日本帝國札幌高裁の異常事態を招いた人民拉致裁判制度

 まずは、時事通信のこの記事から。帝國主義国連事務総長が「人権無視という病が広がっている」との件を述べていて、最近のドナルド・トランプ逆徒やマリーヌ・ルペン逆徒らによる扇動を念頭に置いての発言だとみられます。しかし、よくよく考えると、これら欧米西側帝國主義社会が日本帝國主義社会での東アジア敵視扇動についてさんざん批判してきたのに、そんな欧米西側帝國主義社会が日本帝國主義反東アジア扇動と同等の排外扇動社会に堕落しただけにすぎません。西側帝國主義社会全体が「法の支配と民主主義」などと喧伝して世界を扇動してきたのが、実は帝國主義者の帝國主義者による帝國主義者のための「法の支配と民主主義」だったことが暴露されようともしているわけです。折しも、つい先日、日本帝國主義ウルトラ極右反動思想活動家が極右反動思想企業のホテルにて極右思想政治団体を立ち上げたとかの情勢もあります。こんな情勢であるからこそ、対朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)人権非難扇動などまるで正統性がないといわれても当然です。こんな西側帝國主義的極右反動扇動情勢がある限り、日本人として朝鮮共和国の立場に理解を示した上で、朝鮮共和国との協力を推進していく活動も必要になる、ということになります。

 さて、日本帝國主義体制札幌高裁で即日結審即判決という事案が9割にも上るという驚きの事態が起きています。人民拉致裁判(裁判員裁判)が強行されてからは二審で即日結審というケースが極めて多くなっていることはよく言われていて、即日結審自体にも裁かれる被告人の公正な裁判を受ける権利保障もされていないのではないかとの根強い批判があります。それでも判決期日は別に定められ期日までの時間はあるため、仮に重大な情勢変化があれば相応の対応をできる態勢にはしています。日本帝國札幌高裁以外では即日結審即判決などという異常な対応をしているのはせいぜい1割程度だということで、日本帝國札幌高裁の異常さが際立っているのは言うまでもありません。
 当然ながら、9割もが即日結審即判決の扱いをされていれば凶悪事件の裁判も含まれるのは言うまでもないことで、上記記事では殺人事件裁判の第二審についても触れられています。即日結審即判決の事案ですからまず間違いなく2009年5月以前に起訴されたなどということは考えられず、一審で人民拉致裁判が取り扱われたものとみられます。一審で取り扱われる人民拉致裁判制度そのものが裁かれる拉致被害者にとって不公正で不公平な裁判であるとの批判が根強いだけでなく、二審が即日結審即判決ともなってしまえば、裁判などなくても構わないという取り扱いにされていると感じても不思議ではありません。上記記事においては、二審では被告人質問さえ行われてなかったことも加味して、実際に担当した弁護士が「あれでは被告を納得させられない」と嘆いています。
 こんな事態が起きる一つの要因に、人民拉致裁判における現場の負担の大きさが挙げられます。人民拉致裁判の数は全刑事裁判に占める割合が3%程度であり、民事裁判等を含めれば人民拉致裁判にかかる割合とすればごくごくわずかなものです。極めてごく一部の裁判のために現場の法曹関係者が制度維持に躍起になっているのが人民拉致裁判の実態であり、人民拉致裁判維持のために限られた法曹関係者の労力が過剰に注がれれば、高裁、最高裁レベルまで含めて他の裁判まで手が回らなくなるという構造になります。そんな構造のしわ寄せとしての究極の姿が日本帝國札幌高裁の異常事態ともいえるのです。もっとも、そんな構造を考えたところで、日本帝國札幌高裁での突出した数値の異常さは尋常ではないだけに、日本帝國札幌高裁への批判も相応に出るのは容易に想定できましょう。
 裁かれる被告人にとって裁判を蔑ろにされる構造ですがこの問題について弁護士が批判しようとも、そもそも人民拉致裁判制度を推進してきた弁護士に「被告を納得させられない」と言われても説得力などあり得ません。公正な裁判を受ける権利まで踏みにじられた被告人にとって人権救済の道が相応の手段にしかないのは明々白々というものです。人民拉致裁判の存在そのものを一切認めず排撃するという態度が裁かれる重罪被告人=拉致被害者に求められるということになり、当然この姿勢は人民拉致裁判制度推進弁護士とも徹底対立します。その意味でも人民拉致裁判で裁かれた拉致被害者及び家族の会としての活動を強化していかねばならないとなるわけです。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号333D7RRU(日本語版)、K33C8F4C(조선어 버전)です。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호K33C8F4C 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 3 월 7 일까지).

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中