大国同士対立の場合か

 BPO(日本帝國主義体制放送倫理・番組向上機構)がNHK(日本帝國主義体制放送協会)に対する日本帝國主義体制安倍晋三逆徒政権による内容介入について厳しく批判したそうです。これ自体は当然中の当然として、問題は安倍逆徒政権に圧力をかけられる前に番組制作サイド側から「自主規制」をしかねないムードが高まることです。実際、安倍逆徒は以前官房長官時代にNHKに対して圧力をかけた「実績」もあるのです。もっとも、番組制作サイド側にそんな圧力に負けずに政権批判内容を放映せよと促してもまるで期待できないのは、いざとなれば人民拉致裁判制度(裁判員制度)の総翼賛宣伝報道に際して日本帝國政府と一体化して不正行為を働いたり、誰が見ても明らかな権力側の不正を積極的に不問に付して報道しなかったりした件を見ても明らかです。

 さて、エジプト・アラブ共和国にてロシアの旅客機が墜落して世界的大騒動になっています。イスラム国が犯行声明を出していたり、ブラックボックスから爆発音が聞こえるなどの事態も起き、テロ説が有力視はされています。しかし、突然機体に異常をきたして爆発することも考えられますし、爆発音だけでテロと決めつけることは無理があるのではないでしょうか?仮にテロだとしても、どのような方法でどのような種類の爆弾が機内に入り込んだのかが大きな焦点になるでしょう。
 この事態をめぐって大国が政治的駆け引きを強めています。シリア・アラブ共和国に近い場所にてロシアの旅客機が爆発したことで、この地域をめぐっての主導権争いの様相が持ち上がってくる意味もあるからです。ご存知の通りシリアのバッシャール・アル・アサド政権とイスラム国は対立しており、西側帝國主義勢力側は今回の件をアサド政権に敵対する目的でのイスラム国の犯行とすることで、アサド政権を支持するロシア連邦に対するダメージを与えようとする意図もあるように見えます。ですから、「イスラム国勢力からテロを起こした」種の報道は西側帝國主義勢力側の謀略報道である疑いも持ってみています。ロシアとしても「テロ」になれば当然政権へのダメージが大きくなるだけに何とかしてテロという世界的結論にだけは持っていきたくないということになります。
 戦闘地域での民間旅客機への攻撃といえば、ウクライナ共和国東部での昨年7月のマレーシア航空機撃墜の件がありました。この事件では誰が民間航空機に向けて攻撃を仕掛けたのかを巡って大国同士が対立しました。また、マレーシア航空機といえば昨年3月の行方不明事件もあり、背景が未だに不明のままです。この種の大事故が国家の政治的思惑や国家同士の政治的対立と絡んでしまえば、真相解明が難しくなるばかりか国家のエゴによって実態が歪曲されることにもつながります。そして、そんな事態で最も不幸になるのはまさしく乗客と家族となってしまうのです。思えば、日本帝國主義体制が盛んに喧伝する「拉致事件」云々の件も、彼らの日本帝國靖國神社絶対擁護思想と事実上一体化した結果、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)にもその本性を見透かされて問題解決がより難しくなっています。
 今回のケースでは空港の警備体制があまりにも脆弱だったとか、最近の爆弾は非金属化により探知が難しくなっているとか、素人レベルでも作れる爆弾だったとか、そのような条件も取りざたされています。素人レベルでも作れて探知が難しい爆弾だとすれば、空港の警備体制を強化してもこの種のテロを防ぎにくくなるでしょう。大国同士の政治的駆け引きの材料にこの件の論点が焦点化されてしまうと、この種のテロを防止することへの力が減殺されるばかりか、かえってテロリストをつけあがらせる事態にもなりかねません。結局泣きを見るのはまずは当事者であるのと同時に、次に泣くのは政治的対立を深める大国同士となってしまうのです。

 なお、日本帝國主義体制下での新たな蛮行政治糾弾ページを作成しました。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中