人工衛星光明星4号打上げ成功を断固祝福・支持する声明

 2016年2月7日、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、一部を除いて原則として朝鮮共和国と表記)が人工衛星光明星4号の打上げを成功させた。人工衛星打上げの成功は2012年12月12日の光明星3号2号機以来となるが、地球観測を目的とした平和利用にさらなる貢献を果たすのは間違いない。一方で西側帝國主義勢力の日本帝國主義体制や南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)体制、そして世界最悪の侵略体制でかつ世界最悪の人権弾圧国家でもあるアメリカ帝國主義体制は、今回の平和的人工衛星打上げについて「ミサイル発射」などと言いがかりをつけて国際的な不当制裁扇動を働こうとしている。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、今回の朝鮮共和国による平和的人工衛星打上げに敬意を表して祝福しながら断固支持するとともに、西側帝國主義侵略勢力による不当極まりない制裁扇動を厳しく糾弾すべく以下の声明を発表する。

 まずは平和を愛する朝鮮民主主義人民共和国の皆さま、そして平和を愛する世界の皆さま、人工衛星光明星4号の打上げ成功おめでとうございます。朝鮮中央通信にも2016年2月7日付『朝鮮国家宇宙開発局が地球観測衛星「光明星4」号の成功裏の打ち上げに関する報道を発表』なる記事が掲載されましたが、平和的宇宙利用目的であることが明示されていて、偉大な朝鮮労働党が推進してきた科学技術重視政策の誇るべき結実なのは明らかです。9日後には偉大な金正日総書記の74回目の生誕記念日・光明星節を迎える時期でもあり、偉大な金正日総書記の名前を冠した人工衛星打上げを成功させたことは、これからも再び偉大な金正日総書記が世界平和に貢献することを意味します。世界の皆さまにとってこの上なく喜ばしい記念日になるはずなのです。
 ところが、日本帝國主義体制を初めとした西側帝國主義侵略勢力は、なんとこの平和的人工衛星打上げについて、打上げを成功させる相当前から「ミサイル発射」などのとんでもない言いがかりをつけるのみならず、果ては朝鮮共和国にとっての伝統的友好国である中華人民共和国やロシア連邦までもを取り込むような工作活動も働き、世界全体に向けて朝鮮共和国への不当非難扇動を働くという途方もない暴力的対応を働いた。折しも、本日2月7日は日本帝國主義体制が「北方領土の日」と称して、北海道根室市北東方にある島々について世界的に日本の領土として認められるよう求める日でもあるが、領土問題で対立しているロシア連邦との対立が鮮明になることでより朝鮮共和国にとって有利になることは言うまでもない。西側帝國主義体制側は中国やロシアを取り込んでまで絶えず朝鮮共和国に対する非難扇動により体制転覆を画策しようとするのだが、実際に同様の扇動を働いて体制転覆が起きた中東・北アフリカ地区では難民の大量発生により西側帝國主義社会自身の大混乱を引き起こしている。こんな情勢を見れば中国やロシアが朝鮮共和国体制崩壊につながるような制裁に断固反対するのは至極自然なことであり、西側帝國主義社会における我々が行うべきなのは中国やロシアへの説得ではなく、アメリカ帝國主義体制に対する対朝鮮共和国平和的対話呼びかけの世論喚起であることは言うまでもない。
 とりわけ日本帝國主義体制は、まもなく2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(=東日本大震災)から5年を迎えようとしているが、この地震に端を発した日本帝國主義体制東京電力福島第一原子力発電所爆発事件に際して近隣国の朝鮮共和国に対して謝罪の一言も発していない人道的犯罪国家である。また、朝鮮共和国を宇宙から監視する軍事目的に衛星を打ち上げたり、日本帝國主義体制侵略勢力総翼賛の下で善良な人民及び重罪犯罪容疑をかけた人物を恣意的な刑事裁判システムである人民拉致裁判制度(=裁判員制度)に巻き込むことも厭わないなど、悪意に満ちた犯罪的政策を平気で働く国家でもある。日本帝國主義体制は国際核犯罪被告席、国際ミサイル犯罪被告席、国際拉致犯罪被告席に立つべき国家であり、こんな悪質国家がどこかの国に対して「核、ミサイル、拉致による挑発行為を働いている」などと非難するのは、泥棒と警察を全く逆転させるレベルの天人とも怒りを爆発させる特大型挑発行為以外の何物でもない。無論のことながら、そんな日本帝國主義体制によるとんでもない反人権的挑発行為を最も擁護するのがアメリカ帝國主義体制であるのは言うまでもなく、アメリカ帝國主義体制こそ世界の善良な民心を持って国際核・ミサイル・拉致犯罪被告席に立たせた上で正義の裁きを受けさせなければならないのは当然のことだ。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して朝鮮共和国による平和的人工衛星光明星4号打上げを断固祝福・支持するとともに、今回の偉業を「ミサイル発射」と言いがかりをつけるような西側帝國主義犯罪的侵略勢力全体を厳しく糾弾すべく声明を発表する。世界の国際社会体制側が総翼賛して朝鮮共和国への不当極まりない非難扇動を働こうとするのであれば、世界の善良な人民全体でこんな非難扇動に対する徹底的な抗戦世論喚起をしていかねばならない。今や世界情勢は、悪意に満ちた犯罪的侵略勢力が一体誰なのかをまざまざと見せつけているのは言うまでもない。善良な人民にとってはそんな犯罪的侵略勢力を見抜いて徹底的に対決していくのが真の意味での人権的活動となり、絶対に犯罪的侵略勢力に加担してはならないということでもあるのだ。

 2016年2月7日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中