所長官だった竹崎博允逆徒が任期途中での無責任辞任を働いた。竹崎逆徒は日本人の猛烈な反対意見を完全黙殺して人民拉致裁判制度(=裁判員制度)の制度設計を働いたことの褒章として日本帝國司法府のトップに祭り上げられた人物である。その人物が任期を全うすることなく泥舟から辞任するというのは、まさに日本の善良な人民に悪政のツケを回す無責任姿勢である。それと同等のことがイエメン侵略アメリカ帝國勢力によって行われているというわけだ。日本の善良な人民にとって泥舟のアメリカ帝國主義体制犯罪的侵略勢力と一蓮托生の運命を共にして沈没する道を選ぶのか、それとも、泥舟から逸早く脱出してアメリカ帝國主義体制犯罪的侵略勢力と一線を画するのか、賢明な判断が求められているというわけだ。

 2015年3月23日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中