朝鮮中央通信社告発状を全面支持する声明

 2015年11月25日、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の朝鮮中央通信社がアメリカ合衆国帝國主義体制の世界征服戦略こそが現在の大量難民流出問題を招いているとの内容の告発状を提起し、翌26日に『朝鮮中央通信社が世界的な難民大乱は米国の特大型反人権犯罪の所産だと暴露』なる記事として公表した。アメリカ帝國主義体制が世界各地で働いてきた戦争侵略と内政干渉謀略扇動こそが、地域の安定を破壊して人民の不幸を招いた上で大量難民発生の原因になっていることを正当に評価したもので、実際に現在の中東・北アフリカ地区の諸国で進行中の事態でもある。朝鮮共和国にしてみれば、中東・北アフリカ地区の惨状を見ればアメリカ帝國主義体制犯罪的侵略集団の暴虐勢力を引き入れたら同様の異常事態を招くと考えて当然である。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会としても日本人1億3千万人を代表して朝鮮中央通信社の告発状を全面支持するとともに、対アメリカ帝國主義体制絶対阿諛追従の日本帝國主義体制による対朝鮮共和国侵略扇動を絶対に許さないことを改めて訴えるべく、以下の声明を発表する。

 アメリカ帝國主義体制が近現代史上世界各地で働いてきた戦争犯罪といえば、まず真っ先に思い浮かぶのが朝鮮半島への侵略である。1945年に挑発者である日本帝國主義体制を制圧した後に、自国の身勝手な国益追求目的に、戦争犯罪者である日本帝國主義体制支配層に対して相応の処断をしなかったばかりかむしろ自国の世界制圧戦略に悪用して朝鮮半島にも魔の手を伸ばした経緯がある。そして、朝鮮半島の南側半分も侵略してしまった。そして、ベトナムからアフガニスタン、さらにはイラクなどの地域にも戦争侵略の手を伸ばして地域人民の不幸をもたらした一方で、中南米地域には謀略扇動により親アメリカ帝國政権を作らせるべく策動してきた。
 そもそも、朝鮮半島といえば日本帝國主義犯罪的侵略集団が1800年代後半以降、身勝手な権益追求目的で植民地支配した歴史もあり、朝鮮共和国にとってみればその時代の惨状を二度と招くわけにはいかないと考えて当然だ。中東・北アフリカの現在の惨状を見ればなおさら、外部からの戦争侵略や内政干渉扇動を容認すれば自国民がどんな目に遭うかは容易に想像がつくというものだ。現実に中東・北アフリカからは、悪質斡旋業者にそそのかされた挙句粗末な船で周辺諸国に送り込まれる途上で沈没して多数の死者が出る事態にもなっている。豪華客船だったはずのセウォル号でさえ平気で沈没するのだから朝鮮半島で悪質出国斡旋業者が暗躍する事態になれば、おびただしい数の死者が出るのは目に見えているというものだ。
 日本帝國主義体制の場合は、世界最悪の暴力集団であるアメリカ帝國主義体制に対してよりによって無謀な戦争を自ら仕掛けてしまったことにより、外部からの戦争侵略や内政干渉を自滅の形で招いてしまったという他ない。その結果は平和主義と称した対アメリカ帝國主義体制絶対追従の徹底的卑屈態度による延命姿勢である。世界で唯一の被爆悲劇を招いていながらアメリカ帝國主義体制の戦争戦略追従目的で核兵器転用準備目的の原子力発電所を日本列島各地に建設させられたのも日本帝國主義体制対米卑屈追従集団である。2011年日本帝國東京電力福島第一原子力発電所爆発事件を引き起こした犯罪国家がその反省もしないまま原発再稼働を働くのもアメリカ帝國主義体制犯罪集団が日本帝國主義体制の犯罪を擁護したためである。アメリカ帝國主義型司法・社会制度への誘導を徹底するために人民拉致裁判制度(=裁判員制度)や帝國主義TPP(=環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定)を徹底翼賛推進するのも日本帝國主義体制の卑屈な本性だ。こんな態度を取り続ければ朝鮮中央通信社告発状のとおり「自分のはっきりした主義・主張や定見もなく米国に屈従すれば国はもちろん、民族の前途と未来までも台無しにし、破局的な運命に瀕する」となる他ない。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して朝鮮中央通信社告発状を全面支持するとともに、世界最悪の人権弾圧国家アメリカ帝國主義体制に対する世界全体からの徹底糾弾世論喚起をすべく声明を発表する。欧州で起きている難民大量流入の惨状を目の当たりにする情勢の中、フランス帝國主義社会にてテロが起き、実行者の中にも大量難民に紛れたテロリストが存在してさらに大騒ぎになっている。これで日欧米西側帝國主義社会では難民流入阻止への世論扇動が起きる事態になっているが、そもそもテロリストが紛れ込む原因を作ったのも西側帝國主義侵略集団の責任という他ない。テロリストを含んでいることを承知の上で前向きに難民を受け入れるのが西側帝國主義勢力の責務というものだろう。そんな泥沼の西側帝國主義侵略勢力に加担して堕落するのか?それとも泥沼の西側帝國主義侵略勢力から足を洗って真っ当な地球勢力として歩むのか?我々の意識も問われているというものだ。

 2015年11月26日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中