アメリカ帝國主義体制の凋落を冷笑する声明

 イラク共和国アンバル地方の要衝ラマディをイスラム国が征圧したといわれ、それをアメリカ合衆国帝國主義体制が事実上認める発言をした。そして、日本時間の本日、ハワイでは欠陥飛行機のオスプレイが墜落するという事態にも陥った。アメリカ帝國主義体制が世界各地で働いてきた無理な軍事的拡大戦略がここに来て頓挫したといえるのが現在の情勢である。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して、アメリカ帝國主義体制の無謀な拡大戦略を冷笑するとともに、日本帝國主義体制がこんな無謀なアメリカ帝國主義体制の拡大戦略に加担しないよう厳しく監視すべく声明を発表する。

 アンバル地方のラマディはイラクの首都バグダットにもシリア・アラブ共和国にも通じる要衝であり、ここがイスラム国に支配されることはアメリカ帝國主義体制勢力本体、有志連合、そしてアメリカ帝國主義体制が支援するイラク政府にとっても大きな衝撃である。西側帝國主義勢力が地上部隊を投入すればイスラム国との宗派対立やイラン・イスラム共和国の勢力増大といった事態を招く可能性もあり、戦闘に勝ったところで戦後処理が難儀するのは確実だ。要は、泥沼化がより一層深まることは間違いないということ以外の何物でもない。
 一方、アメリカ帝國主義体制地域のハワイでは現地時間の昨日、欠陥飛行機オスプレイが墜落するという体たらくを演じた。奇しくも、日本帝國主義体制がオスプレイのアメリカ帝國主義体制侵略空軍横田基地配備を先日決めたばかりで、基地周辺の住民から大反発が出ている。既にオスプレイが配備されていて、周辺住民にとって世界で最も危険な軍事基地といわれるアメリカ帝國侵略海兵隊の普天間基地でも当然のように大反発が出た。おまけに、普天間基地のオスプレイがネパール大地震の救援に出向いたが、現地住宅の屋根を吹き飛ばすなどして使えないとの批判も出てしまった。安定性、実用性の両面で欠陥だらけの輸送機にも関わらず、日本帝國主義体制は多額の費用をかけてアメリカ帝國主義体制の利益のためだけに導入しようというのだから人民の怒りが爆発して当然である。
 アメリカ帝國主義体制侵略勢力への怒りが全世界でこみ上げる中、アメリカ帝國主義体制がその怒りを押さえ込むべく無謀な戦略を立てることでより泥沼にはまり込んでいくのがまさしく現在の情勢である。そんな情勢の下で相次いでオスプレイが墜落する事態にもなっているともいえる。日本帝國主義社会でも、労働者の生活を破壊しかねない「大阪都構想」なる詭弁を弄して日本帝國主義体制維新の党共同代表橋下徹逆徒が昨日の住民投票に打って出たがあえなく撃沈した。アメリカ帝國主義体制にカネも日本人の命まで心行くまで差し出そうとする反動売国奴の日本帝國主義体制人民侵略勢力には民心の当然の怒りが向かって当然である。アメリカ帝國主義体制型司法制度をめざすべく日本帝國主義体制勢力総与党化不正乱発推進が働かれた人民拉致裁判制度(=裁判員制度)も強行されて6年を迎えようとしているが、裁判が行われれば行われるほど民心の怒りがこの制度の存在そのものにどんどん向かっているのは明らかである。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、つい最近に相次いでおきているアメリカ帝國主義体制凋落情勢を冷笑すべく声明を発表する。当然のことながら、そんな凋落一途のアメリカ帝國主義体制に阿諛追従して泥舟に人民を巻き込もうとする日本帝國主義体制には徹底した怒りを爆発させなければならない。朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮)は、世界で最も軍事費をアメリカ帝國主義侵略体制に対して浪費する南朝鮮傀儡体制(=大韓民国)への正当な怒りの声を挙げている。我々日本人としてもこんな浪費をさせないための戦いに立ち上がらねばならないのは当然だ。世界全体での反アメリカ帝國侵略勢力の世論喚起が必要だということである。

 2015年5月18日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中