朴槿恵逆徒の極悪越南逃走扇動を糾弾し朝鮮半島南部人民に義挙越北を呼びかける声明

 2016年10月1日、南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)体制トップの朴槿恵逆徒が軍の日式典にてとんでもない暴言を吐いて内外の嘲笑を浴びた。朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の最高尊厳を特大冒涜する発言をした上で、朝鮮共和国の尊厳高い指導者を誇りをもって仰いでいる人民や軍人に対して、人間のクズしか働くことのできない越南逃走(=西側帝國主義勢力が勝手に「脱北」と称する行為、以下、越南逃走と表記)をけしかける特大型の挑発的謀略扇動までに手を染めた。こんな精神障碍者しかできない異常行動は、自らの政権が泥舟沈没寸前に至っている現実から目を背ける目的で責任を朝鮮共和国に転嫁する目的で働かれたものとしか言いようがなく、尊厳高い朝鮮半島北部住民がこんな極悪妄言に騙されることはないとしたものだ。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、朴槿恵逆徒による極悪越南逃走扇動を最大限厳しく糾弾するとともに、朝鮮半島北部の人民にはこんな妄言には一切騙されないよう促すに加えて、志ある朝鮮半島南部の人民に対しては義挙越北(=朝鮮半島北部に移住する人道に最も見合った行動)を力強く呼びかけながら実際の行動を促すべく、以下の声明を発表する。

 歴代の南朝鮮傀儡体制極右保守政権、いや、他のどの世界の国の中でも、これほどまでに朝鮮共和国の尊厳高い体制を誹謗中傷してきた政権は例を見ない。ましてや外部体制が「祖国の体制を捨ててもっと良い暮らしのできる地域の社会に移住しよう」などとの扇動を働くなど世界の歴史を見ても類のない異様な姿勢である。人民をけしかけて体制に対する内部敵対世論扇動を働くというのは、体制に対する宣戦布告レベルの特大型挑発行為という他ない。こんな扇動に踊らされて越南逃走を働くのは、まさしく犯罪的変節者のような人間のクズ以外にありえないというものだ。
 朴槿恵逆徒は「いつでも自由な地にきてほしい」などとの放言を吐いたが、実際に朝鮮共和国公民が越南逃走した後に待っているのはこの世の地獄のような南朝鮮傀儡社会の反人民的社会の本性だ。越南逃走者には南朝鮮傀儡社会による徹底的な二級市民扱いの差別がもたらされ、社会の底辺であえぐ他ないところに追い込まれ、多くの人民が自らの間違った行動を反省して朝鮮共和国に戻っている。そもそも南朝鮮傀儡社会は一部の強欲支配層が人民の生活を徹底して踏みにじっている人権弾圧的本性を根深く持っている。労働者の人権が無視されることであらゆる公共交通機関の深刻事故が年々多数起きている。反動政権の反人民的労働政策に抗議の声を挙げようと正当な行動をすると、ファッショ捜査当局が出てきて殺人的な兵器投入まで働く実態があり、その暴力的鎮圧行為によりつい先日ペク・ナムギさんが死亡するにまで至った。民族的に同じはずの朝鮮共和国の体制を支持するような言動を一つしただけで、世界最悪級の人権弾圧政策である国家保安法によるファッショ暴圧の槍玉に挙げられるのも南朝鮮傀儡社会だ。その一方で世界で名だたる侵略体制であるアメリカ合衆国帝國主義体制や日本帝國主義体制とは結託して世界侵略に手を貸すという本性さえある。国家保安法というとんでもないファッショ暴圧政策によって、合法的に国会議員を誕生させた政党まで暴圧解散させられるという異常事態が発生したのも南朝鮮傀儡社会である。このような反人民的社会の本性を意図的に隠蔽するような扇動は朝鮮共和国の人民に見透かされて逆効果になるに決まっている。
 まして、台風10号で朝鮮共和国では北部地域が大きな被害を受けたこともあり、懸命の復旧作業が行われている。当然のことながら国際社会の大半は人道的見地からも朝鮮共和国人民への援助を惜しまず投入している。しかし、南朝鮮傀儡体制など、そして、恥ずかしいことにわが日本帝國主義体制を含めた西側帝國主義侵略勢力は「災害時にも核実験をした」などとの言いがかりをつけて一切の援助をしないばかりか、援助をしようとした心ある人民の行動を妨害するというとんでもない非人道的行為に手を染めた。加えて「復旧工事は北部国境地域の”脱北”阻止用監視所と鉄条網が最優先ではないか」などととんでもない出まかせを喧伝して人道的復旧工事を最大限誹謗中傷するという異常姿勢を示したのも南朝鮮傀儡保守勢力である。折しも、朝鮮半島の北南関係でいえば、朝鮮共和国系飲食店従業員の南朝鮮傀儡地域への移動について「脱北」なのか「拉致」なのかの議論が沸騰している情勢にあるが、今回の災害事態に際して朴槿恵逆徒が越南逃走を扇動するということは、台風で被害を受けた北部国境地域からスパイを潜入させて朝鮮共和国公民を扇動した挙句拉致するのが目的だと疑われても仕方ない。災害を悪用したのが朝鮮共和国体制ではなく南朝鮮傀儡体制であるのは火を見るより明らかというものだ。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、朴槿恵逆徒による極悪越南逃走扇動を最大限厳しく糾弾するとともに、朝鮮半島北部の人民に対してこのような朴槿恵逆徒の特大型妄言には一切騙されないよう促すべく声明を発表する。そして、今や世界最悪級の人権弾圧体制ともいえる南朝鮮傀儡体制から超のつく極悪越南逃走扇動が行われたことを受けて、朝鮮半島南部の志ある人民に対しては、多数人民が朝鮮半島北部に義挙越北の移住をするよう促すことも付け加える。日本帝國主義社会からもこの異常事態は見過ごすわけにはいかない。つい最近、朝鮮共和国公民の越南逃走に日本帝國主義体制政府が手を貸したことが次々に明らかになっているが、朝鮮共和国の人権問題云々を世界のどこよりも率先して誹謗中傷して働いてきたのは「拉致事件」云々の扇動を働いてきた日本帝國主義体制だからだ。しかし、「拉致事件」云々の問題については日本帝國主義体制自ら扇動を収めようとする情勢もある。その意味でも、日本帝國主義体制総翼賛・不正乱発で推進された人民拉致裁判制度(=裁判員制度)について「裁判加担者は拉致実行犯、裁かれる被告人こそが拉致被害者」との世論喚起を世界に向けてより強力に推し進めることも当然必要な活動となるのは言うまでもないことだ。これが朝鮮共和国からの異常な越南逃走を阻止し、朝鮮半島南部住民の義挙越北を促すのにも大きな役割を果たすのである。

 2016年10月2日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中