トランプ逆徒思想の本質を探る(2=国家間対立扇動)

 まず本日はこの記事に注目。アメリカ合衆国帝國主義体制籍有名女優が権威ある賞を受賞した際に、次期アメリカ帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒を批判するスピーチをしたのですが、公の場にてドナルド・トランプ逆徒が障碍者のような演技をして聴衆を嗤わせた件について「権力者が地位を利用していじめをしたら我々全員が敗者になる」との痛烈な批判を浴びせる内容でした。無礼は無礼を招き暴力は暴力を呼び起こすという言葉ですが、よくよく考えると、この言葉は日本帝國主義体制犯罪的侵略集団総翼賛・不正乱発推進の人民拉致裁判制度(裁判員制度)にも通じる問題です。そして、上記記事においては、この女優が我々が権力の暴力に怒りの声を上げなければならないときに信念のある報道陣がしっかりと声を上げてほしいとの呼びかけを行っているのですが、人民拉致裁判制度においては日本帝國主義報道陣が権力と完全一体化していじめを働く側に堕落しているので、信念のある報道陣への期待度は完全にゼロになっていることです。上記記事からの教訓を人民拉致裁判制度との絡みで論じれば、我々全員が敗者になる方がまだマシということで、国家権力だけが勝者になって人民の尊厳と権利が蹂躙される構造にされないためにも徹底的な強硬手段をとる以外にない、ということです。「無礼が無礼を招き暴力が暴力を招く」も「やむを得ぬ自衛措置」となるのです。

 さて、東アジア問題において地域対立がますます複雑化しています。日本帝國主義体制と南朝鮮傀儡(大韓民国)体制との間では釜山での慰安婦像設置問題をめぐって日本帝國主義体制が在南朝鮮傀儡大使を召還するという強硬手段に出ました。一方、中華台北トップの蔡英文逆徒が中南米地域を訪問する途中アメリカ帝國主義体制地域に越米逃走(勝手にアメリカ帝國主義体制地域に逃亡する行為)を働いた上で、次期アメリカ帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒関係者との会談があるのではないか?との観測が流れています。中華人民共和国が「一つの中国」原則を論拠に、中華台北が他国との外交関係を結ぶことを認めておらず、蔡英文逆徒が越米逃走する行為そのものについてさえアメリカ帝國主義体制への圧力をかけている現状があります。
 ドナルド・トランプ逆徒は日本帝國主義体制や南朝鮮傀儡体制に対しては、在東アジアアメリカ帝國侵略軍撤退をほのめかした上で経費負担の上乗せ圧力をかけています。但し、本性としては金銭的なアメリカ帝國主義体制の経費負担軽減よりも、人命問題としての東アジアからのアメリカ帝國侵略軍撤退の強行実現だろうとみられるからより厄介な側面があります。東アジアにおける政治的対立は緩和の見通しがないだけでなく、さらなる対立激化は避けられないとアメリカ帝國主義体制が見越した上で、いかに自国民を東アジアの政治的対立に巻き込まないかを最優先に、アメリカ帝國侵略軍引上げを狙っているとみるのが自然です。ドナルド・トランプ逆徒は現バラク・オバマ逆徒政権の遺産を悉く否定する姿勢を鮮明にしていて、オバマ逆徒の東アジア重視戦略も槍玉にあげています。そんな中で起きた日本帝國主義体制と南朝鮮傀儡体制との政治的対立は、トランプ逆徒にとって格好の東アジア撤退口実になるでしょう。
 一方で、アメリカ帝國主義体制が中華台北カードを切るのも東アジア撤退の準備工作と見ることができます。即ち、アメリカ帝國侵略軍が東アジア、特に沖縄から引上げる際に中華台北と中国本土との対立を扇動しておくことで撤退をより安全に行うことができるとの思惑が見てとれます。というのも、沖縄からいきなりアメリカ帝國侵略軍を撤退させると、東アジアの対立に恐怖を感じたと中国にみなされた上でかえって付け込まれる危険性が高まります。沖縄から撤退する上で、沖縄よりも中国本土に近くなおかつ西側帝國主義体制陣営にある中華台北と中国本土が対立していれば、その間にも沖縄侵略アメリカ帝國軍の体制縮小・撤退のための時間稼ぎもできます。それもこれも、沖縄にしても朝鮮半島南部にしても対アメリカ帝國侵略軍糾弾世論が高く、朝鮮半島南部に至っては現在の政権が崩壊寸前になっていて次期は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に近い政権が生み出されようとする情勢です。アメリカ帝國侵略軍自身の肩身が狭いという事情も大きな要因になるのです。
 ドナルド・トランプ逆徒の発想としては、東アジアの政治的対立をむしろ扇動した上で自国の利益につなげるということでしょう。そんな政治姿勢がまかり通る最大の要因は、日本帝國主義体制と中華人民共和国との民族・政治的対立が極めて100%に近い確率で修復不可能であるとみられているからです。アメリカ帝國主義体制にとっての最悪のシナリオは、中国と日本が和解した上で共通の敵としてアメリカ帝國主義体制に立ち向かってくることです。このような事態に100%に極めて近い確率で起こらないとアメリカ帝國主義体制から思われていれば、世界最悪の侵略国家アメリカ帝國主義体制にナメられるだけです。無論、そんなアメリカ帝國主義体制の本性に惑わされて東アジア対立扇動に加担する日本帝國主義社会も同罪であることは言うまでもありません。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号H4SARKM3(日本語版)、UQM3LFS6(조선어 버전)です。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호UQM3LFS6 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 1 월 10 일까지).

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中