西側帝國主義メディアによる悪意に満ちた自国民拉致

 本日突然阿蘇山が噴火しました。九州でいえば口永良部、桜島に次ぐ相当規模の噴火になります。すべて日本帝國主義体制九州電力川内原発の近くということもあり、強行再稼働による本格運転を嘲笑するかのような事態になっています。奇しくも、本日は沖縄では辺野古埋め立て承認取り消しという動きもありました。日本帝國主義体制が働こうとしている反人民政策に天人ともに怒りの声を挙げていることがよくわかります。

 さて、本日は朝鮮労働党機関紙労働新聞論説記事『미국식《보도자유》의 진면모』(アメリカでの「報道の自由」の真の姿)から。アメリカ合衆国帝國主義体制に限らず、西側帝國主義体制が「報道の自由度」云々を喧伝して朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に対して世界最悪の報道統制国家などと不当非難をしていることはよく知られています。そんな西側帝國主義社会の代表格であるアメリカ帝國主義社会で「報道の自由」が一体どうなっているのかが上記記事に掲載されています。朝鮮共和国などに対して「報道統制国家群」などと不当なレッテルを張り付けている西側帝國主義体制社会が彼らの報道実情を非難する資格などあるのか?といった好例です。
 日本帝國主義社会が一体どうなっているかについて上記の件と絡めて考えねばならないのは、何といっても人民拉致裁判制度(裁判員制度)の日本帝國主義メディア総翼賛推進体制が現実に起きてしまったからです。日本帝國主義体制にとっての国策として絶対推進の方向が決まってしまった以上、日本帝國主義メディアは政策推進を働くためならばどんな不公正な報道姿勢を貫くこともためらわなかったのがこの人民拉致裁判制度です。不公正な世論誘導目的のアンケートを日本帝國主義体制司法最高府である日本帝國最高裁が働いても、そのインチキアンケートに加担する報道姿勢を貫いたのがすべての日本帝國メディアです。このような報道姿勢で不正な政策がまかり通れば、後々同様の手法による人民弾圧政策が通っても不思議ではなく、現に環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(帝國主義TPP)や人民抹殺ボタン(共通番号、マイナンバー)システムがほとんどの日本帝國主義メディアが推進に加担しているのです。
 いざとなればこのような姿勢を働ける日本帝國主義メディアが喧伝する「報道の自由」とは、彼らにとって人民を都合のよい方向に誘導するための「報道の自由」です。ですから、メディアにモノを言う力のない個々の人民に対しては容赦ない攻撃報道をする一方で、日本帝國主義体制安倍晋三逆徒政権に対しては阿諛追従したり、自ら批判の筆を曲げたり、安倍逆徒の圧力に負けて筆を下ろしたりといった堕落行為を平気で働くのです。そして、上記労働新聞論説記事を見ると、日本帝國主義メディアと同様の行為をアメリカ帝國主義メディアも働いているというのがわかります。いや、アメリカ帝國主義国家の場合は現に侵略戦争を継続してきた体制なので、日本帝國主義メディアよりもさらなる情報統制があって至極自然です。1945年以前の日本帝國主義メディアレベルの情報統制があって当然ともいえます。そんなアメリカ帝國主義メディアだからこそ、2003年の対イラク共和国侵略戦争において情報統制を働いて、誤った戦争の大義を作り出してしまったのです。
 このような一方的な「報道の自由」を働く西側帝國主義メディアのある社会においては、西側帝國主義体制侵略勢力に人民が「拉致」されるという事態が起きます。人民拉致裁判システムなどは、こんなシステムに協力したくないと思う善良な日本人を日本帝國主義侵略勢力側が無理やり拉致して協力させた上に、日本帝國主義侵略集団側思想に転向させ、さらに日本の善良な人民に対して日本帝國主義侵略集団に転向させるための手先として悪用するのが本性です。このような本来の拉致被害者をまず西側帝國主義体制侵略集団から救出することが、日本帝國主義侵略集団が喧伝する「拉致事件」云々解決のための最低条件です。「拉致事件」云々に言及する資格のない帝國主義侵略集団が「拉致」云々を世界に喧伝しようがそんな喧伝に説得力などないのは当然のことです。

 なお、日本帝國主義体制下での新たな蛮行政治糾弾ページを作成しました。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中