日常会話ファッショ暴圧可能化法の影響(2=革共同全国委)

 本日は、九州中部大震災(本サイトでは「九州中部大震災」と称する場合は現段階での最大地震となる2016年4月16日に起きたマグニチュード7.3の地震を指すこととします)の発端となった2016年熊本地震の最初の大地震が発生してちょうど1年になります。被災地の復興はなかなか進んでいませんし、また、阿蘇地方は急峻な地形に加えて地盤が弱く、大規模土砂崩れに巻き込まれた道路・鉄道インフラの復旧はめどさえ立っていない状況です。その関係もあって観光産業はまだまだ被災前の水準には程遠く、回復にも相当な時間がかかる見通しです。一方で、この地震では最初の震度7地震も規模が相当大きかったのに、さらに大きな地震が実質1日強後に起きたことも大きな衝撃を与えました。この地震を起こした断層帯は日本列島の主要断層帯にもつながっていることからも、近隣地域での大地震がまた起きることも懸念されています。九州で広く見れば、2005年にも福岡市近郊での大規模地震が起きたこともあります。当然、懸念されている東海・西日本太平洋沖大地震であり、首都圏直下大地震であり、日本全国いつでも起きることを前提にした備えをしていかねばなりません。

 さて、日本帝國主義体制国会にて日常会話ファッショ暴圧可能化(テロ等準備罪)法案について本日も触れたいと思いますが、今回も極悪ファッショ暴圧対象になりうる団体について考えます。その中でも直接的な意味で人民拉致裁判制度(裁判員制度)を考える上でも外せないのが革命的共産主義者同盟全国委員会です。というのも、この団体が人民拉致裁判制度の廃止実現を主張している一方で、1971年東京・渋谷での警察官殺人事件をでっちあげられて男性が指名手配されている状況もあるためです。人民拉致裁判制度に反対するのは、対象罪状で手配されている身内の人物を守る目的ではないのか?との批判を浴びないことが重要な意味を持つわけです。
 そして、さらに考えねばならないのが、日常会話ファッショ暴圧可能化法の対象罪状に司法妨害の類型があり、その中に組織的犯罪における犯人蔵匿罪が存在することです。1971年の渋谷での事件当時は組織犯罪処罰法がなかったこともあり、仮に1971年事件ででっち上げられた男性が拘束されたところで組織犯罪処罰法の適用はありません。また、現在の刑事法に照らし合わせて組織犯罪処罰法の適用対象になる人物を隠匿したとしても、オウム真理教事件における人民拉致裁判(裁判員裁判)に拉致された拉致被害者に対する組織的犯人蔵匿罪は適用されていないことからして、組織的犯人蔵匿罪の適用はされないと考えられます。ただし、凶悪事件における時効撤廃において、過去の事件当時では時効成立となる時期に逮捕された人物に対しても現在の時効撤廃法的環境を適用して訴追を有効とした判例が確定したように、現在ならば組織犯罪処罰法で訴追されるべき人物を蔵匿する行為について組織的犯人蔵匿罪を適用する方向に進まないとも限らないことは考えておく必要もあります。
 革命的共産主義者同盟全国委員会について日本帝國捜査当局が組織的犯人蔵匿罪を働いている団体と勝手に解釈した場合には、日常会話レベルでの常時監視対象になってしまいます。とりわけ、日本帝國主義犯罪的侵略支配層が人民拉致裁判制度廃止を主張する行為そのものを一切認めない手法で政策を推進している関係で、人民拉致裁判制度に公然と反旗を翻すのみならず人民拉致裁判対象罪で指名手配されている人物の逃亡を援助していると勝手に疑っている組織については、組織そのものを強制解体させるレベルのファッショ暴圧を働こうとまで考えて不思議ではありません。人民拉致裁判制度の存在に反対する思想そのものまでが組織的司法妨害につながる思想と勝手に決めつけられてもおかしくないのが現在の日本帝國主義社会の現状です。我々とすればそのような思想処罰につながる日本帝國犯罪的侵略支配層の本性と徹底的に対決していかねばならない立場にあるのです。
 日常会話ファッショ暴圧可能化法については社会的批判が今なお根強いことからしても、仮にまかり間違って政策が成立するような事態になったとすれば、日本帝國捜査当局とすれば勝手に犯罪組織と決めつける団体に対して適用していき実績を積み重ねることで社会的理解を得ようと画策することでしょう。その犠牲にされてしまうのが、まさしく「筋」関係者であり、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)であり、革命的共産主義者同盟全国委員会であったりするのです。現在日本帝國犯罪的侵略支配層が働いている態度を考えると、この連中が勝手に「犯罪組織」と決めつけるような態度そのもの自体も傲慢極まりないという他ありません。要は、この種のファッショ暴圧に負けずに組織的活動を継続すること以外に、日本帝國犯罪的侵略支配層の白色テロに負けない態度はとれないということです。

 この1週間は重要な105回目の太陽節週間ということで、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として4月15日に向けて、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号9RLC9A6T(日本語版)、6UDBAZJF(조선어 버전)です。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호6UDBAZJF 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 3 월 15 일까지).

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中