浜松市での家族殺害事件から考える

 日本帝國主義体制総務大臣の高市早苗逆徒など、日本帝國国会議員が大量に日本帝國靖國神社にノコノコと足を踏み入れました。現在、日本帝國靖國神社は春の例大祭とのことで、日本帝國トップの安倍晋三逆徒も真榊を送ったということもあり、周辺諸国はもとより世界全体の大ヒンシュクを買うことは間違いありません。この種の逆賊一味にとって九州中部大震災の被災地支援よりも日本帝國靖國神社の行事の方が大事になるということでしょう。日本帝國国会議員に限らず、日本帝國支配層の反人民的本性については後日にも触れますが、毎年繰り返される日本帝國靖國神社強行潜入はその一環以外の何物でもありません。

 さて、静岡県浜松市で家族3人を殺害・1人を殺害未遂したとして男性が逮捕されました。生き残った1人が「家族に刺された」と訴えたことで日本帝國捜査当局も迅速な初動捜査に入れたこともあって、早期の男性逮捕にこぎつけることもできたという報道がありました。3人に対する殺人事件ですから、そのまま起訴されると現在の法律で人民拉致裁判(裁判員裁判)対象になるのは言うまでもないですし、3人への殺害となれば死刑求刑も視野に入る事案です。しかし、現在の人民拉致裁判体制であるからこそ生き残った1人にとって今後残酷な現実が待っているということにもなります。
 今回生き残った1人は殺人未遂事件による直接の犯罪被害者であると同時に、3人殺害事件の遺族でもあり、そして、何より超のつく凶悪事件犯人(犯人と断定されるとの前提ですが)の家族にもなってしまいます。3人に対する殺人事件ともなれば死刑求刑が視野に入るのは言うまでもないですが、いかに直接襲撃の対象にされたとはいえ、家族の立場として直接の身内に死刑が下されるのを手をこまねいて容認できるのか?という心情は当然のことでしょう。いかに凶悪事件の犯人だからといって愛する家族を見捨てるような態度で接すれば、見捨てられた側の立場はなくなり、立ち直りの機会もなくなることにもなります。身内を見捨てたくないのは生物としての本能でもあるのです。
 従前の職業裁判官裁判であれば、今回のような裁判において、少なくとも刑事法廷の場で証人として出廷した場合、生き残った家族にとって犯罪被害者としての立場、遺族としての立場で法廷に臨むことになるでしょう。そして、「凶悪犯罪者の家族」なる立場は社会的制裁はあっても刑事裁判に証拠として持ち込まれることはないとしたものです。ところが、人民拉致裁判で証人として法廷に立たされた場合、犯罪被害者の立場や遺族の立場とともに「凶悪犯罪者の家族」としての立場が刑事裁判に持ち込まれることになります。いや、「凶悪犯罪者の家族」としての立場が最もクローズアップされて、刑事裁判において社会的に糾弾されるという極めて残酷な事態まで招きかねません。むしろ、このような社会的糾弾の思想を刑事裁判の場で積極是認するのが人民拉致裁判制度導入の本性とさえいえるのです。
 人民拉致裁判対象になるような凶悪事件、とりわけ殺人事件は家族間の事案が大半を占めています。すなわち、今回の浜松市のような事案は身近に潜む危機でもあるということに他なりません。問題なのは、人民拉致裁判に加担する側に自分が凶悪殺人未遂事件被害者・殺人事件遺族・殺人事件容疑者家族の全ての立場を強いられる可能性もあるという発想が乏しいことです。とりわけ、殺人事件容疑者家族としてクローズアップされる立場に立たされたならば?という発想をしなければなりません。そのような発想が瞬時に出てくるのであれば、そもそもこんなシステムなど安易に導入されるはずはなかったというものでしょう。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中