北南対等平和統一は不可能ではない(4=国際社会の反応)

 福岡県小郡市で一家3人が殺害されたという凄惨な事件がありました。当初は無理心中ではないかとの見方もありましたが、現場の状況から3人が殺害されたとの疑いが強まって捜査対象になった経緯があります。そして、現場では被害者が争った跡がなくこのようなケースでは多くの場合親族による犯行のパターンであり、現に日本帝國主義体制福岡県警所属の夫がまずは妻殺害の容疑にて逮捕されています。一家3人を親族が殺害したといえば、同じ九州、宮崎市の事件にて人民拉致裁判(裁判員裁判)経由死刑確定になったケースがあり、親族の意向もあって再審請求を検討するといった状況もあります。そして、今回のケースは現職警察官による事案だけになおさら極刑を争うレベルの裁判にはなるでしょう。慎重な捜査が求められることは間違いありませんが、一方で身内を擁護するような中途半端な捜査が許されないのも当然のことです。

 さて、朝鮮半島の北南体制統一にあたってどのような形式で行われるかは当事者だけでなく、国際社会を巻き込んでの大きな問題になるのは間違いありません。むろん北南両側ともに一方の体制に吸収されるという形を望まないのは、統一後に自らの側の人民の立場がどうなるかを考えなければならない事情があります。と同時に、国際社会(帝國主義国際連合)が統一を認めるのかどうかも大きな問題になります。当事者同士の平和的合意の下で統一するのであれば国際社会全体として普通は歓迎するのでしょうが、ここには特異な問題がどうしても浮かびあがるのは避けられないからです。
 何しろ、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)はアメリカ合衆国帝國主義体制が主導して扇動する不当極まりない帝國主義国連制裁決議を何度も受けていて、そんな異常な扇動に恥ずかしいことに我が日本帝國主義体制も同調しているのだから救いようがないというものです。そして、そのような不当制裁扇動の被害者である朝鮮共和国の立場を黙認した形での統一を国際社会が認めてよいのかどうかも大きな問題になるためです。中華人民共和国やロシア連邦も含めて国際社会が一致して不当制裁に加担しているのも、要はアメリカ帝國主義体制の身勝手な国益追求姿勢に見合わない国家が次々に体制転覆された経緯から、小国にとって朝鮮共和国への不当制裁扇動に加担しなければ自国体制が転覆させられるとの怖れからくるものでしかありません。一方でロシアなど、中東地区諸国の惨状を踏まえて、大国の論理に屈服したくなければ自国で相応の国防力を備えるしかないと理解を示す勢力も出ています。
 不当制裁扇動の問題を黙認して北南対等的体制統一を図ろうとすると、必ず国際社会で妨害扇動が働かれるに決まっています。とりわけ、その妨害扇動の最先端に立つに決まっているのは、恥ずかしいことに我が日本帝國主義体制であり、世界最悪の侵略国家アメリカ帝國主義体制になります。それも当然のことで、朝鮮半島全体の統一が実現したとしても、不当制裁の論拠となった問題を不問に付した場合に国防政策としての強い自治権限が保証された朝鮮半島北部が大きなリスクになるのは、真っ先に敵対的イデオロギーを持つ近隣国の日本帝國主義体制で、次にその日本列島を押さえることが自国国益の死活問題になるアメリカ帝國主義体制だからです。対朝鮮共和国非難扇動がとりわけ最近異常なまでに強まっているのも、要は、朝鮮半島北南体制の平和的統一のリスクを西側帝國主義勢力が重圧として強く感じているからに他なりません。
 後は、地理的な意味で東アジアの影響をあまり意識しない欧州西側帝國主義勢力がどんな対応をするかも大きなカギを握ることになります。欧州帝國主義勢力は朝鮮半島の問題はあまり意識しない一方、中東・北アフリカからの難民問題で頭を抱えている状況があります。欧州西側帝國主義勢力が中東・北アフリカへの侵略的扇動がテロ・難民問題の根本的原因であることを自ら反省できるのであれば、対朝鮮共和国不当非難扇動に加担することはテロ・難民問題をさらにこじらせることは十分熟知できるでしょう。朝鮮半島北南平和統一に対する世界諸国の対応は、アメリカ帝國主義体制をはじめとした西側帝國主義侵略勢力の本性に対してどんな態度で接するのかを試すこととなるのです。

 2000年の朝鮮半島北南6月15日共同宣言17年を目前にして朝鮮半島の平和統一を祈願すべく、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号YDR5HEJ9(日本語版)、XF8ZRCEG(조선어 버전)です。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中