日本人から親朝鮮共和国活動を喚起しよう

 今年は前回の日本帝國主義体制衆議院総選挙から2年を既に経過していることもあり、解散総選挙のムードも高まっています。日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒がタイミングを見計らっている状況ですが、なかなか今年前半にチャンスがないだろうともいわれます。というのも、アメリカ合衆国帝國主義体制のドナルド・トランプ次期トップの戦略がまるで読めないこともあり、ある程度時間を置かなければ概要が見えないためにそんな時期に解散などできるわけもないというのが正直なところだからです。ある程度ドナルド・トランプ逆徒の政策姿勢が見えたら今度は日本帝國東京都議選で、ここでは日本帝國東京都内で日本帝國公明党との内部分裂が深刻化していることもあり、この時期の解散となれば日本帝國与党内での亀裂が表面化するに決まっていて、ここでの総選挙もほぼ不可能でしょう。そうなると、秋以降の解散となるのでしょうが、ここまで来ると国内外の政局がどうなっているのか現時点で想像もつかない事態が起きているケースも考えられます。要は、ドナルド・トランプ逆徒の当選が安倍逆徒の政権運営にとっての大誤算にもなったのは間違いないということです。

 さて、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)ではまもなく1月8日、敬愛する金正恩朝鮮労働党委員長の35回目の生誕記念日を迎えます。今年は現政権発足5年を過ぎて前政権からの完全刷新が完了しようとする時期でもあり、金正恩委員長の政権運営により世界の注目が集まることでしょう。一方で不穏な動きも周辺諸国で表れていて、南朝鮮傀儡(大韓民国)体制は朝鮮共和国最高尊厳に対する暗殺組織を立ち上げると公然と宣言したり、ドナルド・トランプ逆徒に至っては対話に前向きともとれる発言をする一方で逆にいきなり軍事行動に出るといった態度もとったりしています。世界各地で社会対立が激しさを増す中では、少しの衝突で全面対立につながる危険性もあるのです。
 対朝鮮共和国といえば、悪質越南逃走(西側帝國主義勢力が勝手に「脱北」と称する行為)者の張真晟容疑者によるこんな妄想コラム()を見つけました。朝鮮共和国最高尊厳を帝國主義国際刑事裁判所(ICC)に付託せよなどとのとんでもない特大型挑発妄言を働いたのですが、そもそも帝國主義ICCといえばアフリカ諸国やロシア連邦に「西側帝國主義体制にとって都合の悪い人物だけを訴追する運用がされている」と痛烈な批判を浴びて次々に足を洗われている正統性のない組織です。また、つい先日ですが、日朝貿易が長期間にわたって行われたなどとの言いがかりをつけられてとんでもないファッショ暴圧捜査が日本帝國当局によって働かれているようですが、そもそも日本帝國主義体制が不当制裁扇動を働いたところでどこかで抜け道ができるのは避けられないとしたものです。この事案では2011年3月の日本帝國東京電力福島第一原発爆発事件以前から長期間にわたって輸出がなされていたようで、日本帝國捜査当局の限界もあるといえましょう。
 対朝鮮共和国不当非難扇動がされればされるほどその不当性が世界的レベルで明らかになり、かえって朝鮮共和国の立場の正当性が顕在化するということです。朝鮮共和国に対する世界レベルの不当制裁においては中華人民共和国も「北朝鮮擁護勢力」などと世界的批判に晒されて中国企業も制裁対象になったりしていますが、世界レベルでの制裁扇動の不当性が顕在化すれば、逆に中国にとって朝鮮共和国との交流を深める論拠にできることになります。日本帝國主義体制が「拉致事件」云々扇動等を論拠にした独自制裁についても同様です。対朝鮮共和国「拉致」云々を徹底扇動していながら、2002年日朝平壌宣言の精神に真っ向から反する安倍晋三逆徒政権の対朝鮮共和国徹底敵視姿勢を見れば、朝鮮共和国本国及び在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)にとって制裁の正当性など全くないと考えて当然であり、不当制裁扇動が強固になればなるほどかえって抜け道をさぐって日朝貿易の活発化を模索する姿勢を喚起するだけでしょう。まして、日本帝國主義体制が2011年の日本帝國東京電力福島第一原発爆発事件の謝罪をしていないとなればなおさらです。
 そんな時代情勢だからこそ、日本人の中から朝鮮共和国の立場の正当性について世論喚起をして具体的行動に出る勢力の出現が求められます。むろん、人民拉致裁判制度(裁判員制度)の不当性について日朝関係との文脈で論じるのも効果的なのは、本サイトで何度も述べてきた通りです。一方で、西側帝國主義社会全体が対朝鮮共和国不当非難扇動に手を染めている現状ですが、日本帝國主義体制及び南朝鮮傀儡体制以外は自国混乱や中東・北アフリカ地区情勢で手一杯であり、朝鮮共和国問題に力を割く余裕がありません。南朝鮮傀儡体制は現在トップの特大型汚職で国内混乱が究極事態に行き着いているだけに、日本帝國主義社会からの親朝鮮共和国活動台頭の重要性は従前よりはるかに大きくなっているのです。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号H4SARKM3(日本語版)、UQM3LFS6(조선어 버전)です。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호UQM3LFS6 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 1 월 10 일까지).

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中