日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版2016年10大ニュース(2)

 昨日に引き続いて、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版2016年10大ニュース、今年のベスト3を発表したいと思います。皆様、2017年も良いお年をお迎えくださいませ。

[3]工藤會関係者が人民拉致裁判加担拉致実行犯に相応の手段行使!!
 2016年5月10日から始まった日本帝國主義体制福岡地裁小倉支部での人民拉致裁判(裁判員裁判)において、裁かれた拉致被害者の秦耕介さんを救出するのと同時に人民拉致裁判加担拉致実行犯に対して公正な裁判を求めるべく、楠本利美さん他1人が声をかけた件は社会への大きな世論喚起になりました。ところが、この公正な行為に対して日本帝國福岡県警などのファッショ当局が「裁判員法違反」などとのとんでもない言いがかりをつけて、2人を逮捕・起訴するという大暴挙を働きました。そればかりか、この2人に対して人民拉致裁判制度(裁判員制度)推進日本帝國主義侵略集団が執拗なまでの人民拉致裁判制度翼賛推進側への転向策動を働き、その結果1人についてはこの異常な圧力に屈して悪質越南逃走(西側帝國主義勢力が勝手に「脱北」と称する行為)と同等の自堕落的転向(人民拉致裁判加担拉致実行犯側の軍門に下って謝罪をしたり「贖罪」と称した寄付を働くなど)に走ってしまいました。一方で楠本さんの方はこんな卑劣な転向策動に負けることなく自らの立場を貫き、2017年1月6日にこの悪質ファッショ暴圧事件のインチキ判決が下されることになります。
 一方で、楠本さん他の正当な行動を真摯に受け止め、拉致加担実行犯8人のうち良識をもって次々に足を洗って5人が離脱したため、日本帝國福岡地裁小倉支部も人民拉致裁判除外規定(3条1項)適用に追い込まれました。また、人民拉致裁判除外規定が従来唯一適用されてきた工藤會関連以外の事案でも山口組と神戸山口組との抗争事件について3条1項適用事案とせざるを得ない状況が生まれています。「あくまで例外規定」としてきた適用を今後次々に「標準」適用に仕向けていく必要があります。今年末には状況が定かではないにしても、日本帝國大阪地裁本庁にて次々に人民拉致裁判加担者が離脱して裁判が停止する事態も起きています。また、人民拉致裁判除外規定適用の効果か、人民拉致裁判から救出された拉致被害者の秦耕介さんには求刑の3分の1にとどまる判決で収まり、秦耕介さんは無罪主張まではしていなかったため、弁護側の勝利といえる判決を勝ち取れました(但し日本帝國福岡地検小倉支部は控訴)。
 人民拉致裁判制度は、日本帝國主義体制犯罪的侵略支配層にとって「絶対擁護」の政策であり、日本の善良な人民に対して「裁判員制度を批判する」考え方さえ認めないという傲慢な手法で推進してきました。即ち、人民拉致裁判制度に真っ向から堂々と対決を挑んだ工藤會関係者の日本人に対して、執拗なまでの人民拉致裁判制度翼賛推進側への転向策動まで働くのも相応の理由があります。今後ますます強硬になるに決まっている人民拉致裁判制度絶対翼賛推進の日本帝國犯罪的侵略支配層の執拗なまでの転向策動とは、我々とすれば日本国籍を持つ日本人を代表して真っ向から堂々と対決しなければなりません。

[2]史上初の快挙!!朝鮮共和国が年2度の豊渓里地下爆破実験成功!!
 2016年は朝鮮民主主義人民共和国の科学史にとって歴史に残る栄光の1ページを刻むこととなりました。史上初めて豊渓里地下での爆破実験を年2回成功させるだけでなく、人工衛星光明星4号の打上げにも成功、その他数々のロケット打上げも試行錯誤しながら技術力を高めることに成功しました。朝鮮共和国が科学技術力を向上させるのは何といっても周辺諸国の軍事力から自国の自主権を護り切ることに大きな目的があります。ましてや朝鮮半島の周辺では直接的にアメリカ合衆国帝國主義体制及びその手先や、中華人民共和国やロシア連邦が近隣にいるため、自主権を護り切るためのハードルは自然と高くなります。独自の科学技術力を向上させてこなかった国家群が大国の影響を受けた際にどんな事態を招くかは、中東・北アフリカ諸国の現状が解答の全てです。
 ところが、帝國主義侵略勢力は朝鮮共和国による正当な科学技術力向上活動について「核実験」「ミサイル発射」挑発行為などとの不当な扇動を働いた上で「国連決議違反」などとのとんでもない言いがかりをつけて異常な制裁扇動に熱を挙げています。今年9月の豊渓里地下爆破実験に際しては、朝鮮共和国からの石炭などの輸出について総量・総額規制に走ったのみならず、具体的項目こそ入らなかったものの人権問題まで絡めた理由をつけた異常な制裁が働かれました。朝鮮共和国人権問題と称する不当扇動は恥ずかしいことに、我が日本帝國主義体制が「拉致事件」云々を論拠に世界でどこよりも率先して働いてきた経緯があります。2002年の日朝平壌宣言において「拉致事件」云々と同時に過去の歴史問題の清算をするという合意がなされたにも関わらず、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒政権が働いている態度は「拉致事件」は一方的に解決を要求しながら、一方で過去の清算は一切しない、朝鮮共和国の尊厳高い体制を転覆させるのが本性だとの姿勢を露骨に表しているとしか言いようがありません。
 その意味でも、朝鮮共和国の科学技術向上を堂々と世界に認めさせるためには、西側帝國主義社会内から自国の人権実態について朝鮮共和国を批判できない状況を告発させていく必要があるとも言えます。日本帝國主義体制と同時に朝鮮共和国人権関連不当糾弾の先導を働いた欧州西側帝國主義社会は、現在彼らが働いてきた中東・北アフリカ地域への人権侵害行為のツケとして大量の難民流入やテロ頻発、そして極右反動反人権勢力の跋扈という異常事態に直面しています。アメリカ帝國主義体制は自国民も恥ずかしいと嘆く人種差別・銃器犯罪の連動が世界最悪レベルの異常な社会です。そして、日本帝國主義社会からは、過去の歴史認識問題もそうですが、何といっても人民拉致裁判制度の異常実態について朝鮮共和国に向けて告発していかねばなりません。

[1]アメリカ帝國主義体制次期トップにトランプ逆徒当選、世界はますます混乱に!!
 さて、2016年といえば何といってもこの件でしょう。世界最悪の人権弾圧性格体制あっての世界最悪の極右反動思想人物がトップに立つこととなりました。西側帝國主義勢力が希望していたヒラリー・クリントン逆徒当選という大方の予想を裏切って、アメリカ帝國主義社会内人民の良識ある選択により、ドナルド・トランプ逆徒が2017年1月からトップの座に就くこととなりました。人権弾圧思想のトップといえば、真打のドナルド・トランプ逆徒以前にも西側帝國主義勢力を中心とした世界各国で次々に生まれていて、フィリピン共和国のロドリゴ・ドゥテルテ大統領も今年誕生したことが記憶に新しいところですし、来年にはフランス共和国帝國主義体制トップが極右反動思想のトップになるのでは?とささやかれます。そして何より、そんな極右反動思想のトップといえば、以前から日本帝國主義体制トップの座に居座り続けている人物がいるのです。
 西側帝國主義体制社会が大騒ぎになるのも、西側帝國主義思想にとってドナルド・トランプ逆徒の当選が都合の悪い真実だったからに他なりません。「大方の予想」としてヒラリー・クリントン逆徒当選だとの西側帝國主義メディアからの報道が大半だったのも、要は西側帝國主義メディアの大半がヒラリー・クリントン逆徒応援団だったからに他なりません。何しろ、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒自身が選挙戦中にヒラリー・クリントン逆徒にだけ面会してドナルド・トランプ逆徒を無視することで、「日本はクリントン候補を支持します」との悪意を示してしまったのです。そして蓋を開けてみたらドナルド・トランプ逆徒の当選だったということは、ドナルド・トランプ逆徒にしてみればヒラリー・クリントン逆徒応援団に堕落した勢力に対して「どう落とし前つけてくれるんだ」となって当然です。ドナルド・トランプ逆徒の当選に慌てて我先にと電話会談をした安倍晋三逆徒の狼狽ぶりは世界の嘲笑を買いました。
 ドナルド・トランプ逆徒に限らず世界各国で極右反動思想のトップが誕生する情勢は、東側諸国に対しての人権問題批判圧力が緩む結果をもたらしています。シリア・アラブ共和国のバッシャール・アル・アサド大統領政権の奮闘により、この地域に悪質な人権扇動を働いてきた西側帝國主義侵略勢力が無残な撤退を強いられるのも、西側帝國主義勢力の反人権性を示す象徴ともなりました。ドナルド・トランプ逆徒政権はロシア連邦とは融和的ですし、中華人民共和国との関係も敵対的とはいってもヒラリー・クリントン逆徒よりははるかに融和的です。そして、何よりもドナルド・トランプ逆徒は朝鮮共和国とも首脳会談をするという意向を示したりもしていて、朝鮮共和国に先見の明があるとの評価もされています。その意味でも、我々日本人としても、ドナルド・トランプ逆徒政権に搾取されないよう、朝鮮労働党や中国共産党との対話路線を構築していかねばならないのも当然のことです。
 極悪人権弾圧集団、ドナルド・トランプ逆徒大統領政権万歳!!我々日本人は朝鮮民主主義人民共和国や中華人民共和国との融和路線に突き進もう!!

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号NCSG8ZYM(日本語版)、HH85X35N(조선어 버전)です。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호HH85X35N 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 1 월 2 일까지).

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中