オバマ・朴槿恵両逆徒の演説を嘲笑する声明

 2016年1月12日、アメリカ合衆国帝國主義体制トップのバラク・オバマ逆徒が一般教書演説を行った。そして、続けてその翌日、南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)体制トップの朴槿恵逆徒が国民向け談話を発表した。この両逆徒ともども、西側帝國主義勢力の反人権的体制を擁護する目的で全世界に向けて悪辣な姿勢を発信したという他ない。当然のことながら、この両逆徒による姿勢と軌道を同一にしているのが日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒であるのは言うまでもないことだ。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表してオバマ・朴槿恵両逆徒による反人民的発言を大いに嘲笑するとともに、西側帝國主義勢力による反人民的世界戦略を糾す世論喚起を促すべく、以下の声明を発表する。

 2016年1月12日のオバマ逆徒による演説では朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮)による6日前の豊渓里自衛措置の件についてはまるで触れられなかった。イスラム国との戦いをまず強調はしてみたものの、具体的な対策でさえもできない体たらくを示した。わずかにアメリカ帝國主義体制の同盟国が攻撃された際に単独行動でも擁護するとの妄言で触れられた程度である。まさしくアメリカ帝國主義体制の凋落をまざまざと世界全体に見せつけた演説であったという他ない。朝鮮共和国に関していえば、2013年2月12日に行われた豊渓里地下実験後に行われた一般教書演説では、朝鮮共和国の自衛措置について「断固たる措置を取る」などとの暴言を吐いたが、そんな暴言に屈することなく朝鮮共和国は正々堂々と再び自衛措置を行っただけである。今回オバマ逆徒が朝鮮共和国に対して何も言えなかったのはまさしくアメリカ帝國主義体制の外交・政治的敗北以外の何物でもない。イスラム国云々にしても断固壊滅させるなどとの強硬姿勢を取ることもできず、以降の政権でも戦いは続くと述べるしかなかった。アメリカ帝國主義侵略集団が世界各地に散布してきた人民の不幸及び社会混乱の反動がアメリカ帝國主義社会に跳ね返っただけのことである。
 一方で、この翌日13日に行われた朴槿恵逆徒の国民向け談話では、朝鮮共和国による1月6日の自衛措置についての言及や昨年12月28日のアメリカ帝國主義体制介入下での対日本帝國屈従合意以上に、経済問題に多くの時間を割く有様であった。経済問題云々についても労働条件改悪が柱になることで朝鮮半島南部人民にとって不幸の極みになることは間違いない。朝鮮共和国の正々堂々たる措置に対して自ら問題解決に向けての積極姿勢を見せることもできず、また、アメリカ帝國主義体制介入下での対日本帝國屈従合意についても自らの意志で決断した訳ではないことは明らかだ。朝鮮半島南部人民に加え、朝鮮共和国から厳しく追及されることは明らかである。それもこれも、朝鮮共和国こそが政治的に筋の通った姿勢を世界全体に向けて発信しているからこそ生まれた情勢である。
 これらの発言を注目してきたのが、朝鮮共和国の近隣国でアメリカ帝國主義体制及び南朝鮮傀儡体制と同じ西側帝國主義勢力に属する日本帝國主義体制であることは論を待たない。そして、アメリカ・南朝鮮両西側帝國主義勢力トップとも発言で反人民的侵略姿勢を示したことでも共通だ。アメリカ帝國主義体制トップによる「同盟国を護る」発言は、まさしく同盟国と称する国家の反人民的体制を擁護するという意味でしかない。即ち、その地域の人民にとって迷惑極まりない侵略行為以外の何物でもないということだ。資本家の資本家による資本家のための環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(=帝國主義TPP)に対する抗議世論が高まれば、アメリカ帝國主義体制は抗議する人民を弾圧する介入を働くことは間違いないだろうし、人民拉致裁判制度(=裁判員制度)が崩壊しそうになればアメリカ帝國主義体制の介入で日本帝國主義集団による反人民的侵略体制側を擁護することは容易に想定できる。こんな両国の堕落した姿勢を生み出したのも朝鮮共和国の行動が理にかなったものだからなのだが、そんな朝鮮共和国を支持する人民を弾圧しようとするのが日本帝國主義体制であり、アメリカ帝國主義体制であり、南朝鮮傀儡体制であるというのだから話にならない。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表してここ2日で働かれたアメリカ帝國主義体制・南朝鮮傀儡体制トップ逆徒による発言を大いに嘲笑するとともに、こんな発言にダマされず、靡かず、惑わされずとの姿勢を取るべく世界全体の人民に向けて発信することとする。反人民的政策を西側帝國主義侵略勢力全体で働いているのに対して現地の人民が西側帝國主義勢力の反人民的政策に反旗を翻すべく戦っている情勢もある。ところが、西側帝國主義侵略勢力は善良な人民を反人民的政策強行側に転向させる悪辣な扇動を働いている状況も存在する。このような侵略勢力と断固戦う朝鮮共和国こそが世界に正しいメッセージを発信しているのは明らかというものだ。世界全体で朝鮮共和国を支持する世論喚起の必要な時代がまさに今来ているということに他ならない。

 いよいよ明日1月15日、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として再び、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開したいと思います。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号R8S8J7ZM(日本語版)、번호 U2BRAXUN(조선어 버전)、で1月15日まで、となっています。

 2016年1月14日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中