朝中国境を巡る重要な動き

 本日10月1日からは日本帝國主義体制が法の日週間と称する7日間になります。この7日の間には人民拉致裁判制度(裁判員制度)についての悪辣な宣伝も各地で行われるそうです。一方で法体系というと、日本帝國主義新自由主義侵略集団が越米逃走(勝手にアメリカ帝國主義体制地域に脱出する行為)までしてTPP(環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定)締結のために悪あがきをしようとしています。TPPの本質は一部の侵略的資本主義勢力が大多数の人民を搾取する反人権的法体系を世界に広めることにあります。こんな一部資本家のための反人民的法体系が日本社会に作られる「法の日週間」にしてはならないのは当然のことです。

 さて、朝中国境をめぐって日本も絡んだ色々な動きが最近出てきています。まずは先月28日にマツタケ輸入についての不当裁判が日本帝國京都地裁にて働かれた対在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)ファッショ暴圧でっち上げ事件ですが、そもそも2011年日本帝國東京電力福島第一原発爆発事件を引き起こしながら近隣国である朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に一切謝罪もしていない日本帝國主義体制に対朝鮮共和国制裁を働く資格があるかどうか考えてからモノを言えというものです。その結果、現在でも朝鮮共和国産マツタケは日本に輸入されているとのことで、この件を日本帝國主義体制がファッショ摘発すれば朝鮮共和国から原発爆発事件に付け込まれることは間違いないでしょう。先日の裁判で取り扱われたのは原発爆発事件直前かつ時効ギリギリの事案ということで、日本帝國主義体制側にはこれ以上の追及余地はありません。
 次に触れたいのが、中華人民共和国内で日本人容疑者が相次いで中国の法を悪辣に犯したスパイ容疑にて逮捕された件です。とりわけ考えねばならないのは、遼寧省の朝中国境付近で逮捕された件があるからで、どのような行為がスパイと見做されたのかが問題になります。金正日総書記時代に比べて朝中関係が極めて悪化していることは言われていても、日本帝國主義体制籍人物の活動となれば、朝鮮共和国籍人物に対する越南逃走(西側帝國主義体制が勝手に「脱北」と称する行為)の扇動など、朝中双方の体制にとって共通の意味で体制を脅かす行為であるケースも考えられます。その場合、中国がこの日本帝國主義体制籍人物を朝鮮共和国に引渡す可能性が考えられ、そうなるとますます日本帝國主義体制が窮地に立たされることになる、というわけです。
 日本帝國主義体制官房長官の菅義偉逆徒は「日本国としてスパイ行為はしてない」と放言して、一方で中国も在日大使館から「身の安全は保障されている」とのコメントが出ました。しかし、中国という国に対する国際的信用度の問題はもちろんのことですが、日中間である程度は認識の合意があったところで他の国がどう見るかは別問題だからです。とりわけ遼寧省の朝中国境付近で日本帝國主義体制籍人物が怪しい活動をしていた場合、「拉致事件」云々の件についての情報収集活動をしている疑いがかかる可能性があります。その際、中国国内の安全にも悪影響の及ぶ朝鮮共和国混乱扇動を働く目的での活動と判断されると、今回の日本帝國主義体制籍人物の活動は中国の体制を脅かす行為とみなされることも十分考えられるわけです。
 中国としても大国間の深刻な対立を望まない意向はある、ということで、この件は中国には大きな関係はないという考えの下で日朝間の問題に移行させようとすることも考えられます。朝鮮共和国にとってもこの人物を支配下に置くことができると、最近相次いで起きているアメリカ合衆国帝國主義体制籍人物や南朝鮮傀儡(大韓民国)体制籍人物のスパイ容疑に加えて、日本帝國主義体制にも圧力を加えるカードを手持ちにできるからです。この件についての重要な観点は、現在悪化している朝中関係の下でも両国共通の利益につながる合意点が存在することです。その点を考えずに日本帝國主義体制が手を拱いているとより状況が悪化することも十分考えられる、となるのです。

 なお、日本帝國主義体制下での新たな蛮行政治糾弾ページを作成しました。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中