トランプ逆徒思想の本質を探る(6=弱みを握られる)

 アダルトビデオへの出演を拒否した芸能人女性に対して、女性が所属する芸能会社の代理人を務めた弁護士がこの女性を労働契約違反だとして2000万円以上という多額の損害賠償請求をした件について、日本帝國主義体制弁護士連合会がこの弁護士を懲戒請求すべきとの判断を下していたそうです。女性に対する民事損害賠償請求そのものは「本人の意思に反する強制は許されない」として会社側が敗訴して確定したのですが、問題は多額の損害賠償を、立場の強い会社が立場の弱い個人を訴える訴訟構造です。この種の訴訟は俗に「スラップ」と言われ、外国ではそのような訴訟を起こすこと自体が違法とされているケースもあります。日本帝國主義社会ではスラップ訴訟自体は違法とはされていないものの、今回のケースは「違法ではないが社会通念上問題が多い」ということで、法的措置ではなく弁護士内部自治の手続による措置が行われることになりそうです。思い出したのが認知症男性踏切死亡事故に対して日本帝國JR東海が損害賠償訴訟を起こした件です。日本帝國主義社会全体にこの種の強者から弱者蹂躙を平気で行える体質があることを自覚したうえで、そのような体質に対する相応の効果的抑止行動をすることが我々に求められるのです。

 さて、本日は日本帝國主義体制国会開会と同時に、アメリカ合衆国帝國主義体制にてドナルド・トランプ逆徒の大統領就任式(日本時間では明日ですが)も行われます。西側帝國主義社会全体の反人権的本性を暴露させるスタートの象徴がまさしく本日2017年1月20日ということで、単に日米帝國主義体制のみならず、今年国政レベルの選挙が行われる又は行われるだろうフランス共和国帝國主義体制、ドイツ連邦共和国帝國主義体制、オランダ王国帝國主義体制、南朝鮮傀儡(大韓民国)体制にも波及するのは避けられないというものです。現に、アメリカ帝國主義体制では本来出席することが名誉のはずのアメリカ帝國大統領就任式への出席を拒否する有名人が続出しています。そして、就任式には与野党ともに出席するのが通常でありながらアメリカ帝國主義体制民主党からも就任式への出席拒否者が続出するありさまです。
 そんなアメリカ帝國主義体制トップの座にまもなく就くドナルド・トランプ逆徒ですが、ロシア連邦との怪しい関係が物議をかもしています。ロシアの情報機関にはめられて、女性との不適切な関係を持ってしまったとの疑惑も取りざたされ、ロシアに弱みを握られてしまったのでは?との疑いが世界に広がってもいます。西側帝國主義勢力の代表であり、1945年の第二次世界大戦終結後は東側諸国と対峙してきた存在ですから、中華人民共和国に対して常識的で強硬な姿勢を見せながら、ロシアに対して融和的姿勢をとるのは筋が通らないとみられて仕方ありません。思い出したのは、日本帝國主義体制民進党重鎮で極右反動思想の前原誠司逆徒が以前になぜか対朝鮮半島勢力融和思想を持っていたことで、何のことはない、よくよく調べてみると在日朝鮮人献金をもらっていたことがその後発覚した件です。トランプ逆徒も同様にロシアに対して不自然な融和姿勢をとり続けると、現在以上の異常事態が発覚することも考えられます。
 そういえば、日本帝國主義体制が対朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)外交関連で不自然な対応をするケースも結構ありました。典型的なのが在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)ビル競売問題で、九州の親朝鮮共和国住職やモンゴルのペーパーカンパニーが一時落札し、最終的には反朝鮮共和国企業が買い取りながら結局は朝鮮総聯の意向をある程度酌んで決着させた経緯です。最近は「拉致事件」云々の問題について対朝鮮共和国ウルトラ強硬派でさえも朝鮮共和国との対話が重要だとの論調が出ていて、実際に対朝鮮共和国対話に踏み出そうとの動きも出ているようです。ましてや現在は朝鮮共和国の正当な科学技術力強化に対する異常極まりない国際的対朝鮮共和国非難扇動が働かれていて、日本帝國主義体制が「拉致事件」云々の件で朝鮮共和国と対話すれば世界的非難を浴びるかともいわれる情勢だからなおさらです。それもこれも、朝鮮共和国に対して日本帝國主義体制が相応の弱みを握られているから、とみられても仕方ない状況があるためです。
 対朝鮮共和国で弱みを握られている論拠は、世界的見地から最近ますます露見している実態があります。昨年には帝國主義国連の核兵器禁止条約締結交渉案に対して「唯一の被爆国」と世界に喧伝してきたはずの日本帝國主義体制が反対票を投じたのに対して、全世界的に「核兵器開発国」と非難されているはずの朝鮮共和国が賛成票を投じました。日本帝國主義体制は2011年の日本帝國東京電力福島第一原発爆発事件について朝鮮共和国に対していまだに謝罪の一言もありません。こんな態度をとってしまえば朝鮮共和国に対して弱みを握られても仕方ないのは当然のことです。こちらとすれば、人民拉致裁判制度(裁判員制度)の実態についても朝鮮共和国に情報を提供することで、ますます日本帝國主義体制が弱みを握られる状況をより深めていけばよいだけです。これがアメリカ帝國主義体制トップになるドナルド・トランプ逆徒の対世界姿勢にも大きな影響を与えるのは間違いありません。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号N7UBED7X(日本語版)、NQPYPEL6(조선어 버전)です。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호NQPYPEL6 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 1 월 26 일까지).

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中