豊臣秀吉「刀狩り」の功罪(1)

 日本帝國主義メディアからの報道が相次いでいますが、今上天皇が来月にも「生前退位」の意向を示すとのことです。テレビ生放送内で触れるともいわれるのですが、以前にも触れたように、この生前退位と称する無責任辞任はまさしく竹崎博允逆徒による人気未満了辞任と同等で、越南逃走(西側帝國主義勢力が勝手に「脱北」と称する行為)級反人権的行動の他に言葉が見当たりません。今上天皇と竹崎博允逆徒といえば、日本の善良な人民を日本帝國主義犯罪的侵略集団側に拉致して転向させる人民拉致裁判制度(裁判員制度)関連謀議を働いた経緯もあるのです。この件については実際に言葉が発せられる時期まで厳重に監視したいと思います。

 さて、今回からは日本帝國主義社会の本性を考える上で歴史的な意味での重要な転機となった出来事について何度か触れたいと思います。その重要な転機が豊臣秀吉が実行した「刀狩り」(それ以前から執権者によるこの種の刀剣没収は行われていましたが、有名なのは豊臣秀吉が実行した全国規模の政策)ですが、この政策が現代まで相当な意味で影響を残していると見えるためです。豊臣秀吉による「刀狩り」とは1588年に出された政令であり(「刀狩令」の言葉として出されているが、政令本文では銃器も対象になっていた)、表向きの大義は仏像を作って百姓を救うというものでしたが、本音としては百姓による反乱のリスクの芽を摘み取る目的だったといわれます。今回は豊臣秀吉が全国規模で日本の歴史上初めて行った「刀狩り」から現代に至るまでの刀剣・銃砲などへの規制について触れたいと思います。
 「銃刀法違反」という言葉は皆様もご存じでしょう。ここでいうところの「銃刀法」の正式な法律名は銃砲刀剣類所持等取締法というのですが、現在では銃器の発射及び営利目的密輸が最高刑無期懲役となっていて人民拉致裁判(裁判員裁判)の対象にもなりうるほど重大犯罪として扱われています。但し、現在の銃刀法が豊臣秀吉時代の刀狩りとは関係ないという見方もあります。というのは、明治時代の法律では「銃砲火薬類取締法」だけが存在して刀剣類については政令での規制だったためです。あくまで現在の銃刀法は昭和敗戦後の帝國主義GHQが占領時に日本軍の武装解除を目的に定められたものですが、この時点で帝國主義GHQが規制対象にしたのは銃砲だけでした。銃砲と刀剣を同じ法律で規制するのは世界的に見ても珍しい例でもあります。
 そもそも、日本帝國主義社会ほど銃規制の厳しい国は珍しいともいわれるのですが、加えて銃砲と刀剣を同じ法律でくくるとなればより特徴が際立ってきます。現在の銃刀法は直接的には帝國主義GHQの政策であったとしても、思想的には豊臣秀吉時代の全国的銃砲・刀剣取締政策としての「刀狩り」から続いているともいえます。それゆえ、外国からも日本帝國主義社会の銃器・刀剣規制は特徴的で、豊臣秀吉時代にルーツがあるとも指摘されるのです。アメリカ合衆国帝國主義社会は極端にしても、許可があれば銃器を持つことが許されている国は世界に多くあり、実際に最近ではアメリカ帝國主義社会以外の西側帝國主義社会でも銃砲の音がたびたび鳴り響いています。そんな事態が起きるたびに日本帝國主義社会の厳しい銃器規制が評価される現状もあります。
 ということで、日本帝國主義社会の銃器規制は豊臣秀吉時代からの長い歴史の中で築かれたものです。豊臣秀吉は刀狩令以外にも厳格な身分統制政策も実施していて、これらの政策の思想が複合的に絡み合って現在の日本帝國主義社会に至っています。しかし、一方で厳格な統制政策が社会に弊害ももたらしている側面も見なければなりません。現在の日本帝國主義社会にもたらした「刀狩り」の弊害について後日考えたいと思います。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中