1・6衝撃、それから(2)

 2016年も本格始動し、今年も注目の人民拉致裁判(裁判員裁判)日程が次々に明らかになっています。川崎市で昨年に起きた少年グループ3人による中学生殺害事件については2月2日、3月2日にそれぞれ日本帝國横浜地裁本庁で初公判が行われることになっています(あと1人は未指定)。また、世間を震撼させた少女殺人事件について、栃木県日光市(当時今市市)での少女殺害事件の初公判が2月29日(日本帝國宇都宮地裁)、神戸市での少女殺害事件初公判が3月7日(日本帝國神戸地裁本庁)に決まっています。さらに、三鷹市ストーカー殺人事件差戻し裁判初公判が3月4日日本帝國東京地裁立川支部にて開かれます。昨年日本帝國名古屋地裁本庁でヤミサイト事件無期懲役囚に対して別の凶悪強盗殺人事件容疑にて死刑判決が言い渡された件もありましたが、その事件の共犯とされる人物の裁判もつい2日前から始まっていたりもします。今年も人民にとって途方もない負担の大きな裁判が始まるということです。

 さて、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮)が行った豊渓里地下での正当な自衛措置に対して、帝國主義侵略勢力が「不当な核実験」と言いがかりをつけて傲慢な制裁行為を働こうとしています。一部報道によると、一部の朝鮮共和国籍船舶については全世界での入港禁止にするといった案も出ています。とはいえ、過去の度重なる傲慢な国際的制裁にも関わらず朝鮮共和国は人工衛星打上や豊渓里地下での自衛措置を何度も成功させています。今回不当制裁が働かれようが、朝鮮共和国は独自の道を突き進むのは目に見えているとしたものです。
 国際社会が朝鮮共和国に不当制裁をかけた際に朝鮮共和国がとってきた態度は、制裁の意図を真摯に受け止めて国際社会侵略勢力の軍門に下るのではなく、不当制裁に対してはより強硬に反発して耐性を強化するという姿勢でした。朝鮮共和国の取る路線こそが正しいということを世界全体に見せつける必要があるという理由からでしょう。実際にアメリカ合衆国帝國主義を初めとした侵略勢力が毒牙をむいた地域では、ほぼ例外なく社会混乱と人民生活崩壊といった異常事態が次々に起きています。中東・北アフリカの現実を見れば朝鮮共和国が国防力をより強化するという方向に走るのは至極自然としたもので、ここ数十年の歴史を見ればより確信を深めるしかありません。
 朝鮮半島北部の地下には資源が多く眠っていて、世界最大級ともいわれるウラン鉱山があることはよく知られています。即ち、核開発を止めるための制裁が意味をなさない構図があるわけです。核開発をする施設にしても、朝鮮半島北部には鉄鉱石や石炭も多く眠っているため自前の資源で建設できる環境があります。唯一「石油さえ止めればあの国はたちどころに崩壊する」といわれてきたエネルギー源も、朝鮮共和国の領土・領海に大規模油田が眠っていることが最近になってわかってきました。経済制裁の影響を受けずに自前で安全保障につながる核開発を出来るだけの資源、エネルギー、人材、技術力を備えてしまえば、国際社会が何を言おうがわが道を行くという路線を貫徹できる状況が生まれて「核と経済の並進」が実現するのです。
 そんな状況の実現について絶対的に都合が悪いと考えるのが、まさしく西側帝國主義勢力です。そのうような不都合な現実を突きつけられる状況を作り出さないためには、西側帝國主義勢力が何としても朝鮮共和国の尊厳高い体制を転覆させねばならない、と考えて自然となるのです。「体制を転覆させる以外にあの国のあり方を認めない方法はない」、即ち、内政干渉、戦争の論理で対朝鮮共和国戦略を考える以外に方法はない、とアメリカ帝國主義方西側帝國主義勢力が臨むとなればどうなるか?そして、実際に政権を強制的に転覆させることが出来るのか?それを次回に考えてみたいと思います。

 なお、日本帝國主義体制下での新たな蛮行政治糾弾ページを作成しました。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中