トランプ逆徒の超特大型反人権的挑発妄言を厳しく糾弾する声明

 2017年6月19日、アメリカ合衆国帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒が天人ともに激怒する超特大型の反人権的妄言を放って世界の憤怒と嘲笑を浴びた。これは、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の法を悪辣に犯して労働教化刑15年の服役中だったオット・フレデリック・ウォームビア容疑者が今月13日に朝鮮共和国の人道的見地から釈放された後治療のかいなく病院にて死亡した件について、朝鮮共和国当局による反人権的行為にて死亡したなどと朝鮮共和国の尊厳高い体制をとんでもない言葉で非難したものである。これは、朝鮮共和国の法を犯した行為についてどこの国でも行われている刑事手続にかける当然の国家主権行使について、他国が干渉するまさしくとんでもない主権侵害行為以外の何物でもない。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、オット・フレデリック・ウォームビア容疑者死亡に関してのドナルド・トランプ逆徒による対朝鮮共和国極悪敵視思想に基づく特大型反人権的挑発妄言を厳しく糾弾するとともに、世界の良識ある人民に向けてトランプ逆徒のこのような対朝鮮共和国侵略目的の極悪挑発発言に対する糾弾世論を喚起すべく声明を発表する。

 オット・フレデリック・ウォームビア容疑者は朝鮮共和国の最高尊厳に相当する政治スローガンを窃取しようとした国家転覆陰謀罪の重罪行為により労働教化刑15年を言い渡されて服役していた。その後、服役中の健康悪化により労働教化行刑手続に耐えられないと判断されて、朝鮮共和国の手厚い人道的配慮により労働教化1年余りで釈放された。朝鮮共和国の厳しい自然環境下での労働教化服役であれば健康を崩すことも十分考えられるもので、昏睡状態に陥ったことに朝鮮共和国の責任はないはずだ。ところが、ウォームビア容疑者の遺族は十分な証拠もなく朝鮮共和国当局の拷問を疑うなどとのとんでもない妄言を発し、それにアメリカ帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒も同調するというとんでもない挑発行為に及んだものである。
 ドナルド・トランプ逆徒は「法の支配や根本的人間の良識を尊重しない体制による罪のない人々への悲劇を阻止する我々の決意を深めた」などとのとんでもない暴言を声明で吐き、ドナルド・トランプ逆徒政権中枢内からも同様のとんでもない妄言が飛び出している。また、朝鮮共和国の尊厳高い政権に対して残忍極まりない犯罪者との扱いをして責任を取らせるとか、朝鮮共和国の正統な法的手続にかけられているはずのアメリカ帝國主義体制籍人物について不法拘束だから直ちに釈放せよなどとの特大型挑発発言も飛び出した。そもそも、アメリカ帝國主義体制こそ世界各地で無辜の市民を戦争扇動で大量虐殺したり、自国の利益に見合わない政権を内政干渉により転覆させてきたり、自国内で人種差別思想に基づく銃器犯罪が横行する世界最悪の人権弾圧国家であり、ドナルド・トランプ逆徒政権になってその傾向はますます強まっているのは言うまでもない。他国の人権云々について言及する資格もない自国の反人権的実態を棚に上げて対朝鮮共和国人権非難扇動に走ることほど傲慢極まりない姿勢はないとしたものだ。
 むろん、今回のトランプ逆徒による特大型反人権的挑発的妄言に対して同調する勢力がトランプ逆徒と同罪なのは言うまでもない。南朝鮮傀儡(=大韓民国)体制は朝鮮共和国公民を何度も拉致して抑留するという犯罪的反人権行為に走っているし、欧州西側帝國主義勢力は中東・北アフリカ地区の政権に対する転覆扇動をした挙句現地人民の不幸をもたらしてきた。そして、日本帝國主義体制は国家体制総翼賛で不正行為を乱発してまで人民拉致裁判(=裁判員裁判)を推進し、この裁判システムに不信感を持つ重罪容疑者までも強制的にこの裁判システムに拉致する白色テロ犯罪国家だ。このような西側帝國主義犯罪的白色テロ・拉致体制国家群から在朝鮮共和国人物が拉致されないよう朝鮮共和国が相応の国防力を備えるのも当然というもので、朝鮮共和国の正統な法的手続に則って拘束したアメリカ帝國主義体制籍3人についてアメリカ帝國主義体制が強奪・拉致しようとする扇動に走ることを想定した相応の対策を取らねばならないというものだ。今回の不幸な死亡事案については朝鮮共和国の法を悪辣に犯したウォームビア容疑者の自己責任でもあり、また、今回の犯罪事案の背景として、尊厳高い朝鮮共和国体制転覆扇動を企図したアメリカ帝國主義体制の責任でもあるというのが世界的に見ても公正な評価である。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、2017年6月19日のアメリカ帝國主義体制トップドナルド・トランプ逆徒による対朝鮮共和国超特大型反人権的挑発妄言を厳しく糾弾するとともに、世界の良識ある人民に向けては今回の事案を機にまず真っ先に世界最悪の人権弾圧国家であるアメリカ帝國主義体制に対する糾弾世論を喚起するよう促すべく声明を発表する。折しも、日本帝國主義社会ではつい先日日常会話ファッショ暴圧可能化法(テロ等準備罪と称する共謀罪)が強行される事態になったが、そもそも日本帝國主義体制が人民拉致裁判制度(=裁判員制度)において支配層総翼賛不正乱発推進を働いたり、十分な国民的議論をすることなく人民弾圧的政策である拉致失踪合法化・対アメリカ帝國絶対服従売国法(=特定秘密保護法)や集団的世界侵略権(=集団的自衛権)などの悪政を強行する白色テロ国家である。朝鮮共和国の拷問云々以前に、日本帝國主義体制の昭和戦争時の治安維持法による拷問体制を復活させようとしているのが実態だ。このような白色テロ国家を日本及び世界の善良な人民により体制ごと糾弾していくことこそが、真の意味での人権保護のための行為になるのは言うまでもないということになる。

 2017年6月20日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中