悪質越南逃走犯罪者らによる太陽節への特大冒涜行為を厳しく糾弾する声明

 悪質越南逃走(=西側帝國主義体制勢力が勝手に「脱北」と称する行為、以下、越南逃走と表記)者の姜哲煥容疑者及び朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)籍として民族統一活動目的で南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)地域で活動しながら南朝鮮傀儡国家情報院の謀略により転向した金東植容疑者の2人の人間のクズが日本帝國主義体制地域に足を土足で踏み入れ、2015年4月15日に朝鮮共和国最大の祝日・太陽節を悪辣に冒涜する究極の特大型反人倫行為を働いた。これらの人間のクズは世界各地でこの種の扇動行為を働いてきたが、よりによって4月15日に日本帝國主義体制地域で朝鮮共和国を悪辣に中傷するのは、最早反人倫行為の中でも最悪クラスと述べる以外にない。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して姜哲煥・金東植両容疑者の超のつく特大型反人倫行為を厳しく糾弾する。加えて、世界全体でこの種の活動を働く人間のクズへの徹底的世界的圧力世論を喚起し、この種の人間のクズの特大型妄動に惑わされることなく、朝鮮共和国から脱出した人民には自らの過ちを認めて朝鮮共和国に帰国するよう促すべく以下の声明を発表する。

 2015年4月15日は世界全体の人民が朝鮮共和国主席の103回目の生誕記念日・太陽節を最大級に祝福する日であった。朝鮮共和国にとっては敵国であるはずの日本帝國主義体制からも、多くの日本人が祝福に平壌を訪問した。ところが、そんな世界挙げての朝鮮共和国祝賀ムードに際して朝鮮共和国で生まれ育ったはずの姜哲煥・金東植両容疑者の2人の人間のクズは朝鮮共和国にとって最大型敵対国家の日本帝國主義体制地域に足を踏み入れたのみならず、朝鮮共和国最大の祝日太陽節を最大級に中傷する特大型反人倫的挑発行為を働いた。この行為には東アジアのみならず、世界全体から呪いと糾弾の声が挙がることになるだろう。
 奇しくも、本日2015年4月16日はセウォル号が沈没してちょうど1年となり、一昨日にはアシアナ航空機が広島空港で事故を起こすなど、南朝鮮傀儡社会での交通機関の安全性への疑念はより深まる情勢にある。姜哲煥・金東植両容疑者が本来行うべきは朝鮮共和国への悪辣な中傷行為ではなく、自らが過ごす南朝鮮傀儡社会の反人道的本性への批判であるはずだ。また、南朝鮮傀儡体制は血税を人民の生活に役立てるのではなく多くをアメリカ帝國主義体制からの武器輸入に投じ、大義のない朝鮮共和国体制転覆を働こうとの不純な目的をいまだに抱いている。そして、つい先日には不当な東アジア制圧政策に協力すべくアメリカ帝國主義体制の意図を忖度した上で、日本帝國主義極右反動メディアの産経新聞前ソウル支局長でさえも釈放した。アメリカ帝國主義体制の圧力を受け、かつアメリカ帝國主義体制と強調するためならば日本帝國主義体制反東アジア的反動集団にも媚を売るような売春婦的姿勢を働くのが南朝鮮傀儡体制の本性だ。こんな本性を持つ南朝鮮傀儡反人倫集団を批判せずに朝鮮共和国を批判するなど存在することが許されない行為である。
 そして、南朝鮮傀儡反人倫集団を批判せずに朝鮮共和国を批判するというあってはならない行為を、よりによって日本帝國主義体制地域に足を踏み入れて4月15日に働くともなれば、これは人間のクズ中のクズが働く反人倫中の反人倫行為である。日本帝國主義体制は1900年代前半の戦争でアメリカ帝國主義体制相手に無謀な挑発を仕掛けて制圧されたことにより、アメリカ帝國主義体制の言いなりに阿諛追従する体質が骨の髄まで染み付いており存在そのものが敗北である。それだけならまだしも、1945年に敗戦しただけでなく、アメリカ帝國主義体制の究極の反人倫侵略姿勢に追従する意味においてさらなる犯罪的行為を積み重ねているのが実態だ。そんな最大級の犯罪的反人倫行為を働いたのが姜哲煥・金東植両容疑者であり、とりわけ金東植容疑者に至っては日本帝國主義体制「拉致事件」云々扇動の極右反動勢力に招待されて日本帝國主義体制反東アジア反動勢力への協力まで働いた。この金東植容疑者は「我々元工作員に依頼すれば日本人を拉致し返すことも可能だ」などの妄言も言い放ったとされる。そんな日本帝國主義体制の本性は、善良な日本人民を日本帝國主義勢力総与党化不正乱発推進の人民拉致裁判制度(=裁判員制度)への協力勢力に転向させようとしたり、2011年日本帝國東京電力福島第一原子力発電所爆発事件の反省なき原発政策擁護を継続したり、人民をコンピュータのボタン一つで社会的に抹殺可能な人民抹殺ボタン(=共通番号またはマイナンバー)システム強行起動を働いたりなど、人民を日本帝國主義侵略勢力に強制拉致しようとしているのが実態だ。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して、姜哲煥・金東植両容疑者の超特大型妄動を糾弾すべく声明を発表する。姜哲煥容疑者は国際社会全体で朝鮮共和国に対する制裁を行えとの妄言を言い放ったが、本来国際的制裁を受けねばならないのは、原発爆発事件という特大型反人倫事態を招いておきながらその反省を一切しないという態度を貫く日本帝國主義体制及びそんな日本帝國主義体制を自国の身勝手な国益目的に徹底擁護するアメリカ帝國主義体制である。姜哲煥容疑者が述べるような政治犯収容所については、悪質越南逃走犯罪者の申東赫容疑者の虚偽証言により正統性が完全に排除されてもいる。国際社会がこれから行うべきことは、朝鮮共和国人権問題への糾弾と不当制裁ではなく、この種の妄言を働く人間のクズへの徹底的圧力及び、朝鮮共和国を棄てた人民を説得しての帰国支援であることは論を待たない。

 2015年4月16日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中