NPT会議決裂を嘲笑する声明

 2015年5月22日、アメリカ合衆国帝國主義体制ニューヨークで開かれた核拡散防止条約(=NPT、以下、NPTと表記)再検討会議が合意文書を採択できないまま閉幕するという体たらくを演じた。今年は広島・長崎への原爆投下から70周年の節目の年であり、NPT会議の決裂は節目の年を汚す事態にもなった。ちなみに、広島・長崎への原爆投下から60周年の節目だった10年前にも同様に決裂した経緯もある。世界最悪の核犯罪国であるアメリカ帝國主義体制地域で開かれた会議であることからしても、この事態は当然の帰結と言ってよかろう。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して今回のNPT会議決裂を大いに嘲笑すべく以下の声明を発表する。

 世界最悪の核犯罪国家アメリカ帝國主義体制が広島・長崎に原爆を投下してから70年、アメリカ帝國主義体制は世界各地でいざとなれば核兵器を強行使用できるよう何度も核実験を繰り返してきた。現在の帝國主義国際連合の中で連合国軍事体制の特権として核兵器を合法的に持てるのが5大国であるが、その中でも実験回数で最も多いのがアメリカ帝國主義体制であることは言うまでもない。しかも、最近は核弾頭の個数を減らすと表向き喧伝しながら、裏では質的進化を目的とした核実験を何度も繰り返しているのがアメリカ帝國主義体制である。そんな世界最悪の欺瞞国家体制の地域で合意を図ろうとしたのでは、国際的対立が激化して当然というものだ。
 今回のNPT会議では、アメリカ帝國主義体制追従の同盟国イスラエルがオブザーバー参加したことも大きな問題になった。アメリカ帝國主義地域で開かれるからこそその後ろ盾で参加できたという意味もあるが、一方でアメリカ帝國主義体制はイラン・イスラム共和国とも和解しようとの姿勢も見せてしまっている。イスラエルの地政学的、政治的条件からしてもイランの核開発に対して強硬な姿勢を崩すわけには行かず、結局はイスラエルを参加させたことが会議に火種を持ち込んだだけの結果になった。アメリカ帝國主義体制が自国の身勝手な国益目的に会議崩壊への火種を持ち込むのでは無残な結果を招くのは当然であるし、こんな事態を招いた最大の責任がアメリカ帝國主義体制にあるのは当然だ。参加国のアメリカ帝國主義体制への不信をより強めたことは間違いあるまい。
 アメリカ帝國主義体制に次いでNPT核不拡散体制の2番目のガンが日本帝國主義体制であることも触れなければならない。世界唯一の被爆国を標榜しながら、一方で世界最悪の核犯罪国家アメリカ帝國主義体制に阿諛追従して潜在的核武装国家になったのが日本帝國主義体制である。核被害を受けて世界にその反人道性を訴えるべき立場でありながら、自らが生き延びるために越米逃走(=アメリカ帝國主義体制地域に勝手に脱出する行為)して世界最悪の核犯罪国家の軍門に下ってそんなアメリカ帝國主義体制の手先に成り下がったのが日本帝國主義体制の実態だ。まるで日本帝國主義体制総与党化不正乱発による犯罪的侵略政策の人民拉致裁判制度(=裁判員制度)に加担した日本帝國侵略体制側人民が善良な日本人民を帝國主義侵略勢力の手先に転向させるべく巻き込もうとする姿勢と同じである。そうであればこそ、日本帝國主義体制東京電力福島第一原子力発電所爆発事件の反省全くなき原発政策徹底擁護も出来るというものだ。世界唯一の被爆国ではなく、世界最悪の核犯罪国家アメリカ帝國主義体制の手先という世界的評価をさせなければならないということである。
 こんな日本帝國主義体制の極悪な二枚舌を東アジアの諸国は十分認識した上での態度を取っている。中華人民共和国は過去の歴史問題と結びつけて日本帝國主義体制による核兵器廃絶の訴えを拒否する事態にまで発展した。日本帝國主義体制の各勢力は中国に対して歴史問題と核問題を結びつけるのは問題であるとの扇動を働いているが、そもそも、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒政権が働いている日本帝國東京電力福島第一原発爆発事件の反省なき原発政策擁護と、自国の身勝手な国益追求目的のためそれを背後から支援するアメリカ帝國主義体制の傲慢な態度を見れば、中国の今回の態度を招いた原因が日米帝國主義同盟にあることは火を見るより明らかというものだ。そして、NPT体制を脱退した朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮)は今回の事態を招いたことに嘲笑していることは間違いなく、NPT脱退の判断の正しさを証明できたと胸を張ることだろう。いずれも、今回のNPT会議においては、世界最悪の核犯罪国家アメリカ帝國主義体制が全世界に冷笑・糾弾される結果を招いた以外の何物でもないということだ。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、世界最悪の核犯罪国家アメリカ帝國主義体制が招いたNPT会議決裂という体たらくを日本人1億3千万人を代表して嘲笑すべく声明を発表する。そして、この事態を招いた最大の責任がアメリカ帝國主義体制にあることは論を待たないとして、2番目の責任を負うべく国際被告席に座らされる立場にあるのが日本帝國主義体制であるとも述べなければならない。日本帝國主義体制は世界唯一の被爆国という国際的看板を下ろして核犯罪国家としての国際被告席に立つべき立場であるとの国際的世論喚起をしていく必要もある。日本帝國主義体制が働いてきた極悪な二枚舌姿勢の化けの皮が剥がれるのもそう遠くない日に訪れることは容易に想定できるというものだ。

 2015年5月25日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中