日本帝國朝日新聞の救いようのない連載ゴミ記事

 本日の日本帝國主義体制讀賣新聞トップでしたが、ここ3年間で弁護士が依頼者から総額20億円も着服して23人が起訴されているとのことです。この事態に日本帝國主義体制弁護士連合会も被害者救済制度を作ろうとの動きも出ています。日本帝國讀賣新聞記事にもこの問題は弁護士激増政策も一因になっていると掲載されていて、人民拉致裁判制度(裁判員制度)を含めた「司法制度改革」の大きな歪みとして浮かび上がっています。弁護士が日本帝國主義体制侵略集団側に取り込まれて堕落した果てがこの結果ともいえましょう。最終的に自分の身や尊厳を護るのは自分自身でしかない、ということでもあります。

 さて、日本帝國主義体制朝日新聞で「裁判員物語」などと称するゴミのような記事が連載されています。その中には「金を払ってでも参加したい」「面白いという観点があっても良い」など裁判を何だと思っているのかと目を疑いたくなるような感覚まで出ています。こんな記事を書けば書くほど人民拉致裁判制度(裁判員制度)のプロパガンダ目的に反する結果を招くのは至極自然というものでしょう。絶対に堅持しなければならない裁判の公平・公正さよりも「参加することに意義がある」などという宣伝は、裁判そのものの質を貶めることに他ならないからです。
 その中でも「なぜ辞退するのか」という疑問を投げかけるような記事が掲載されたこともありました。この記事で取材に応じたのは、まさしく日本帝國主義体制総与党化不正乱発による国家犯罪級侵略的拉致政策の人民拉致裁判に積極加担した越南逃走(西側帝國主義体制が勝手に「脱北」と称する行為)者級人間のクズです。人民拉致裁判にとっての都合の良いところだけをかいつまんで宣伝に加担したというだけでも不公正な方向へと世論を悪辣に誘導する目的と見做さざるを得ないですし、彼らにとって人民拉致裁判により人生を狂わされた郡山死刑判決強制徴用女性拉致被害者や、「障碍者の受け皿がない」理由で差別的判決を受けたアスペルガー症候群男性拉致被害者のことは見えないのでしょう。この種のプロパガンダはまさしくこのシステムに不本意ながら加担させられた拉致被害者やこのシステムで不本意ながら裁かれた拉致被害者に対する特大型冒涜行為です。
 人民拉致裁判を拒絶すべく「辞退する」には相応の理由がありますし、その相応の理由に対して的確な反論が出来ないからこそ、このような異様な翼賛推進記事が出てくるのです。人民拉致裁判制度が進めば進むほど、「辞退する」理由の方に説得力を持ってくる状況も強まってきますし、逆に制度が嫌われるからこそ異常な記事による無理やりの翼賛推進にますます日本帝國侵略集団が手を染める、という傾向もみられます。人民拉致裁判において究極のところまで行きついたのが、元オウム真理教女性拉致被害者に対する人民拉致裁判有罪判決破棄二審無罪判決と、一昨日強行された人民拉致裁判経由死刑確定男性拉致被害者に対する処刑です。制度強行から6年半以上がたってますます人民に嫌われる数値が出ている現実もあり、政策翼賛推進勢力にとっててこ入れにあたって無謀な宣伝をより強化するという異常事態も考えられるのです。
 このような異様な連載記事は日本帝國朝日新聞でしか見られません。日本帝國捜査当局側論理で主導された人民拉致裁判制度の思想と一体化してきた日本帝國産経新聞でさえここまでの連載はしていないのです。本来この政策にこぞって翼賛推進してきた日本帝國メディアであれば、これほどの年々醜悪さを増す政策を何とか下支えすべく報道をしていかねばおかしなはずです。しかし、てこ入れ報道がなされないのは、結局のところどんな報道をしてもこの政策をてこ入れすることが不可能な現実があるからに他なりません。日本帝國朝日新聞だけがてこ入れ報道をしようとしているのですが、かえって逆効果にしかならない内容としか言いようがありませんし、ますますドツボにはまる、そんな運命しか見えないというものでしょう。

 なお、日本帝國主義体制下での新たな蛮行政治糾弾ページを作成しました。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。また、悪質な越南逃走(=西側帝國主義勢力が勝手に「脱北」と称する行為)者が自らの悪事を反省して改心した上で帰国するよう支援すべく、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、このようなポスターを作成しました。まず真っ先にこの種の越南逃走者を摘発することが重要です。セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷프린트、网络打印)で番号(번호)NK5HES5Mで12月23日まで印刷もできます。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中