日本帝國主義社会の救いがたいヘイト本性

 本日はまずRKBラジオの本日放送内容から(本日から1週間「1月18日 サンデー毎日雑誌本部長 潟永秀一郎さん」のコーナーをクリックしてください)。内容は、一昨日から始まった日本帝國主義体制名古屋地裁本庁での元名古屋大学生が裁かれる有名事件の人民拉致裁判(裁判員裁判)において、人民拉致裁判制度の本質と絡めての言及でした。当然人民拉致裁判ということで人民拉致裁判加担者の負担軽減というのを最優先に2か月以上の日程で連日公判となるのですが、それでも裁かれる拉致被害者の精神状態を判断するというのは裁判加担者にはきわめて難しく負担の大きさが大きな問題になるのは言うまでもありません。さて、RKBといえば福岡県の地方ラジオ局ですが、福岡県にて人民拉致裁判制度の本質を語るのであれば、今年1月6日にインチキファッショ暴圧判決のあった工藤會事案問題を当然真っ先に触れねばならないはずです。しかし、工藤會事案は上記放送ではほんの一言触れられていただけで本質的に言及しようとする姿勢は見られません。福岡県のメディアが地元問題の工藤會事案は本気で触れず、他地区の問題でお茶を濁そうとする姿勢を見れば、逆にいえば人民拉致裁判制度にとって工藤會事案が極めて都合の悪い問題であることの証左です。人民拉致裁判制度の撲滅のためには工藤會事案を徹底利用することが効果的だということでもあるのです。

 さて、つい最近、日本帝國主義社会におけるヘイト本性の露見する事案が次々に出てきました。まずは沖縄での反アメリカ合衆国帝國主義体制侵略軍闘争に対して悪意に満ちた中傷目的とみなさざるを得ないテレビ番組が放映された件、次いで小田原市で生活保護受給業務を扱う部署が受給者に対する差別思想をあらわにするジャンパーを着用して業務にあたって(それも受給者を目の前にして)いた件、さらには日本帝國主義体制アパホテルが極右反動思想書物を客室に置いていたのを中華人民共和国籍利用客に発見・動画発信されて外交問題になった件です。いずれも日本帝國主義社会全体の傲慢性を世間に露見させる事案ですが、社会的弱者に対する強圧・排除の論理がこのような問題を浮かび上がらせてもいます。日本帝國主義社会に限らず西側帝國主義社会全体にそのような傲慢体質は多少なりともあるのですが、日本帝國主義社会ほどの残虐性まではないというものです。
 こんな良心のかけらもない根深いヘイト社会がまかり通るのは、日本帝國主義社会全体にヘイト思想を容認というよりも積極扇動することを是とする、さらに言えばヘイト扇動を是としない良心的人物までも社会の異端者として批判の対象にまでするような本性があるからです。それに加えてヘイト積極扇動思想が経済システムとして機能するような社会構造があるのだから救いようがないというものです。上記のように最近次々に異常なヘイト思想問題が認知されたところで、そんなヘイト扇動を批判するどころか積極是認するような世論扇動が個人レベルでインターネットで平気で行われるのが現実です。それもそのはず、日本帝國主義体制政治家がトップから地方レベルまでヘイト思想で固まっているからこそ、市民レベルでもヘイト扇動を平気で働ける体質、というよりも、ヘイト扇動に加担しなければ生き抜けないような体質にまで行きついてしまうのです。
 経済システムにまでヘイト思想が蔓延する体質は、ヘイト体質を持った有名企業が生まれ、そんなヘイト企業の商品を積極的に購入する消費者あってまかり通るものです。日本帝國アパホテルのケースでは中国からは不買運動に発展する一方で、日本帝國主義社会では積極利用を呼び掛ける扇動になっています。また、対沖縄ヘイト番組が放映された問題では、この番組を有名化粧品会社の日本帝國DHCがまるまる放映枠を買い取っている構造が問題視されています。経済効率化という一つの価値観からすれば社会的弱者はいわば「社会の弊害」として排除すべき対象になります。自由経済思想は個人や会社が金銭的に儲けることを至上主義としますから、社会的弱者切捨て思想と当然親和性を持つことになります。それに加えて日本帝國主義社会がもともとから持ち合わせていた根深い優生選民思想が相まって、現在の救いがたいヘイト社会体質まで行きついてしまったとみる他ないのです。その究極の行きつく先は2016年7月26日の神奈川県相模原市で起きた事件というわけです。
 このような異常なヘイト蔓延体質社会に対する有効な処方箋は最早究極の手法を講じる以外にないというしかありません。なぜならば、対沖縄ヘイト番組を放映した地方テレビ局のケースのように、経営が苦しいときに生活やお金のためならば良心を売り払ってでもヘイト思想勢力に転向して堕落することが平気でまかり通るからです。例として掲げた対沖縄ヘイト番組は、報道機関として倫理的にも大衆送信してはならない内容であることは一目見ればわかるのが常識です。そんな常識が通用しないのが日本帝國主義社会であるならば、このような日本帝國主義社会の実態を前提にした闘争を仕掛ける以外にないのは自明です。生活が苦しいヤツは日本帝國主義ヘイト扇動体質に協力せよ、抵抗するヤツは助けないという日本帝國主義社会構造そのものへの相応の効果的抗戦が必要であるという他ないわけです。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号M67RRMXD(日本語版)、KHBC9YPX(조선어 버전)です。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호KHBC9YPX 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 1 월 18 일까지).

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中