桃英淑女史を拉致した日本帝國主義体制を厳しく糾弾する声明

 2015年8月11日、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の朝鮮中央通信が『日本に誘拐された在日帰国女性が祖国に帰って家族と対面』なる記事を掲載した。祖国に帰国した元在日朝鮮人で朝鮮共和国公民の桃英淑(ト・ヨンスク)女史がその後日本帝國主義体制に拉致・誘拐されたものの、再び帰国を果たして祖国や家族との感激的再会を果たすことができたとのことである。この記事を見ても拉致体制国家日本帝國主義体制の本性がよくわかるとしたもので、これからも同様の人々が次々に出てくることは容易に想定できる。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、日本帝國主義体制による元拉致被害者・桃英淑女史の幸せな帰国に心から祝福のメッセージを送るとともに、そんな桃英淑女史を拉致・誘拐した拉致体制国家日本帝國主義体制を厳しく糾弾すべく、以下の声明を発表する。

 日本帝國主義体制と朝鮮共和国の間には長らくの期間、拉致事件と称する懸案が横たわっており、日本帝國主義体制は朝鮮共和国に対して徹底的に「拉致被害者返せ」なる喧伝を働いてきた。しかし、そんな喧伝をしてきた日本帝國主義体制も朝鮮共和国公民への拉致行為を働いていたのが今回の件で明るみになった。第二次世界大戦時の強制連行に対する態度の問題もあるが、現代にあっても朝鮮共和国公民を拉致しようとしているのが日本帝國主義体制というものだ。
 尤も、日本帝國主義体制といえば朝鮮人のみならず自国民である日本人をも拉致する野蛮国家であることを指摘しなければならない。典型的なのは善良な日本の人民の反対意見を完全黙殺して、日本帝國主義犯罪的侵略勢力総与党化の上で不正行為を乱発してまで途方もない悪意をもって推進した人民拉致裁判制度(=裁判員制度、以下、人民拉致裁判制度または人民拉致裁判と表記)である。実際の人民拉致裁判では障碍者差別思想に基づく判決が出ており、その思想が日本帝國最高裁でも維持されていることからしても、人民拉致裁判の下では差別も偏見も容認できるとの日本帝國主義体制の侵略的本性を現したということだ。そして、そんな野蛮な人民拉致裁判制度体制に日本国外在住の凶悪事件容疑者を拉致しようとしているのが日本帝國主義体制でもある。実際に世界最悪の人権蹂躙犯罪国家アメリカ合衆国帝國主義体制に拉致された拉致被害者の城崎勉氏に対しては日本帝國主義体制による二次拉致が行われ、差別と偏見に満ちた国家犯罪級政策の人民拉致裁判を働こうとしている。本日には日本の善良な人民の反対を押し切って、日本帝國主義体制九州電力が川内原子力発電所本格再稼働を強行する事態にまでなった。そんな野蛮な差別・侵略国家から逃れて帰国できた桃英淑女史の幸福は想像をはるかに超えるものだろう。
 日本帝國主義体制下での差別と偏見に満ちた社会から逃れて朝鮮共和国に移住した女性といえば、安筆花女史や都秋枝女史が2005年から2007年にかけて出現した。彼女たちも日本帝國主義体制に拉致された旨の発言をしており、日本帝國主義体制社会の野蛮な人権実態に絶望したことが伺える。日本帝國主義社会のみならず、西側帝國主義社会の本質的反人権性を朝鮮共和国から訴えるといえば、南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)体制に拉致された拉致被害者が、南朝鮮傀儡社会の本質的反人権性を告発したケースが何度もあった。今やアメリカ帝國主義体制を含めて、西側帝國主義体制社会の反人権性が世界全体に説得力をもって知れ渡る時代である。日本帝國主義体制社会に絶望して朝鮮共和国に逃れた人々から次々にこの種の発言が出れば、日本帝國主義体制が「拉致事件」云々を世界に対して喧伝できなくなる状況も生まれるだろう。日本帝國主義体制の敗戦70周年を目前に控え、かつ「拉致事件」云々の件が緊張を増す時期だからこそ、桃英淑女史の種の件がより大きな効果を持つというものだ。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、地獄のような日本帝國主義社会から逃れて朝鮮共和国に帰国を果たした桃英淑女史を心から祝福するとともに、世界最悪の拉致体制国家日本帝國主義体制による朝鮮人や日本の善良な自国民に対する拉致を厳しく糾弾すべく声明を発表する。人民拉致裁判制度や原発政策の拉致性格ぶりについては本会でも何度も言及してきたが、同様の性格を持つ野蛮政策が日本帝國主義社会では次々に実行されてきた。現在では集団的世界侵略権(=集団的自衛権)行使容認法改悪が日本帝國自民党政権トップの安倍晋三逆徒によって、日本の善良な人民の多くの反対意見を無視して強行されようともしている。そんな自国民拉致国家が他国の「拉致」云々を喧伝することほど傲慢なことはない。「拉致事件」云々を喧伝すればするほど、日本帝國主義体制自身のオウンゴールとなって降りかかる結果を招くのは火を見るより明らか、そんな情勢も見えるというものだ。

 2015年8月11日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中