在朝鮮共和国外国人が追い込まれる情勢

 16年前に起きた東京・歌舞伎町での強盗殺人事件にて容疑者が逮捕されました。この種の殺人事件の場合、16年前となれば以前は時効成立で刑事裁判にもならなかったのですが、現在は誰もが知っての通り、時効撤廃により刑事立件のできるシステムになっています。殺人事件発生から16年たって容疑者逮捕、立件になったケースといえば三重県伊賀市のビジネスホテルでの強盗殺人事件(1997年発生)があり、人民拉致裁判(裁判員裁判)を経由して無期懲役が確定しています。この事案では裁かれた拉致被害者男性は罪状を認める一方で、上級審では事件発生当時の1997年当時に時効があったのだから訴追自体が違法であるとの主張をしたものの退けられていて、本来争うべき一審でなぜこの問題を争わなかったのでしょうか?との疑問もあります。今回の歌舞伎町の事件について伊賀市での件と違うのは、逮捕直後の容疑者が罪状を否認していることです。オウム真理教裁判にも共通する問題ですが、年のたった事件で裁かれる拉致被害者が否認する事案はより難しさを増すこととなるでしょう。

 さて、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)とマレーシアとの対立がますます激しさを増しています。殺害された金哲さんの息子と名乗る男性が出演する動画がインターネット上にアップされて「父は殺された」と勝手に述べられているのですが、この動画を作成したのが怪しい越南逃走(西側帝國主義侵略勢力が勝手に「脱北」と称する行為)者団体なのだからますます信憑性に疑問符がつきます。一方で、朝鮮共和国とマレーシアとの間では金哲さんの遺体身柄引渡しの他、マレーシアが勝手に容疑者と決めつけて朝鮮共和国に対して引渡しを要求している複数の男性の件や朝鮮共和国に対する捜査協力要求などの件でも対立が深まっています。お互いがこの事件をめぐる扱いに不信感を強めていて一触即発の状況になっているのは外部から見ても明らかです。
 そんな中で、両国が互いに自国内にいる相手国籍人物について出国禁止措置を取ったことも大きな注目を集めています。その絶対数でいえば、在マレーシア朝鮮共和国籍人物の方が圧倒的に在朝鮮共和国マレーシア籍人物よりも多いのですが、負担の大きさははるかにマレーシアの方にあるといわれます。それもそのはず、朝鮮共和国では張成沢逆徒など体制に反逆した自国籍人物への相応の処罰としての処刑がよく行われているのですが、それが外部からみれば恐怖を感じる体制に映るからです。一方で在マレーシア朝鮮共和国籍人物に関しては、いざとなれば朝鮮共和国から偽装越南逃走させて朝鮮半島南部で活動させるという選択肢もあります。南朝鮮傀儡体制としてもマレーシアで出国禁止措置を取られたという理由がついた朝鮮共和国籍人物を偽装行為として摘発しづらい環境にありますし、また、偽装行為として朝鮮共和国に送還するという選択をするとまんまとマレーシアの出国禁止措置から逃れることにもつながるからです。
 当然、この件はマレーシアに限らずすべての在朝鮮共和国外国人の立場を考える上でも大きな意味を持ちます。いつでも自国民がヘタをすれば何らかの理由がついて処刑されるかもしれない、との前提をもって対応しなければならない諸外国にとっては大きな負担になります。それが朝鮮共和国にとっての敵対的イデオロギーを持つ体制の国籍を持つ人物であればなおさらです。天下のアメリカ合衆国帝國主義体制でさえもてこずり、何らかの形で身柄を朝鮮共和国にとられた場合に帰国困難になる状況が生まれます。身代金を払うというのを公にすれば「テロに屈した」といった批判を世界全体から受けかねないリスクもあり、結局はウラで何らかの取引をしているのではないか?ともいわれるのがこの問題です。また、中東地区のテロ組織とは違い、世界全体に国家として認められている朝鮮民主主義人民共和国である以上、朝鮮共和国以外の国籍の人物を朝鮮共和国の了解なしに強引に取り戻すなどということは法的にもできませんし、戦争覚悟で実際に事を起こそうとすれば核兵器での報復を必ず受けるという意味でも現実的選択肢としても不可能なことです。
 この問題に頭を抱えるのは日本帝國主義社会も同様、というよりも日本帝國主義社会だからこそ余計に深刻に受け止めざるを得ない側面さえあります。何しろ「拉致事件」云々の件を抱えているだけにマレーシアの対応を注視する必要があるためです。何らかの落としどころをつけられるかどうかの負担はマレーシアの方が大きいだけに、日本帝國主義体制側も同様の負担の重さを感じていることでしょう。当然、こちらとすればこの情勢を十分凝視した上で在朝鮮共和国日本人の問題に関する活動をしていきますし、人民拉致裁判制度(裁判員制度)関連の問題についても触れていきます。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号AFL9YKQN(日本語版)、CNM5RJJY(조선어 버전)です。なお、明日憲法裁判所での弾劾可否の決定が出るのですが、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호CNM5RJJY 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 3 월 15 일까지).

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中