我々は工藤會とともに人民拉致裁判制度廃止を実現する(40)

 アメリカ合衆国帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒体制がますます混迷の度を深めています。イスラム国家7か国国籍の人物について入国禁止にした大統領令を擁護するなとの支持を出した司法長官代行をトランプ逆徒は「司法省を裏切った」の理由で解任して後任人事を決めました。このようなトランプ逆徒思想に都合の良いトップ体制を作る姿勢は、どこかの極右反動国家にも見られる性格です。一方で、極悪な大統領令の槍玉にあげられた一国であるイラン・イスラム共和国から弾道ミサイルの発射実験があったといわれます。イラン側は実験をしたかどうかについて明らかにしていないようですが、明らかにせずとも宣戦布告同等の理不尽な非難扇動をされたら相応の反発手段を講じて当然というものです。対アメリカ帝國主義体制であれば徹底的に卑屈な朝貢態度を働く日本帝國主義体制及び南朝鮮傀儡(大韓民国)体制に対してはイランであり、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の爪の垢でも煎じて飲めと言いたいものです。おりしも、カナダでのモスク襲撃銃乱射事件において容疑者がトランプ逆徒支持思想を持っていたりといった情報も出てきていますが、カナダでも首相はこの容疑者を非難していますが、日本帝國主義社会においてはこんな銃撃事件が起きても、心の中では容疑者を擁護したりもするのでしょう。

 さて、つい先週ですが、当初は人民拉致裁判(裁判員裁判)を強行されながら楠本利美さん他の正当な行動により人民拉致裁判の国家犯罪的拉致から解放された秦耕介さんの二審判決があり、一審の判断が維持されました。しかも、秦耕介さん自身が無罪を主張していなかったにも関わらず、一審の判断では求刑で懲役8年だったのを3分の1(2年8か月)にまで軽減してもらったのだから弁護側のほぼ勝利といえる内容です。で、日本帝國主義体制福岡高検側が上告するのかどうかも注目されるのですが、仮に上告するにあたっては相当長い期間経過した後になされるケースもあり(オウム真理教案件菊地直子さんのケースでは二審判決の約半年後に日本帝國検察側上告)、まだまだ予断を許しません。ということで、人民拉致裁判の国家犯罪級拉致行為からいかに裁かれる当事者を解放するかという観点から考えたいと思います。
 刑事訴訟法第31条2項に「簡易裁判所又は地方裁判所においては、裁判所の許可を得たときは、弁護士でない者を弁護人に選任することができる。ただし、地方裁判所においては、他に弁護士の中から選任された弁護人がある場合に限る」とあります。人民拉致裁判対象になる日本帝國地裁レベルでは、弁護士が弁護人として選任されている場合には弁護士でない人物を弁護人として加えることもできるとの規定になっています。ですから、秦耕介さんのケースでは楠本利美さん他行動した男性たちを弁護人として加えたいとの希望をすると、例の「よろしく」なども合法的にできる可能性が出ます。但し、法律的な規定では要望を出すことは可能だとしても、こんな主張は日本帝國福岡地裁がまず間違いなく拒否するでしょうから実現可能性としては薄いものです。とはいえ、このような主張を表明することは、理不尽な人民拉致裁判制度に対する抵抗姿勢を見せる意味でも重要な行動でもあります。
 地裁レベルの場合は弁護士資格を持つ弁護人が最低1人は必要なので、弁護士以外の人物を弁護人として加える場合には、弁護士との打ち合わせも大きな意味を持ちます。その際に、楠本利美さん他の正当な行動により人民拉致裁判への悪質拉致から解放され、なおかつ人民拉致裁判を回避したことで厳罰判決から逃れた実績を作ったのは大変な追い風になります。というのも、弁護士に対して「工藤會関係者が接触した後も裁判員裁判だったらもっと重い刑罰が課せられてたぞ」「裁判員裁判を逃れることが我々裁かれる身にとって人権を守るための絶対的必要条件だ」「工藤會の件のとき、検察側でさえも裁判員裁判を回避しようとしたのに弁護士が最後まで裁判員裁判実施にこだわっただろ」「お前ら我々被告人を守るのか?それとも裁判員制度を優先的に擁護してるのか」といった追及をすればよいからです。その後、弁護士と「筋」関係者との力関係を逆転させた上で、屈服させた弁護士とともに「筋」関係者弁護人追加を日本帝國裁判所に向けて申請していくという流れに持ち込むわけです。
 もっとも、このような追及をしたところで、弁護士が「筋」関係弁護人追加を断固拒否することも考えられますし、弁護士が容認したところで日本帝國裁判所が拒否することも十分ありえます。但し、このような抵抗手段を講じることは、人民拉致裁判加担拉致実行犯に対して相当の重圧をかける効果もあります。後は、いかに「筋」関係者がなるべく多くの重罪事件裁判に関与できる社会情勢を作り出せるかです。工藤會事案の実績を背景にして「筋」関係者が各地の弁護士会に対して圧力をかけさせるとか、一般市民レベルで重罪事件でのファッショ暴圧を受けた際に「筋」関係者こそが真摯な人権保護をしてくれる唯一の方法であるとの共通認識を持つよう世論喚起を促す必要がある、ということです。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号FJF3T7ZE(日本語版)、RQGN4GNN(조선어 버전)です。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호RQGN4GNN 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 2 월 3 일까지).

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中