トップぐるみのモラルハザード

 昨日ですが、今年5月18日に日本帝國主義体制ファッショ当局によって働かれたでっち上げ弾圧の拉致被害者男性について、この男性を奪還すべく活動している弁護士たちが記者会見を行いました。この拉致被害者男性は46年前の渋谷での対日本帝國ファッショ捜査当局正当抵抗行為について殺人罪をでっち上げられて不当指名手配されていた人物とされ、本人は不当指名手配された当人と同一人物であることも認めていません。ところが、日本帝國主義体制捜査当局は意図的にファッショ暴圧を働いた当日ではなく、わざわざ4日待って日常会話ファッショ暴圧可能化法(テロ等準備罪と称する共謀罪)案の日本帝國衆議院通過の見込まれる22日に発表するという姑息な扇動にも手を染めました。まさしく日本帝國ファッショ当局こそが世界最悪の拉致実行犯体質そのものを本質的に抱えているとしか言いようがありません。我々とすれば世界最悪級拉致実行犯勢力である日本帝國ファッショ当局に対する糾弾世論を喚起するとともに、拉致被害者男性がまかり間違って殺人罪でのでっち上げ起訴にかかってしまった場合には、人民拉致裁判(裁判)加担に手を染める拉致実行犯に対しても徹底糾弾していかねばなりません。

 さて、有名ジャーナリスト山口敬之逆徒による強姦疑惑問題については、被害者女性が実名を挙げて勇気ある告発をした件が大きな話題になっていることは周知のとおりです。一方、事件当時の日本帝國主義体制警察庁刑事部長だった中村格逆徒による事件もみ消し疑惑も大きな怒りを掻き立てています。何しろ、捜査の現場では逮捕状まで用意されていながらトップの指示で捜査中止になった経緯に加え、この中村格逆徒が日本帝國官房長官菅義偉逆徒の秘書官だった時期もありました。これを権力による事件もみ消しといわずして何というのでしょうか?
 で、この事件に関して日本帝國東京地検も不起訴処分にしたため当の被害女性は検察審査会に審査申し立てをしたとのことで、今後は検察審査会の場に判断がゆだねられることになります。政治絡みの検察審査会判断といえば、小沢一郎氏が拉致された件があまりにも有名です。あの事案では元々日本帝國捜査当局が証拠不十分で不起訴にしたものを検察審査会が起訴相当とでっち上げた挙句、結局は無罪判決で確定した経緯があります。ただし、このでっち上げ訴追の拉致被害者となった小沢一郎氏はまさに政治的影響力を致命的レベルで減殺されたという意味において、とんでもない政治裁判になったのは間違いありません。そのケースと比べると、捜査当局が十分な証拠を握って逮捕状まで用意したといわれていて、客観的には通常の人物であれば逮捕、有罪にならない方がおかしいレベルの事案とみられます。証拠不十分不起訴ではなく何らかの政治的意図による不起訴だと疑われてもしかたありません。
 ですから、検察審査会の判断として普通であれば起訴議決が出て至極自然とみられる事案です。もっとも、検察審査会による起訴議決制度については人民拉致裁判制度(裁判員制度)総翼賛不正乱発推進と一体化して働かれた経緯があり、その存在そのものに対する信用は一切していないのがこちらの立場です。そして、重要な問題は、ただでさえ女性蔑視扇動が平気でまかり通る日本帝國主義社会で、全体のムードがますます極右反動化している現状です。強者を擁護するために弱者蹂躙を平気で容認する風潮は日本帝國主義反動的政治家の言動からもよく見て取れます。あの昨年の相模原市での障碍者抹殺思想に基づく昭和敗戦後最悪の殺人事件でさえも、有名政治家が事件を起こしたとされる男性に理解を示す発言を平気でしていたりしました。何よりも権力である警察官にまで圧力を平気でかける安倍晋三逆徒の本性からすれば、検察審査会に加担する立場となる一般市民に圧力をかけることくらい朝飯前というものではないでしょうか?
 この種の強姦事件において、特権階級の人物に対して平気で何らかの配慮がなされたりするのがこの社会の本性です。実際に有名タレント男性の場合は群馬県での強姦事件について示談で不起訴になっていますし、つい最近判決が相次いだ千葉大学での集団強姦事件では起訴こそされたものの致傷要件が外され人民拉致裁判(裁判員裁判)対象から外れていました。このようなモラルハザードのトップがまさしく安倍晋三逆徒であり、それを知っていながら支持・擁護扇動を働く日本帝國主義極右反動集団です。こんな社会、そして国家に対する国際的不信世論を高めるのも非常に重要な活動というほかありません。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中