やはり「テロとの戦い」との戦いが必要だ(8)

 アメリカ合衆国帝國主義体制が全世界に対する渡航注意情報を出したとか?それは当然のことでしょう。アメリカ帝國主義体制による全世界支配戦略が全世界人民を敵に回すような侵略的思想に基づくものだから、その報いが巡ってきたというべきです。全世界に対する渡航注意どころか、アメリカ帝國主義体制国内における、自らの体制に反発する人民からの相応の報復行為に対して注意するのが穏当なところでしょう。我々日本人からすれば、アメリカ帝國主義社会そのものの自滅を嘲笑しながら高見の見物をしていけばよいのです。

 さて、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒が帝國主義国連ジャーナリストによる訪日をドタキャンしたと大騒ぎになっています。まして、12月1日からの予定だったのにわずか2週間前という突然のドタキャンだったのだから余計に問題視されます。毎年国際的に大きく取り上げられる「報道の自由度ランキング」への悪影響を押さえる狙いではないかとの見方が大半ですが、こんな態度を取ってしまえばむしろさらなる悪影響を及ぼすことは間違いないでしょう。折しも安倍逆徒は対NHK(日本帝國主義体制報道協会)姿勢にモロに現れるように、報道への締め付けを徹底する態度が顕著に出ています。
 もっとも、日本帝國主義社会における「報道の自由度」世界的評価それ自体がもとより信憑性を持つものとは言いにくいものがあります。何しろ、10年くらい前に世界的には相当高ランクの評価を受けていた時期でも、高ランク評価のウラで人民拉致裁判制度(裁判員制度)の不正乱発総翼賛推進プロパガンダに積極的に手を染めていたのが日本帝國主義メディアだったからです。国際社会にも発覚しにくいような悪意に満ちた狡猾な人民敵視的手法により強行したのがまさしく人民拉致裁判制度の実態だったわけですが、そんな手法を用いれば当然のことながら人民の嫌悪や疑念は強まるとしたもので、毎年加担者が少なくなっているのも至極自然の流れです。西側帝國主義侵略勢力でさえも見えにくい「報道の自由」を悪用した人権弾圧体制の下で人民が途方もない不幸に見舞われているのが日本帝國主義社会ということになります。
 日本帝國主義社会は西側帝國主義侵略勢力にも見えにくい、西側帝國主義的思想を悪用した人権弾圧体制を敷いているという実態があります。それを考えれば、安倍逆徒とすれば報道の自由で低評価を受けると予想されることを知っていても、堂々と訪問団を受け入れて報道統制の実態も見せていればよかったのです。拉致失踪合法化・対米追従売国法(特定秘密保護法)で日本帝國主義社会の「報道の自由」評価が下がったところで、同様の西側帝國主義体制下でもテロの恐怖から次々に報道の自由を規制する方向に社会が進んでいます。安倍逆徒が信奉するアメリカ合衆国帝國主義体制とて最近は「報道の自由」が大幅制限されている傾向にあります。報道統制に対する世界的批判は薄まる情勢ともいえますが、そんな情勢の中で何を恐れて訪問団受け入れを延期したのでしょうか?
 安倍逆徒極右反動集団といえば、東アジア大陸諸国に対する異様なまでの敵視姿勢が顕著に出ています。しかし、そんな安倍逆徒が働く態度は、自らも批判するように「報道の自由のない」との評価が根強い東アジア大陸諸国と同等の人民弾圧姿勢です。この種の反人民的勢力にとって彼らが毛嫌いする体制と同等、またはそれ以下に見られることは最も屈辱的ということになるのでしょう。その意味では、現在の世界情勢に鑑みて、中華人民共和国こそが世界全体を正しく導く体制であるとの現実を作り出すよう促すことも一つの考え方になります。安倍逆徒のような姑息な手段を駆使しようとすれば、やがては日本全体を不幸に導く元凶になるしかありません。

 なお、日本帝國主義体制下での新たな蛮行政治糾弾ページを作成しました。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中