日常会話ファッショ暴圧可能化法の影響(11=弁護統制)

 森友・加計両学園問題での内部告発だとか、有名ジャーナリストからの強姦被害を受けた女性による告発など、最近権力を持った人物による横暴に対する告発が話題になっています。これらの告発行為はともすれば権力側に握りつぶされたり、あるいは、権力が圧力をかけて当事者の社会生活の平穏を著しく侵害するようなことも多くあります。とりわけ、日本帝國主義社会ではこの種の内部告発に対して組織に反発したとして逆に裏切り者扱いされる風潮のきわめて強い体質があり、内部告発者に対する保護が不十分だともいわれます。逆に言えば、こんな内部告発潰し体質の根深い社会だからこそ、いざとなれば日本帝國主義侵略的支配層総翼賛によりいざとなれば人民拉致裁判制度(裁判員制度)を不正行為も厭わず推進できるともなります。日本帝國最高裁まで手を染めた、政策の推進にあたって働かれてきた不正行為を一体どこに告発すればよいのでしょうか?要は、相応の効果をもたらす実体的な情勢を作り出す以外に方法はないわけです。

 さて、昨日から日本帝國主義体制参議院にて暴圧審議入りしてしまった日常会話ファッショ暴圧可能化法(テロ等準備罪と称する共謀罪)案ですが、現代の治安維持法といわれてきたことは多くの人民の知るところとなりました。そこで過去の治安維持法にあたってどんな運用がされていたのかを考える上で見過ごすことのできない問題があります。それは、この法律により訴追された場合に私選弁護人をつけることが禁じられ、国選弁護人による弁護を条件とした運用です。これは、法律制定当初からの運用ではなく、初期の治安維持法違反事件裁判での弁護活動に対する政権側の体制転覆危機感から1941年の法改悪により実施された経緯です。
 治安維持法時代の弁護統制問題と今回の日常会話ファッショ暴圧可能化法を重ね合わせて論じざるを得ないのは、現にその準備工事が人民拉致裁判制度(裁判員制度)とセットになった司法制度改悪にて取り行われてしまっているからで、それがまさしく「法テラス」と称する国選弁護組織です。人民拉致裁判対象となる重罪事件で裁かれる拉致被害者の場合大半は資力がなく「法テラス」系弁護士による国選弁護になるのですが、一方で人民拉致裁判対象事案でもいわゆる政治事件となれば思想的見地から私選弁護士を依頼するケースもあり、この際に弁護方針が国家にとって都合が悪いという事態につながったりもします。現在の刑事裁判ではあくまで裁かれる拉致被害者の「任意」で国選弁護の依頼をしている形になるのですが、これは当事者に資力がないから可能なものであり、資力のある拉致被害者が多く裁かれる時代にもなれば条件が変わってくることもあり得ます。
 その意味で考えねばならないのが、人民拉致裁判制度について日本帝國主義体制支配集団が制度に反対する考え方そのものを実質的に一切認めていない姿勢です。裁かれる拉致被害者側から人民拉致裁判そのものに反対するという考え方が出てきて、その依頼に基づく弁護活動を拉致被害者側から徹底して要求するような裁判が次々に現れてくるような事態になれば、日本帝國主義人民拉致裁判推進勢力が相応の対策を取らざるを得なくなるでしょう。ここで出てくる思想が昭和戦争時の治安維持法でも働かれた弁護活動統制です。人民拉致裁判の存在そのものに反対する弁護活動は一切認めないといった思想だけでも出てくれば、それは弁護活動全般への統制に歯止めが利かなくなるのは見え透いています。日本帝國主義国家体制にとって弁護活動の思想そのものが都合が悪いとなれば、弁護活動そのものを犯罪視するといった発想につながっても不思議ではないのです。
 現実に、昭和戦争時の治安維持法体制下では、治安維持法刑事事件における国選弁護強制制度導入以前から、弁護活動そのものを治安維持法違反で摘発する事例が相次いでいました。特異な政治思想を論拠とした治安維持法問題であろうとも、刑事弁護活動が一つ犯罪視されてしまえば刑事弁護全般に悪影響が及んだのは当然です。現在の日常会話ファッショ暴圧可能化法案においても、このとんでもないファッショ悪法により訴追された場合に大変な憲法・政治問題に発展するのは間違いありません。これは少し前の拉致失踪合法化・対アメリカ合衆国帝國主義体制絶対追従法(特定秘密保護法)にも共通する問題ですが、刑事訴追そのものについて大変な憲法・政治問題になるのを恐れる体制側にとって、自らの望む弁護方針だけを容認するための政策を導入する動機が出てくるのです。日常会話ファッショ暴圧可能化法ができるかどうか以前から、弁護統制問題についての知識を人民レベルで深める必要もある、というわけです。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中