人身保護の重要性に対する日本帝國主義体制のあまりの無意識ぶり

 テロ等準備罪と称する極悪人権弾圧政策の類型について日本帝國主義メディアからの報道がありました。その中で司法妨害類型として、偽証罪(最高で懲役10年)なども列挙されているのが大きな特徴です。偽証罪といえばそもそもウソをついているのかどうかの立証が難しい特徴もあるのですが、人民拉致裁判制度(裁判員制度)強行に伴い、法律の扱いに慣れていない人民拉致裁判加担拉致実行犯の判断を誤らせる危険性が高いという理由から、積極適用や厳罰化が進んでいるといわれています。しかし、そもそも人民拉致裁判制度の存在自体が日本帝國主義犯罪的侵略支配層総翼賛・不正乱発による悪質推進が行われてきた白色テロ同然の経緯があり、このシステムでの裁判そのものが極めて偏った存在なのは言うまでもありません。人民拉致裁判絡みで偽証云々の「テロ等準備罪」などをでっちあげられては、どちらがテロリストなのかを問いただすべき事態になるともいえるのです。

 さて、中華人民共和国内でまた日本帝國主義体制国籍男性が逮捕されたとのことです。この男性は日中友好協会で30年以上にわたって友好活動をしてきたのですが、突然スパイ容疑をかけられて昨年7月に身柄拘束されてその後最近逮捕されたようで、この種の問題が最近特に多くなっているのが懸念されます。以前の例では例外なく中国国内法により起訴されていて、この男性もおそらく起訴されることになるでしょうが、裁判でどのような処遇がされるかは予断を許しません。まして日本帝國主義社会内の対中イメージが極めて悪いとなればなおさらというものです。
 日本帝國主義体制官房長官も「邦人保護の観点から適切に対処する」などとウソぶいているのですが、この種の身柄拘束事案に対して極めて冷酷なのが日本帝國主義体制の態度です。それもそのはず、日本帝國主義社会では犯罪者に対しては極めて冷徹な目が注がれ、自国民ではなく社会の敵という見方をする本性が根付いています。ですから、外国において、日本帝國主義社会で罪にならない罪状で裁かれたり、あるいは日本帝國主義体制で標準的な刑罰をはるかに上回る重罰が下されたところで、強い抗議に出るなどということはほとんどありません。ですから、覚せい剤密輸で日本人が中国で死刑執行されようが、覚せい剤密輸という重罪を犯したのだから中国の法で裁かれても仕方ない、といったムードが日本帝國主義社会内で蔓延してしまうのです。日本帝國主義社会内で犯罪疑惑が取りざたされ、日本帝國最高裁で無罪になったのに迂闊にアメリカ合衆国帝國主義体制支配地域に渡って訴追された三浦和義氏のケースも同様です。
 最近大きな話題になっているのが例のマレーシアでの有名男性殺害事件ですが、この件に関して中国は身柄を十分保護していなかったのでは?といった問題も取りざたされています。特に中国の法治管轄の及ばない地域に渡航すると人命を狙われるリスクの高い人物なのに、中国が出国を止めなかったのはこの有名男性を十分保護する価値が薄いとの見方も出ています。しかし、よくよく考えてみると、日本帝國主義社会でこの種の手厚い人命保護を期待するのは無駄というものです。そうでなければ毎年のようにストーカーでの人命に危害が及ぶ事件など起きるはずもありません。本来外国であれば権力による人身保護が必要な人物に対して、日本帝國主義社会全体に人身保護に対する十分な認識及び意識が向いていないことが、この種の問題が起きてもスルーされる、あるいは再発防止に役立たない大きな要因になってしまうのです。
 人民拉致裁判(裁判員裁判)絡みでも昨年発生した工藤會案件のケースが思い浮かびます。この問題が発生して裁判加担拉致実行犯から「法廷外では防ぎようがない」といった言葉まで出てくるのですが、アメリカ帝國主義社会での陪審制のように、十分な人身保護の社会全体的コストを負担してでも制度を維持しようとする社会的合意ができて初めてこの種の制度を円滑に運用できるというものです。本日はくしくも81年前に大規模クーデター未遂事件の起きた当日ですが、この種のクーデターやテロに対する危機意識でさえ薄まっている日本帝國主義社会では、一般市民の個人的人命に対する十分な保護など行き届かなくても当然とさえ言えます。真の意味で人命保護を怠る日本帝國主義体制の本性がある限り、自分の命は自ら護るしかない、という流れになっても致し方ない意味もあるわけです。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号XB6X98N7(日本語版)、PP4J4NJF(조선어 버전)です。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호PP4J4NJF 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 2 월 27 일까지).

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中