北南共同宣言16年を祝福する声明

 2016年6月15日は、2000年に朝鮮半島の北南両体制トップ・金正日国防委員長と金大中大統領が朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の平壌にて歴史的な共同宣言を発してから16年にあたる当日である。この朝鮮半島北南共同宣言においては、朝鮮半島の体制が北南に分断されてから初めて両体制の首脳が会談したという意義深さとともに、改めて外部勢力の介入なき自主統一及び連合・連邦的体制統一の方向性を再確認することも織り込まれた。そして現在、南側の傀儡体制(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)がこの共同宣言に反する姿勢を次々に打ち出すという暴挙を働いていて、それが民心の怒りを買う情勢にもある。その意味でも、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、改めて今年で16年目を迎えた北南共同宣言を祝福するとともに、この精神に則った体制統一を日本からも支持、援護すべく、以下の声明を発表する。

 16年目を迎える6月15日共同宣言を受け、まずは朝鮮民族の皆様、そして、平和を愛する日本人及び世界の皆様に祝福を送ります。1953年の体制分断確定から今年で63年となりますが、絶えず朝鮮半島全体の社会では平和・自主統一の意志が示されてきました。民族の意志で民族の将来を平和的に決めるのは世界誰もが認める当然の方向性です。これほどまでに長い分断の年月がありながら、それでも忍耐強く統一を目指してきた皆さまには世界全体からも敬意が表されるべきところです。
 しかし、朝鮮半島両社会間で自主統一の機運が高まると必ずと言ってよいほど、外部の大国による統一妨害扇動が繰り広げられました。その最大の障壁がまさしく世界最悪の暴力的侵略国家であるアメリカ合衆国帝國主義体制です。アメリカ帝國主義体制こそ、自国の身勝手な国益追求目的で朝鮮半島を侵略した上で、結果的に朝鮮半島南部を占領してしまいました。そして、朝鮮半島南部を拠点に朝鮮共和国を絶えず恐喝してきたのがアメリカ帝國侵略勢力です。朝鮮民族が自主統一の機運を高めようとすれば、それを妨害すべく朝鮮半島南側体制に対してアメリカ帝國主義侵略勢力にとって都合のよい政権に転向させる工作活動も続けられてきました。その結果が2000年北南共同宣言後にできてしまった前政権の李明博逆徒及び現在の朴槿恵逆徒政権です。そんな南朝鮮傀儡逆賊政権に加担してきたのが、恥ずかしいことにわが日本帝國主義体制です。今年の5月6日から行われた36年ぶりの朝鮮労働党大会において日本帝國主義体制も朝鮮半島自主統一の障壁であることが指摘されています。
 そんなアメリカ帝國主義体制、日本帝國主義体制を初めとした西側帝國主義侵略勢力の妨害活動にも関わらず、自主的平和統一を根気強く目指してきた朝鮮民族の固い意志もあり、西側帝國主義侵略勢力の内部で社会の分断が如実に現れています。アメリカ帝國主義社会では絶えず銃声が市民に向けて発せられ、つい先日にも多数の死者を出す銃撃事件がありました。テロが頻発する欧州帝國主義社会でも同様ですが、移民や異教徒が原因だとして民族間の壁を高くしようとする世論も高まっています。グレートブリテン・北アイルランド連合王国帝國主義社会では欧州連合帝國主義勢力からの離脱投票直前ですが、離脱論のほうが有力視されている情勢にあります。日本帝國主義社会はといえば、工藤會絡みの人民拉致裁判(=裁判員裁判)にて裁かれる男性の関係者から公正な裁判を求めるべく働きかけを受けた裁判加担者が勝手に裁判への不当介入と受け取って裁判から次々に離脱していますが、そんな事態にこの政策を翼賛推進してきた日本帝國主義支配層が狼狽しています。朝鮮半島統一を妨害してきた南朝鮮傀儡保守政権に対しては、今年の国会総選挙で大惨敗という民衆の審判がありました。それもこれも、西側帝國主義侵略勢力の本質的反人権政策が自滅の道を歩んでいるからに他なりません。こんな時期だからこそ、朝鮮半島の自主・平和的統一への妨害行動に大義がなくなるのも至極自然というものです。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、今年で16年となる朝鮮半島北南首脳共同宣言記念日に祝福を送るとともに、日本国内からも朝鮮半島体制の自主・平和的統一を支持、支援すべく声明を発表いたします。日本帝國主義体制は朝鮮半島の自主・平和的統一を妨害する一つの論拠として「拉致事件」云々の扇動を働いてきました。「拉致事件」云々に限らず、日本帝國主義体制にとって朝鮮共和国の強固な体制について日本帝國主義体制にとって都合が悪いという身勝手な理由で体制そのものを全否定するような姿勢を貫いてきたのが実態ですし、そんな姿勢を貫くよう徹底させてきたのがバックにいる世界最悪の人権弾圧体制、アメリカ帝國主義体制なのです。ですから、我々としても、朝鮮半島の自主・平和的統一を支持、支援するには、世界最悪の人権弾圧体制アメリカ帝國主義体制をいかにして崩壊に追い込むかが大きなカギとなるのです。そのための活動を日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として世界に展開していく所存でございます。

 2016年6月15日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中