トランプ逆徒思想の本質を探る(7=壁を作る)

 日本帝國主義体制長崎県警が傷害致死容疑で逮捕した男性に対してとんでもない自白強要取り調べを働いていたとのことです。傷害致死罪は現在人民拉致裁判(裁判員裁判)の対象になっていて、現在では全面可視化が義務付けられているのですが、実際にこの捜査が行われたのは昨年2月だったので法的義務はなかった時期で、法的義務付けを視野に日本帝國捜査当局が任意で可視化していたということになります。とはいえ、人民拉致裁判対象の凶悪罪状かどうか以前に日本帝國捜査当局にこのような自白強要体質が根深く残っているという他ありません。この男性は致死要件を満たさないとして人民拉致裁判対象外罪状で起訴され、昨年5月に執行猶予付き判決を受けて確定しています。この男性は仮に強圧的自白が可視化されず人民拉致裁判対象罪状で起訴されていれば実刑もあったと述べていて、可視化議論だけでなく人民拉致裁判制度の存在そのものから問いたださねばならないのは当然のことです。決して今回のケースが「裁判員制度の効果」であったということはありえません。

 さて、アメリカ合衆国帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒がメキシコ合衆国との国境(日本列島を北海道から沖縄までつなぐくらいの距離)に壁を作るとの大統領令に署名しました。まさかここまでやるのか?と日本帝國主義社会のみならず世界全体があきれ返るほどの異常事態に陥っています。しかも、勝手にアメリカ帝國主義体制側が建設しておきながらメキシコ側に全額建設費用を支払わせるという途方もない傲慢姿勢を働いていて、当然のことながらメキシコは激怒して首脳会談を中止しました。アメリカ帝國主義体制に対して卑屈に追従するだけが生き延びる条件だとして絶対的阿諛屈従の徹底を働いてきた日本帝國主義体制の救いようのなさが協調されるのみならず、そんなアメリカ帝國主義体制に屈従する日本帝國主義体制の態度は、メキシコなどの中堅・小国に対する傲慢態度を働くアメリカ帝國侵略姿勢に協力する侵略国家だとみなされて仕方ありません。
 日本帝國主義体制の侵略的本性は、最近の全社会的対東アジア傲慢姿勢扇動にも露骨に表れています。最近大きく問題になった対沖縄凌辱極悪ヘイト番組について、抗議した在日朝鮮人女性からですが、このような差別扇動番組を作るのは社会的弱者に対して傲慢な態度をとって居場所をなくさせることで自己の優越感を満足させる目的があり、弱者側が反論すれば力で抑え込み、反論しなければ自分の主張が通ったという論理を持ち込むのだからいずれにしても言ったもの勝ちになるという構造があるとの内容の訴えがありました。まさにトランプ逆徒の対メキシコ傲慢姿勢とそっくりであり、一方で日本帝國主義体制は人民の利益を社会的強者のアメリカ帝國主義体制に対しては朝貢そのものの態度で売国奴的姿勢を徹底しているのだから、アメリカ帝國主義的論理をそのまま体現している以外の何物でもないということです。そんな傲慢態度に対する唯一の対抗策が相応の報復ヘイトと考える勢力が出ても当然ですし、実際に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)がとる対応も然りとなるのです。
 ところで、アメリカ帝國主義体制がメキシコ国境に本当に壁を建設していく一方で、南朝鮮傀儡(大韓民国)体制大統領選挙が近づいているといわれ、次のトップは左派勢力になりそうだとみられています。朝鮮半島南部の左派は基本的には対朝鮮共和国融和姿勢ですし、左派政権が朝鮮半島南部で誕生すれば2000年の北南首脳会談のような融和ムードが再現されることも十分考えられるというものです。墨米国境の壁が建設されている間に板門店の壁撤去などという事態になればアメリカ帝國主義体制にとって、そして西側帝國主義勢力にとって歴史的大汚点になるのは間違いありません。それゆえ、アメリカ帝國主義体制からは南朝鮮傀儡体制大統領選挙に対して右派勢力の当選をもくろんだ上での露骨な介入がされたりして、朝鮮共和国側からも痛烈な批判がされています。中華人民共和国とてアメリカ帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒の傲慢極まりない態度を見れば朝鮮共和国の立場に理解を示して擁護側に回ってもおかしくないというものです。
 トランプ逆徒は在東アジアアメリカ帝國侵略軍の撤退圧力をかけて日本帝國主義体制や南朝鮮傀儡体制から資金を強奪しようと目論んでいるのですが、朝鮮半島南部は「それならばアメリカ帝國侵略軍は出ていってかまわない」との態度でしょう。問題はアメリカ帝國主義体制に阿諛追従することしか能のない日本帝國主義体制です。朝鮮半島南部で左派政権ができて板門店の壁が撤去されるとなれば、今度は日本帝國主義社会から「対馬や北部九州に壁を建設しなければ」扇動が必ず出てきます。結局はそのような壁を作らせる原因を作っているのが一体誰なのかを正当に批判できない限り、真の意味での問題解決に役立たないのは当然です。その真の原因が西側帝國主義侵略勢力の傲慢思想にあることも全世界的見地から露骨に見えるのは至極自然となるのです。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号FJF3T7ZE(日本語版)、RQGN4GNN(조선어 버전)です。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호RQGN4GNN 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 2 월 3 일까지).

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中