日本帝國主義社会全体への「懲罰行動」が必要だ

 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)から何かが飛んでくるとかの大騒動で日本帝國主義社会が異様なパニック発作状況を起こしています。日本帝國主義体制政府「国民保護」HPにアクセスが急増したとか、核シェルターが次々に売れているとかの事態も起きているようですが、実際に打ち込まれて小手先だけの付け焼刃で命を守れるなど保証はどこにもありません。こんな危険リスクを高める政権の姿勢を問いただす方がよほど安全保障には有用というものでしょう。それでも不安であるならば、どこかのサイトで見たのですが、朝鮮民主主義人民共和国最高指導者の肖像画を日本人全員で掲げることが最大の対策というのがありました。朝鮮共和国は最高指導者に向けて攻撃などできない、というのが大きな論拠です。

 さて、日本帝國主義体制復興大臣ならぬ復興妨害大臣だった今村雅弘逆徒が無残なオウンゴールを演じたことで、日本帝國トップの安倍晋三逆徒支持勢力も含め日本帝國主義メディアがさすがに全体で嘆息しています。そんな中で日本帝國自民党幹事長の二階俊博逆徒がこの事態に対して日本帝國メディアに責任転嫁を図るような言動を働き、ますます社会の怒りを浴びています。この発言はメディアによる批判云々の問題ではなく誰がどう見ても常識的な批判であり、だからこそ安倍晋三逆徒支持勢力日本帝國メディアからも糾弾されるのです。二階俊博逆徒も今村雅弘逆徒と同罪という以外にないというわけです。
 日本帝國主義体制経済団体連合会事実上機関紙である日本経済新聞から本日こんな社説が掲載され、2009年に日本帝國自民党への懲罰投票で政権の座から滑り落ちた経緯について指摘されています。しかし、この「懲罰投票」を悪い意味で反省して、2012年に日本帝國自民党はますます悪質な反人民的性格を強化して政権の座に復活してしまいました。折しも、日本国内唯一の対抗勢力だったはずでこの3年間政権を担っていた日本帝國民主党(現在の日本帝國民進党)への「懲罰投票」がこんな事態を招いてしまったわけですから、日本帝國自民党以外に選択肢がなくなってしまう、という日本国民にとっての「人権ツンドラ」社会のさらなる悪化につながったという他ありません。それに加えて、日本帝國自民党内も安倍逆徒による露骨な人事政策により、安倍逆徒への抵抗勢力がますます弱体化しているのだから「アベなのか、それともアベなのか、さもなくばアベなのか」の社会構造そのものがますます悪い意味で強化されて至極自然です。
 日本帝國メディア全体がそもそも「アベなのか、それともアベなのか、さもなくばアベなのか」の社会構造を作り出した元凶なのだから、上記記事のような2009年「懲罰投票」云々を述べる資格などあったものではありません。むしろ2012年の「懲罰投票」により日本社会の「人権ツンドラ度」をますます悪化させた社会構造を批判していかない限り、日本社会全体の人権ツンドラぶりが改善されるはずもありません。要は、いざとなれば日本帝國犯罪的侵略支配層総翼賛にて、不正行為も乱発してまで推進するような人民拉致裁判制度(裁判員制度)のような国家統治根幹政策がまかり通るようなシステムそのものを根幹からひっくり返すことを実現できて初めて、日本帝國主義社会システムの人権ツンドラぶりが改善されるというものです。人民拉致裁判制度は日本帝國最高裁も不正推進行為に手を染めていますから、司法手続による人権救済が不可能であることも付け加えて、相応の行動をする以外にないということになります。
 上記記事のような「日本帝國自民党への懲罰投票」をしたところで、数年後にはもっと悪性の日本帝國自民党政権が樹立されてますます日本社会の人権ツンドラぶりが強化されることを見越しておかねばなりません。ですから、我々に求められるのは「日本帝國自民党への懲罰投票」ではなく「日本帝國主義社会全体への懲罰行動」です。思えば、1945年の無残な敗戦を真摯な意味で反省しない日本帝國犯罪的侵略支配層の本性が現在の政治情勢にそっくりつながっているという他ないわけで、結局は悪政を働くだけ働いて、その悪政が破綻すれば最終的に末端の人民に責任転嫁するという構造が今なお続いているわけです。そんなシステムを根本的レベルから有効な意味で転覆させることを実現して初めて政治問題を論じる土台が出来上がるということになるのです。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中