安倍晋三逆徒による特大型反民族的越米逃走を厳しく糾弾する声明

 2015年4月26日、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒がアメリカ合衆国帝國主義体制に向けて遁走するという特大型反民族行為を働いた。日米帝國首脳会談とは聞こえは良いが、要は日本の善良な人民の生存権をアメリカ帝國主義体制に売り飛ばす目的なのは容易に想定できるというものだ。日本帝國主義体制トップとしてアメリカ帝國主義体制議会両院合同会議で演説する内容も、いわば日本の善良な人民をアメリカ帝國主義的反人権性格に巻き込むのが狙いとなるのは見え見えである。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、日本帝國トップの安倍晋三逆徒による越米逃走(=アメリカ帝國主義体制地域に勝手に脱出する行為、以下、越米逃走と表記)行為を厳しく糾弾すべく以下の声明を発表する。

 本文に入る前に、ネパールで起きた大震災に際して、現地人民及び観光・ビジネス等の所用でネパールに出向いた被災者の皆様にお悔やみとお見舞いを申し上げます。日本人も多数被害を受け、日本人死者も出たことは痛恨の極みであります。ネパール以外の周辺諸国にも被害が広がっているということで、この災害を日本帝國主義反動勢力による、中華人民共和国政府からのチベット民族弾圧行為への糾弾といった政治的悪用にさせないことも重要です。日本で大正時代に起きた関東大震災と発生時刻や規模、首都からの震源の距離など酷似している面もあり、日本人としても決して人事ではないと考える次第です。もう一つですが、4月25日の朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の朝鮮人民軍創建記念日について今年は大きなアクションはありませんでした。しかし、2015年4月25日が土曜日だったこともあり、場合によっては4月27日に大きなアクションが起きる可能性を指摘しておきます。

 ということで本文へ。日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒によるアメリカ帝國主義体制への遁走という最大級の反民族行為は、まさしく日本の善良な人民がいかに抵抗しようともアメリカ帝國主義型反人権社会の改善が出来ないようなシステムとして既成事実化させようとする目的にあるとしか言い様がない。朝鮮共和国の住民が勝手に南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)地域に脱出する行為を越南逃走(これを西側帝國主義勢力は勝手に「脱北」と称する)といい、この行為をするのは人間のクズと非難される。しかし、世界最悪の反人権国家アメリカ帝國主義体制社会への脱出は南朝鮮傀儡地域への脱出をはるかに超える人間のクズ中のクズが働く行為である。この行為を日本帝國主義体制トップが働いたのだから日本の善良な人民がいかに不幸に陥るかがよく分かるとしたものだ。
 つい先日には南朝鮮傀儡体制のトップ朴槿恵逆徒がセウォル号事件1年を迎えた直後に中南米地区への外交に向けて遁走した。まさしく越米逃走級反民族行為そのものであるが、これをはるかに超える反民族行為を働いたのが、本日「拉致事件」云々関連集会に出席した直後に越米逃走した安倍逆徒である。「拉致事件」云々についてはその思想自体が日本帝國靖國神社絶対擁護思想と一体化していることからしても朝鮮共和国に対して問題を糾弾できる資格がないという以外にないが、当事者家族が日本の地をもう一度踏ませようとする心情はいたし方ない面もある。しかし、そんな当事者の願いをも裏切る行為がまさに越米逃走を働いた安倍逆徒である。もっとも、朴槿恵逆徒の越米逃走級反民族行為に対してはセウォル号被害者からの大規模抗議が起きたが、日本帝國主義社会では安倍逆徒が働いた特大型反民族的越米逃走行為に対して抗議のコの字さえ起こせない体たらくである。だから安倍逆徒の反人民的政治も野放しになるというものだ。
 安倍逆徒は今回の越米逃走に際しては環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(=TPP、以下、帝國主義TPPと表記)の日米帝國間交渉も行おうとしている。帝國主義TPPといえば、つい先日4月9日に全国農業協同組合中央会(=JA全中、以下、全中と表記)会長だった万歳章逆徒が会長を無責任辞任するという越米逃走級反民族行為を働いた。万歳章逆徒は安倍逆徒が推し進める、「農協改革」と称する農民生存権強奪政策を容認した責任を取ってというが、まさしくこれは安倍逆徒勢力の軍門に下った以外の何物でもなく、帝國主義TPPを全中自ら認めてアメリカ帝國主義体制の軍門に事実上下ってしまったのと同等だ。思えば、日本帝國主義社会においては1960年に日本の善良な人民の民心に反して日米帝國安全保障体制が強行されてから、日本の善良な人民の生存権が次々にアメリカ帝國主義体制の軍門に下って奪われ続けてきた。日米帝國同盟体制強行に際しては、当時の日本帝國最高裁長官の田中耕太郎逆徒が駐日アメリカ帝國公使と密会するという越米逃走行為を働いている。人民拉致裁判制度(=裁判員制度)を構築した主犯格の前日本帝國最高裁長官竹崎博允逆徒もアメリカ帝國主義体制地域に出向くという越米逃走を働いた。そして、今回初めて安倍逆徒が日本帝國トップとしてアメリカ帝國主義体制議会両院合同会議での演説をするというのは、まさしく日本帝國主義体制が社会全体、人間全体丸ごとを世界最悪の人権蹂躙国家アメリカ帝國主義体制に売り飛ばすことを約束するという、地球にこれ以上ない超特大型の反民族行為、日本の善良な人民にとって人権のジの字も消滅させる以外の何物でもない。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して本日働かれた日本帝國トップ安倍晋三逆徒による越米逃走を最大に糾弾すべく声明を発表する。皮肉なことだが「拉致事件」云々を扇動してきた日本帝國靖國神社絶対擁護反動勢力から安倍逆徒への批判が出るような情勢にもなっており、これらの勢力が帝國主義TPPに反対する声を大きく上げたりもしている。そして、肝心のアメリカ帝國主義体制の世界的地位が低下している情勢の中で、日米帝國同盟強化はかえって日本の外交的自由度を狭めて安全保障面からもマイナスになるといわざるを得ない。安倍逆徒の妄動により日本の善良な人民が巻き込まれたらたまったものではないのは当然だ。日本の人民には、そんな安倍逆徒の進める政策そのものを完全否定して行動に移すことも求められる時代になったともいえるのだ。

 2015年4月26日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中