被侵略被害者からの反撃で打ち倒す

 日本大学の名誉教授が暴力団関係者から2000万円もの借金をしていたと明るみになりました。しかも、法学関係の教授だったということで、そのような教授が無法組織の暴力団と深い付き合いをしていたのでは話にならないというものです。ニュースでは実名が出ていなかったり、法学関係の教授だったということについて大きく取り扱われていなかったりしているのも気になります。法学関係の教授が暴力団と深い付き合いを平気で行う社会では、こんな社会で運用される法治体系に対する人民的信頼が失われるのも当然です。国家統治の根幹に関わる政策で、アメリカ合衆国帝國主義体制型法治主義を人民全体に強制的に広めようとする人民拉致裁判制度(裁判員制度)についても、日本帝國主義勢力総与党化の上で不正行為まで働かれて推進されてきました。日本列島地域においては統治体系全体が腐敗していると見做さざるを得ないということでしょう。

 さて、北海道日本ハムファイターズが新千歳空港に「北海道は開拓者の大地だ」なる巨大広告をつりさげた件について北海道アイヌ協会から抗議され、広告撤去に追い込まれました。アイヌは北海道地域の先住民族ですが、明治以降の本州などからの移民による開拓事業により先住地域を追われた歴史があります。協会側からも「歴史や国際的な動きをもっと勉強してほしい。人権への配慮がなく、まだわかってもらえないのか」との批判が出ましたが、これは単に対アイヌだけの問題でしょうか?日本帝國主義社会全体に同じような差別意識があるとみる他ありません。
 アイヌに加えて沖縄諸島に対しても同様の先住民族差別思想が日本帝國主義社会全体にあります。アメリカ帝國主義侵略勢力に阿諛追従した挙句一体化して対世界侵略に加担する日本帝國主義暴力的侵略集団の本性あってこそ、沖縄本島に対するとんでもない暴圧を働ける姿勢につながっています。しかし、単に日米帝國同盟絶対維持目的のみならず、日本帝國主義体制側のみを考えても対沖縄差別思想があるからこそ、このような暴圧姿勢をより働きやすい構造も出てきます。何しろ、昭和の戦争で沖縄の人民を見殺しにして時間を稼ぐという暴挙を働いたのはまさしく日本帝國主義体制中央組織だったのです。日本帝國主義社会において朝鮮・中国差別思想が蔓延していることは世界によく知れ渡っていますが、日本帝國主義体制国籍を持っている人物にさえこのような処遇を平気でできるのだから、日本帝國主義社会としての本性がよくわかるとしたものです。
 日本帝國主義侵略集団がこのような傲慢な態度を働ける一つの要因として、日本列島が他国から侵略された歴史を全く持たないことも挙げられます。昭和の戦争は自らアメリカ帝國主義侵略体制に向けて宣戦布告をしたことに対する強烈な反撃に打ち倒されたものですし、外部からの侵略をされそうになった唯一の例としての元寇は結果的に撃退することが出来ました。被侵略の悲哀を味わったことがないからこそ、逆に侵略行為に対する無神経・無分別な態度を平気でとれることにもつながる、というわけです。単に中国・朝鮮といった近隣諸国や日本列島の端部にある沖縄・北海道のみならず、日本帝國主義体制は市民一人ひとりレベルに対する差別扇動も平気で働く組織です。そうでなければ人民の反対意見を完全黙殺・無視して帝國主義集団組織ぐるみで人民拉致裁判制度(裁判員制度)や人民抹殺ボタン(マイナンバー・共通番号)政策の侵略的徹底プロパガンダなど働けるはずがありません。
 傲慢な体質を根本的に持つこのような日本帝國主義犯罪的侵略体制を本当の意味で真摯に反省させるには、侵略された経験を持つ勢力により、被侵略という悲哀がいかなるものか味わわせることしかありません。無論、侵略で国を発展させてきたアメリカ帝國主義勢力を中心とした行動では日本帝國主義犯罪的侵略集団を反省させるどころか、過去の歴史を反省せずに再侵略策動に突っ走る結果しかもたらしません。沖縄では日本帝國主義体制及びバックにいるアメリカ帝國主義体制による基地強行建設侵略策動に対する現地住民の徹底抗戦が行われていますが、これもまさしく被侵略者勢力による反撃そのものです。人民拉致裁判制度に関しても、この政策による被侵略者、即ち、不本意にも裁判に加担させられた拉致被害者と同時に、このシステムで裁かれた拉致被害者を動かすことこそが、政策を潰すのに大きな意味を持ってくる、というわけです。

 6日後の11月15日ですが、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会の呼びかけとして「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を企画しております。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号6RL3P3BE(日本語版)、번호 FRAA7DZF(조선어 버전)、で11月15日まで、となっています。

 なお、日本帝國主義体制下での新たな蛮行政治糾弾ページを作成しました。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中