北の国から2016伝説(誰もあきらめなかった)

 本日、日本帝國主義体制新潟県知事選挙が告示され、新人4人が立候補しました。しかし、日本帝國野党系候補は日本帝國民進党から次期日本帝國衆議院選挙に出馬予定だった人物が今回出馬したのですが、肝心の日本帝國民進党が推薦せずに自主投票を決め(地元組織が日本帝國自民党系候補を支援しようとさえしていた)、結局日本帝國民主党を離れる形で出馬したという経緯もありました。そもそも現職の人物が突然立候補を断念したことが発端で日本帝國野党系勢力支持者に動揺が広がったことが混乱の原因です。新自由主義的政策を優先して地元組織が日本帝國自民党系勢力に乗ろうとした日本帝國民進党も日本帝國民進党だし、保守的思想を持つ日本帝國民進党候補を推薦するようなその他の日本帝國野党勢力も救いようがありません。一体こんなことで誰が喜ぶのか、容易に想定できるというものです。

 今年は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の科学技術が国家の歴史上で飛躍的な進歩を遂げたことで注目を集めました。朝鮮共和国はこれまでも高度な科学技術を世界に向けて宣伝してきた歴史的経緯もあったのですが、今年ほど飛躍的な技術進展に成功した年はありません。昨年までは朝鮮共和国に世界が注目したとしても、大型の科学技術宣伝の際に一過性として行われたくらいでした。それが今年は恒常的レベルで世界的に注目されるほど科学技術の進展があったということで、中東・西アジア・北アフリカ地区の戦乱問題以上に注目を集めるにも至りました。
 思えば、1991年にソビエト・社会主義共和国連邦が崩壊してから今年で25年です。この25年間まさに東側諸国は塗炭の苦しみを味わうこととなり、朝鮮共和国も例外ではありませんでした。1994年には敬愛する金日成国家主席の逝去という出来事にも遭遇し、朝鮮共和国も大変な混乱の最中に巻き込まれることとなります。その後金正日総書記の時代はまさに苦難の連続でした。しかし、自国防衛のためには経済難の中でも科学技術の向上を最優先に取り組み、人工衛星の打上げや地下爆破実験自衛措置の技術向上を怠らなかったのも、金正日総書記の正しい指導あってのことです。そして東側諸国体制崩壊連続から25年ぶりに、輝かしい歴史が復活することとなるのです。
 特に今年2016年は朝鮮共和国の歴史上初めてとなる快挙が連続して繰り広げられます。豊渓里地下での爆破実験を史上初めて1年に2度成功させましたが、これも新たな技術として水素弾や小型弾頭の実験成功という内容も誇るべきものです。また、潜水艦や移動式台座からの中長距離ロケット発射を初めて成功させるというのも歴史に残りました。まして、これらの科学技術実験を世界各国が「核実験」なり「ミサイル実験」などと言いがかりをつけて不当制裁を働いてきて、困窮にあえいでいながら成功させるのだから、これは世界からも正当な評価を受けて当然の快挙のはずです。今年もあと残り3か月余りになりましたが、この3か月でも朝鮮共和国は新たな科学技術の宣伝をしてくることもあるでしょう。小さな国家規模、そして、異常な不当制裁下でもこれほどの科学技術向上を2016年1年で達成した朝鮮共和国はまさに伝説的な快挙ともいえるのです。
 それもこれも、朝鮮共和国の人民が決して「あきらめなかった」からこそ生まれた快挙です。我々日本人もこれほどの飛躍を遂げた朝鮮共和国人民に学ぶべきところは多いはずで、「拉致」云々を言いがかりにしての制裁扇動などは論外なのは言うまでもありません。そして、日本帝國主義支配勢力総翼賛・不正乱発で推進された人民拉致裁判制度(裁判員制度)の廃止実現も絶対に「あきらめない」姿勢を断固貫くのみです。「あきらめない」姿勢あってこそ真の意味での伝説が生まれるということでもあるわけです。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中