大規模災害を想定していなかった当初の制度設計

 日本帝國主義体制警視庁の赤羽駅前交番に「夫を殺害した」と出頭した女性に対して、虚言だと思い込んで詳しい事情を聴かなかった件が波紋を広げています。この交番は日本帝國警視庁赤羽署に女性が向かうよう指示したのですが、日本帝國警視庁赤羽署も詳しい事情を聴かずに2度も帰宅させたとのことです。その後その女性は埼玉県内の自宅から夫の遺体が発見された件を受けて死体遺棄容疑にて日本帝國埼玉県警に逮捕されているのですが、仮に殺害が事実だとすれば人民拉致裁判(裁判員裁判)にもなりうる重罪事件です。このレベルの案件について虚偽だと思い込んだ対応をするのは、いわば職務にあたる緊張感を十分持っていないからこそ起きることだと言わざるをえません。国家統治の根幹に関わる職業においてこのような不祥事が起きるのは、日本帝國主義社会全体の緩みと無縁ではないように思えて仕方ありません。

 さて、ご存じのように、九州北部・中国地方で大変な豪雨災害が発生して甚大な被害が出ていて、被災者の皆様には心からお見舞い申し上げます。この種の豪雨災害といえば茨城県常総市とか広島市などで最近起きたのを思い浮かべた方も多いと思いますが、いずれも同じ場所に活発な雨雲をもたらす「線上降水帯」が原因になっています。突然猛烈な雨が降り出すことで準備もできずに被害に遭うケースもありますし、この種の「線上降水帯」の起きやすい地形は山沿いの地域が多いため、土砂災害や河川氾濫と併せて被害を大きくしやすい側面もあります。この地域はただでさえ豪雨被害の多い地域でもあり、最近の気象傾向も踏まえるとますますこの種の被害が大きくなりやすいのが懸念されます。
 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾の立場からすると、この政策はこの種の自然災害に対してますます脆弱化させるシステムとみなす以外にありません。昨年の九州中部大震災(2016年熊本地震)のように都道府県庁所在地が大規模被災して当面裁判ができなくなくなったケースと違い、今回のケースはある程度の予想はできる風水害だったことも指摘しなければなりません。日本帝國福岡地裁本庁では現に人民拉致裁判も行われてもいました。このような環境下では日本帝國地裁側が予め裁判を延期するか、人民側から大規模災害発生の懸念があるという理由で人民拉致裁判から足を洗うという意向を示した場合に柔軟に対応するといった姿勢を示してくれなければ、とても安心して裁判に加担できるものではありません。予想できる天災だったにも関わらず当局側が何の予防的対応をしなかった結果、大規模災害に巻き込まれたというのでは人民は泣くに泣けません。
 今回の豪雨被災地を管轄する裁判所は日本帝國福岡地裁(人民拉致裁判においては小倉支部も含む)と日本帝國大分地裁ですが、比較的県庁所在地付近及び小倉地方はそれでも被害が少なかった方です。即ち、従来の裁判官裁判であれば本当の近隣地域に在住している専門家で対応できるケースが多いためこの種の災害に対して深刻な影響を及ぼすことは少ないのですが、人民拉致裁判体制下では今回の豪雨被災地からも人民を拉致しているため途中で裁判に加担できなくなる事態が出てきたり、そもそも拉致手続当日に自然災害が起きたら裁判そのものの延期を余儀なくされるケースも起きます。また、今回特に被害の大きかった地方にも結構な数の人民が生活していますので、今回のような大災害において被災者になった方が人民拉致裁判に加担している可能性も高くなります。日本帝國地裁本庁は被害が少なくとも、遠隔地在住人民拉致裁判加担者が多数被災したということで裁判延期という事態も考えられるわけです。
 人民拉致裁判法律の最新版では大規模災害被災地について一律に拉致予告状送付対象から一定期間外すという対応をする旨が明記されています。昨年の九州中部大震災時の対応が新たな法律において前記の対応をした第一号だったと記憶していますが、今回の豪雨災害においても同様の対応を取ることも考えられます。しかし、この法律を強行するにあたって大規模災害での運用大混乱をまるで想定していなかったのは、2011年の東日本大震災時にて露骨に表れました。それは、大規模自然災害の被災対応と人民拉致裁判の任務のどちらを優先すべきかと問われた際、この法律が持つ本性がどこにあるかを表していることの裏返しでもあるのです。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中