悪質越南逃走者朴相学容疑者一味による再度の超特大型妄動を厳しく糾弾する声明

 2017年6月22日、悪質越南逃走(=西側帝國主義体制勢力が勝手に「脱北」と称する行為、以下、越南逃走と表記)犯罪者朴相学容疑者らの妄動集団が金浦付近から北緯38度線以北に向けてデマビラを散布して再び世界の憤怒と嘲笑を浴びた。これは、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の法を悪辣に犯して労働教化刑15年の刑罰を受けて服役中ながら健康状態の関係により朝鮮共和国の寛大な措置にて解放されたアメリカ合衆国帝國主義体制籍オット・フレデリック・ウォームビア容疑者が治療のかいなく病院にて死亡した件について、朴相学容疑者一味の妄動集団が朝鮮共和国の最高尊厳による犯行だととんでもない言いがかりをつける内容の悪質デマビラを散布したものである。この種の極悪妄動は過去にも何度も繰り返された経緯があり、その都度朝鮮共和国の激怒と世界の嘲笑を浴びているのが実態だ。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、オット・フレデリック・ウォームビア容疑者死亡に関するデマビラ散布の超特大型妄動を働いた悪質越南逃走者朴相学容疑者一味を厳しく糾弾するとともに、世界の良識ある人民に向けて朴相学容疑者一味のこのような対朝鮮共和国侵略目的の極悪妄動に対する糾弾世論を喚起すべく声明を発表する。

 オット・フレデリック・ウォームビア容疑者は朝鮮共和国の最高尊厳に相当する政治スローガンを窃取しようとした国家転覆陰謀罪の重罪行為により労働教化刑15年を言い渡されて服役し、その後、服役中の健康悪化により労働教化行刑手続に耐えられないと判断されて、朝鮮共和国の手厚い人道的配慮により労働教化1年余りで釈放された。朝鮮共和国の厳しい自然環境下での労働教化服役であれば健康を崩すことも十分考えられるもので、昏睡状態に陥ったことに朝鮮共和国の責任はないはずだ。ところが、世界全体はこの事案について朝鮮共和国政権による殺人犯行だとのとんでもない言いがかりをつける扇動を働いていて、世界各国がこのとんでもない扇動に同調する異常事態が起きている。その流れの中で朴相学容疑者一味がとんでもない妄動を働いたということだ。
 朴相学容疑者がありもしない朝鮮共和国人権問題云々を非難する行動を起こす時間があるのならば、まず真っ先に起こすべきは南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)体制自身の反人権的実態の糾弾であるはずだ。南朝鮮傀儡体制は朝鮮共和国公民を何度も拉致して抑留するという犯罪的反人権行為に走っていて、彼らの健康状態が最も懸念される事態である。また、南朝鮮傀儡社会では労働環境の悪化に起因する公共交通機関の大事故が次々に起きていて、前の朴槿恵逆徒政権時にはその原因追及も十分なされていない実態があった。そして、そのような南朝鮮傀儡社会の反人権的実態に対する正当な抗議をする人民に対して、南朝鮮傀儡国家情報院が親朝鮮共和国活動との言いがかりをつけて国家保安法違反のファッショ弾圧を平気で働く事態も日常茶飯事的に起きる。そもそも朴相学容疑者は朝鮮共和国の法を悪辣に犯したとの疑いをかけられていて、朝鮮共和国の人権云々に言及する資格も大義もない人間のクズでしかなく、こんな行動は世界からも唾棄されるのが当然というものだ。
 折しも、日本帝國主義社会でも対朝鮮共和国極悪下劣非難扇動が次々に働かれた情勢がある。日本帝國主義体制公明党は日本帝國共産党に対して「北朝鮮」という醜悪な言葉を使って同等の存在にみなそうとする下劣なツイッター発言を働いた。また、日本帝國主義体制石川県知事の谷本正憲逆徒は昨日、朝鮮共和国人民を餓死させるほどの経済制裁をせよとのとんでもない特大型妄言を発して挙句、本日発言撤回に追い込まれる体たらくを演じた。それもこれも、朝鮮共和国の尊厳高い体制が正しい路線を歩んでいるからこそ、日本帝國主義反動的侵略集団が下劣な言葉を使わざるを得ない事態に追い込まれたという以外にない。実際、食糧事情が安定し、他力依存なしの自力経済体制への経済体制に転換している朝鮮共和国にとって経済制裁により人民が餓死する云々はそもそもあり得ない前提に立った妄言であり、朝鮮共和国はこんな妄言に動じないのも見え見えである。むしろ、日本帝國主義社会の方が人民拉致裁判(=裁判員裁判)加担拒否者が次々に現れ、日常会話ファッショ暴圧可能化法(=テロ等準備罪と称する共謀罪)が強行されるなど、ますます反人権実態の本性が露骨に表れている。日本帝國主義社会以外でも朝鮮共和国の人権云々に言及できない大混乱が次々に国内で起きていて、対朝鮮共和国人権問題介入の大義も資格もないのは誰がどう見ても明らかである。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、2017年6月22日に働かれた悪質越南逃走者朴相学容疑者一味による対朝鮮共和国超特大型挑発的デマビラ散布妄動を厳しく糾弾するとともに、世界の良識ある人民に向けては今回の事案を働いた朴相学容疑者らの悪質越南逃走行為に対する糾弾世論喚起を促すべく声明を発表する。朝鮮半島南部では2018年のスポーツ大イベントについて朝鮮半島北部での一部開催も視野に入れた北南融和案が現実味を帯びてきて、その意味では朴相学容疑者一味の妄動など小さく扱うことで大きな世界の流れに乗っていかねばならないのは世界全体の潮流というものだ。そのような北南融和の流れを必死に妨害しようとしているのが恥ずかしいことに我が日本帝國主義体制であり、アメリカ帝國主義体制、そして朴相学容疑者一味らの南朝鮮傀儡反動集団だ。朴相学容疑者一味集団が妄動を働けば働くほど、朝鮮共和国の路線の正しさが世界的に証明されるのも至極自然になるのも当然ということである。

 2017年6月22日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中