1億総●●の本質的反人道性

 来週の11月15日、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会としての呼びかけですが、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を毎月15日に展開したいと思います。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号6RL3P3BE(日本語版)、번호 FRAA7DZF(조선어 버전)、で11月15日まで、となっています。

 さて、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒によるスローガンが日本帝國政権内部でも批判の矢面に立たされています。「1億総活躍」「新3本の矢」の表向き言葉から「GDP600兆円」「介護離職ゼロ」「出生率1.8」などの数値目標まで、威勢の良い姿勢だけは前面に押し出してはいます。しかし、具体的に実現できるか?といえば、日本帝國政権内を含めてほとんどの方が「無理な目標」と嘲笑しています。新3本の矢云々を言う前に従来の3本の矢はどうなったのか?って総括をも求められる有様です。
 「1億総活躍」云々といった「1億総●●」なるスローガンは、昭和戦争時の総翼賛プロパガンダと同じだとの批判も至極自然に出てきました。昭和敗戦に突き進んだ一つの原因がこの種の総翼賛プロパガンダにあったという見方もよく出てきます。要は、「1億総●●」に協力しない人々をあぶりだして「非国民」と非難して社会から排除する口実に使う目的のスローガンになりかねないのがこの種のプロパガンダです。日本帝國主義社会にて総翼賛推進されてきた人民拉致裁判制度(裁判員制度)総翼賛不正乱発プロパガンダを見ている我々としても、「1億総活躍」なる言葉のうさん臭さを感じている方は多くいることでしょう。
 実現不可能なことをわかっていながら掲げる「1億総●●」の看板は、まさしく安倍逆徒による反人道的政治に加えて反人道的社会扇動に、善良な人民を無理やりでも巻き込む意図が見え見えというものです。安倍逆徒による悪政について自らは責任を取ることなく、事後承諾と責任転嫁を人民一人ひとりに押し付けるのが本性というわけです。昭和戦争敗戦の責任について「受忍論」や「国家無答責」といった論理が平気で出てくる原因の一つでもあります。昭和戦争について日本帝國主義体制の誰一人として真の意味での責任を取っていないからこそ、同じようなスローガンで善良な人民を犯罪的侵略勢力にとって都合の良い政治に無理やりでも巻き込もうとするわけです。そんな悪政に巻き込まれた人民はたまったものではありません。
 昭和戦争敗戦の責任を日本帝國主義支配勢力に十分取らせなかったのは、実は日本帝國主義体制を制圧したはずのアメリカ合衆国帝國主義体制にも大きな要因があります。即ち、彼らは日本帝國主義体制の戦争責任を相応に取らせるのではなく、自国国益の戦略のために日本帝國主義体制的反人道的体制を利用したともいえるのです。A級戦犯の中で一部はアメリカ帝國主義体制に頭を下げることで卑屈に生き延びることを許されたのですが、それがまさしく対アメリカ帝國主義体制阿諛追従の醜悪体制を固定化させる原因になったというわけで、日本の善良な人民にとっての途方もない不幸の始まりだったわけです。その意味では、「アベ政治を許さない」も重要ですが、我々が対峙すべき真の意味での敵対勢力はまさしくアメリカ帝國主義体制社会そのものでしかありません。

 なお、日本帝國主義体制下での新たな蛮行政治糾弾ページを作成しました。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中