12月12日に今年の漢字「金」が選出された

 千葉大学生らによる集団女性暴行事件ですが、やはりというべきか、「特権階級」に配慮したとしか思えない扱いがされてしまいました。群馬県で起きた事件で逮捕された有名女優の息子のように示談での不起訴にはならなかったものの、起訴罪状として致傷要件が省かれて人民拉致裁判(裁判員裁判)の対象からは外されました。この政策が特権階級の特権階級による特権階級のための政策であることを暴露したようなものです。思えば致死要件を省けないために人民拉致裁判を免れ得ないはずの沖縄でのアメリカ帝國侵略軍関係者による強姦殺人事件において、日本帝國那覇地裁での人民拉致裁判を何としても避けようとあがいている実態もあったりします。「特権階級の特権階級による特権階級のための政策」であることそのものを人権被告席に立たせる世論喚起が必要なのは言うまでもありません。

 さて、今年の漢字に「金」が選ばれました。この「金」が選出されたのは2000年、2012年に次いで3度目ということで、全て帝國主義侵略五輪開催の年ですから「金」メダルをイメージする方が多いでしょう。ちなみに、前回の2012年と同じ12月12日に発表されているのですが、前回2012年12月12日といえば、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が人工衛星光明星3号を打ち上げた当日でした。漢字「金」の決定にふさわしい祝砲となったのは記憶に新しいところです。
 今年の漢字が「金」になった理由として、帝國主義侵略五輪やイチロー選手の大記録金字塔といったスポーツ話題、毎年のように問題になる政治とカネ絡み(今年の場合は海外でも大金持ち不動産王の国家トップへの選出や、つい最近の隣国での特大型汚職などのネタあり)の案件、そして、PPAPの豪華金色衣装などが挙げられています。思えば今年は大きな出来事が多すぎて、年間10大ニュースのトップになって当然であるはずの九州中部大震災(2016年熊本地震)や異例の台風による北日本豪雨災害が今や忘れられているムードさえあります。「金」の漢字と九州中部大震災や北日本豪雨災害が直接結びつかないということも、やはりこの大災害が忘れ去られているのではないか?という雰囲気も否めません。帝國主義五輪イヤーの3回目の選出という漢字では、またか?の印象もぬぐえませんし、このイベント自体の価値が落ちたようにも見えてしまいます。
 そして、「金」が選ばれるとどうしても朝鮮共和国の敬愛する金正恩労働党委員長の印象が真っ先に挙げられます。今年は何といっても年頭の1月6日に豊渓里での地下爆破実験成功に加えて9月9日にも同様の実験に成功し、また、2月7日には「金」が代表漢字に選出された2012年以来となる人工衛星光明星4号の打上げにも成功しました。朝鮮共和国の科学技術の観点からは今年ほどの飛躍を遂げた年はなく、その意味でも今年の漢字として「金」が選ばれた意味の大きさを物語ります。西側帝國主義社会で次々に政治的異常事態や大規模社会混乱が起きる情勢だからこそ、朝鮮共和国の政治がより輝くのも至極自然な時代の流れです。
 12月12日といえば朝鮮共和国が最近数年間対外的にいろいろなアクションを起こしてきた当日で、冒頭触れたように「金」が代表漢字に選出された2012年には人工衛星打上げに成功した件についても触れました。現段階で特段大きな動きは見られませんが、深夜になって大きなアクションが判明した例もありました。今年の場合候補に上りそうなのは金永南最高人民会議委員長と国際赤十字・赤新月社連盟の近衛忠煇会長との会談で、前もって近衛会長が台風10号被害の件について朝鮮共和国を訪問して金永南委員長を12月10日前後に表敬訪問するとの報道があったことが大きなヒントになります。この会談が12日に行われたことで、その内容が世界をあっと驚かせるものかどうかが大きな注目です。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号45CBCTAS(日本語版)、LNZ5PFKE(조선어 버전)で、今月は金正日総書記逝去5年追憶週間ということで2011年に逝去された当日である12月17日まで、となっています。なお、この1週間は朝鮮共和国に対する不当極まりない謀略的人権糾弾扇動が働かれる時期でもあり、このインチキ扇動を糾弾する目的もあることを付け加えておきます。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中