トランプ逆徒の増長は我々の大チャンス

 朝鮮半島南部では現在、対朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)問題よりも人工知能の驚くべき能力に大騒動になっています。日本でも大きく取り上げられているのですが、グーグルのコンピュータ囲碁ソフト「アルファ碁」が世界トップ棋士の李世乭九段に3連勝したことです。ようやく昨日李世乭九段が一矢を報いて人間側もホッと一息ついたようですが、戦前の人間側優勢との下馬評を覆したことが人類全体に衝撃を与えたことは言うまでもありません。ましてや将棋やチェスよりも局面が広く、コンピュータの能力が人間を上回るのは難しいだろうといわれていた囲碁で世界トップ棋士を圧倒したのだからなおさらです。西洋企業であるグーグルが東洋(将棋とは違って、東アジア全体に文化が広がっている)の娯楽分野に目をつけたことで「囲碁」の世界的ステータスが向上したことも大きな話題になっているのも特徴です。

 さて、アメリカ合衆国帝國主義体制大統領選挙でドナルド・トランプ逆徒の増長が止めにくくなっている情勢にあります。アメリカ帝國メディアやアメリカ帝國共和国候補者内からも反トランプ扇動が盛んに執り行われている一方で、こんな扇動が逆にトランプ逆徒の勢いに火をつける事態にもつながりうる危険性まで出てきています。また、トランプ逆徒支持勢力と反トランプ勢力との間での対立が激しさを増して乱闘であるとか集会中止といった異常事態も起きてしまいました。アメリカ帝國主義社会そのものが自滅しようとしているともいえましょう。
 日本国内では、日本帝國主義体制経済団体連合会事実上機関紙でもある日本経済新聞の昨日コラムでトランプ逆徒の増長を懸念する声が出されました。日本経済新聞に限らず日本帝國主義体制メディアがこの情勢に狼狽して「トランプ候補の当選は日米同盟にとって大きな損失」「アメリカの良識を期待する」などとの危機感を煽るような報道しか出てきません。無論、アメリカ帝國主義社会でもここまでくると「トランプはマズい」とトランプ逆徒以外の候補者に投票しようとする動きになってくることは十分考えられます。しかし、日本帝國主義社会がアメリカ帝國主義社会の大統領選挙に口出しする筋合いはないというもので、日本帝國主義メディア全体でトランプ逆徒当選への恐怖を煽るという姿勢は日本帝國メディアにとっての不都合な真実を覆い隠そうとする卑屈な姿勢としか言いようがありません。
 アメリカ帝國主義社会で現実化している事態に対して日本帝國メディア全体がこんな卑屈な体たらくを演じてしまうのは、日米帝國同盟体制を絶対的存在としてしか論じられない日本帝國支配層の悪弊です。日米同盟体制は「絶対神格化」「批判は絶対的禁忌」となったことで、トランプ逆徒から「東アジアから米軍を撤退させる」「米日(米韓)同盟破棄」なる言葉が発せられ、実際にアメリカ帝國大統領に上り詰める現実味を帯びるとなると、日本帝國主義支配勢力がこぞって狼狽する体たらくを演じてしまうのです。我々からすれば堂々と日米帝國同盟破棄を突きつけながら中華人民共和国共産党と連携していけばよいだけの話ですが、残念ながら中国と民族・政治・軍事の全面で徹底的に敵対的扇動を働いてしまった日本帝國主義極右反動・新自由主義勢力にとってはこの選択肢を取れるはずはありません。こんな選択肢を取ろうとして中国と交渉しようとしても、今の日本帝國安倍晋三逆徒政権では中国にはねつけられるのは目に見えているからです。その意味でも、我々は堂々とトランプ逆徒を迎え撃ちながら中国との連携を視野に入れて日本帝國主義極右反動・新自由主義侵略勢力と徹底対決していけばよいだけです。
 人民拉致裁判制度(裁判員制度)を考える上でも、トランプ逆徒支持増長に対する日本帝國メディアの卑屈な態度をよく見ていく必要があります。即ち、人民拉致裁判への加担割合が年々明らかに減少している最中、絶対神格化・絶対批判禁忌による総翼賛推進を働いてきた日本帝國メディアにとって人民拉致裁判加担者の激減という不都合な真実に目をつぶれなくなった際に、今回のトランプ逆徒増長に対する不安と同様の狼狽的報道を働く可能性があるからです。日本帝國メディアがこぞって悪意に満ちた総翼賛侵略姿勢に基づく報道を働いておきながら、自分たちの論理にそぐわない不都合な現実情勢に直面した際に責任を背負わずに我々人民に転嫁されるのではたまったものではありません。我々からすれば「不都合な現実」情勢をより深めるべく世論喚起をしていき、人民拉致裁判破綻の際にはこの政策を翼賛推進した拉致実行犯勢力には相応の連帯責任を取ってもらうことが重要になります。

 今月も明日3月15日に、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として再び、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開したいと思います。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号JA9ZF358(日本語版)、번호 8TNXESTY(조선어 버전)、で3月15日まで、となっています。

 なお、日本帝國主義体制下での新たな蛮行政治糾弾ページを作成しました。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中