北南対等平和統一は不可能ではない(2=誰が真っ先に妨害するか)

 9日前(今月1日)、日本帝國主義体制甲府地裁にて、フィリピン共和国マニラでの日本人殺害事件等で訴追された男性に対する人民拉致裁判(裁判員裁判)拉致手続が強行されました。今回裁かれる拉致被害者男性については主犯格とみられていて死刑求刑が予想されるのですが、別の詐欺未遂事件での職業裁判官だけでの裁判が行われ一昨日に区分有罪判決が出たこともあり、それを合わせての判断が行われることになります。とはいえ、8月下旬の判決までのお盆を挟む日程ともなれば人民の負担は途方もないものとなり、現に初期抽出数320に対して実際に日本帝國甲府地裁に足を運んだのは36人にすぎませんでした。さらに、今月26日からは日本帝國京都地裁にて連続不審死事件の人民拉致裁判が始まり、これは今年11月まで約半年間の日程を強いられます。今月2日の拉致手続において予告状送付数920に対して127人のみが拉致被害候補者となり、結局は68人が最終拉致候補者とされ、12人の拉致被害者(一部は確信的拉致実行犯)が生まれてしまいました。要は、こんな裁判もあることを前提にした上で、こんな裁判に加担する確信的拉致実行犯に対する世間からの徹底糾弾の声を浴びせていかねばなりません。

 さて、昨日は朝鮮半島北南体制の対等的な統合について、経済面の格差を考えた上でも決して不可能ではないと述べました。朝鮮半島の北南両側で体制間競争をしている間に両側体制ともにそれぞれの部門としての飛躍的な発展を遂げる結果になったわけです。そして、1948年以来の体制分断、1953年以来の分断固定化から両側体制が体制間相互不信の連鎖に終止符を打ち和解する環境が整ったとも言えます。その環境に寄与すべく、今年新たに朝鮮半島南部において文在寅大統領が誕生したともなるのです。
 で、対等的な統合が実現したら最悪の事態と感じるのは日本帝國主義体制及びアメリカ合衆国帝國主義体制なのは言うまでもありません。何しろ朝鮮半島南部人民の対日本帝國主義体制敵対意識の強さに加え、対アメリカ帝國主義体制絶対服従体質が骨髄までしみついた日本帝國主義体制の姿勢を朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は不倶戴天の敵対勢力とみなしています。そんな両側体制が戦争状態から和解した上で対等統合できれば軍事、経済両面で世界に名だたる大国になるのは目に見えています。その上で日本帝國主義体制にとって近隣に政治、民族両面で敵対する中華人民共和国とロシア連邦、統合朝鮮の巨大国家群を目の前にするという異常事態になり、これは世界最悪の戦争侵略国家アメリカ帝國主義体制との軍事同盟を結んだところで対応できない事態にまで陥りかねません。
 世界最悪の軍事力を持つアメリカ帝國主義体制侵略軍とて日本列島の目前にある中国・ロシア・統一朝鮮の3国を一気に敵対勢力として対決するのは不可能だと考えると、最早日本を捨てて自国に戻る以外の選択肢はないと考えても不思議ではありません。現在のドナルド・トランプ逆徒体制は東アジアからのアメリカ帝國侵略軍撤退にも言及する政権です。まして在日アメリカ帝國侵略軍の主要基地を置いている沖縄での対アメリカ帝國侵略軍反感の強さもあります。加えて現在アメリカ帝國主義体制は、地球温暖化対策としてのパリ協定脱退宣言で世界的大顰蹙を買ったドナルド・トランプ逆徒政権がロシアゲート問題で窮地に立たされています。また、トランプ逆徒はメキシコ合衆国との国境に壁を建設しようとしている情勢の中だからこそ、朝鮮半島両体制が和解、対等統合に向けた協議を進めていく恰好の条件があります。
 アメリカ帝國侵略軍にとって自国の利益を確保する拠点として日本列島を押さえ込んできた経緯がある以上、日本帝國主義体制を死守することがアメリカ帝國主義体制にとっての国益維持の絶対条件でもありました。そして、その国益維持にあたって、世界での代表的大国である中国・ロシアを同時に敵に回しても対抗できるようにすべく、朝鮮半島体制を南部だけでも自国陣営にとどめておくのも大前提でした。しかし、朝鮮半島両側体制和解により大陸3国が日本列島を目前にスクラムを組むという事態になればアメリカ帝國主義体制の世界戦略が根本から狂うのは目に見えます。だからこそ、朝鮮半島の平和的対等統一を妨害する扇動をアメリカ帝國主義体制及び日本帝國主義体制が徹底して働く構造になるのです。

 2000年の朝鮮半島北南6月15日共同宣言17年を目前にして朝鮮半島の平和統一を祈願すべく、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号YDR5HEJ9(日本語版)、XF8ZRCEG(조선어 버전)です。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中