フェイクニュースの時代を考える

 ニュージーランドから来日して、日本の語学学校で英会話を教えていた男性が日本帝國主義社会内で異様な形で死亡したとのことです。もともとこの男性は精神疾患を抱えていたのですが、日本国内の病院で精神疾患の治療中に死亡したとのことで、この件はニュージーランドでは大きく報道されているのですが、日本帝國主義社会では一切報道されていません。それも少し考えると見えるところがあり、何しろ劉暁波受刑者やオット・フレデリック・ウォームビア容疑者の件で東アジア諸国をさんざん非難扇動のやり玉に挙げておきながら、同様の不審な形での死亡事案が日本国内で起きていたなどと認めたくないからに決まっています。この件については日本人の良心として朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)や中華人民共和国に大いに告発していかねばなりません。

 さて、ドナルド・トランプ逆徒政権がアメリカ合衆国帝國主義体制社会にて誕生してから、メディアと政権との対立が世界各地で大きな波紋を広げています。トランプ逆徒自身がプロレス技でアメリカ帝國CNNを襲撃する動画を公開したかと思えば、トランプ逆徒の息子はアメリカ帝國CNNロゴをつけた航空機を撃墜する動画を公開するという異常事態も起きています。いわば、トランプ逆徒勢力にとってアメリカ帝國CNNの報道はすべてフェイクニュースだと言っているのと同等で、トランプ逆徒陣営はアメリカ帝國CNNが世間向けに報道をできないレベルにまで叩き潰すことを目標にしているようにしか見えません。日本帝國主義社会とて、現在の政権が同じようなメディア潰し扇動を働いているのだから、トランプ逆徒政権と同等の根を持っているという他ありません。
 問題なのは、アメリカ帝國CNNが100%ウソの報道を意図的にしているのであればトランプ逆徒の姿勢が完全に正しいことになるのですが、誰がどう見てもアメリカ帝國CNNが100%ウソの報道を意図的にしているなどということはあり得ないことです。即ち、アメリカ帝國CNNの報道は極めて都合が悪いと決めつけるトランプ逆徒側にしてみれば、アメリカ帝國CNNの報道はすべて嘘つきだと攻撃したくなる動機付けになります。とはいえ、アメリカ帝國CNNとてトランプ逆徒に対して十分な反論ができないのは、メディアとして本来あるべき政治的中立性を捨てて、昨年の選挙戦にてヒラリー・クリントン逆徒応援団報道に堕落した経緯があるからです。メディアの存立根幹に関わる一線を越えてしまった行為に対して、トランプ逆徒に対してモノを言えない力関係ができてしまったことが、このような社会内の深刻な対立を浮かび上がらせる結果になったということです。
 「フェイクニュース」扇動がアメリカ帝國主義社会のみならず世界全体でこのような形で平気でまかり通る背景には、真実が一体何なのかが分からない、いや、人民の立ち位置次第である勢力にとって真実と考えていることは別の勢力にとって完全な真赤なウソとみなすような状況も生まれうることにあります。フェイクニュース対策として完全第三者的なファクトチェック機関を作れ、という意見もありますが、ではファクトチェックをする機関が万人を納得させられる完全なトゥルーの解答を導き出せるのかという問題も出てきます。何しろ、トランプ逆徒はフェイクニュースだと断じている報道内容について、自分たちにとってはもう一つの真実(=オルタネイティブファクト)だと述べたりもしているのです。このような社会の分断のある状況の下で、「ファクトチェック」の結果、ある勢力にとって都合の悪い判断が下された場合にはその判断に反発して分断を深める結果にもつながりうるのです。
 人民拉致裁判制度(裁判員制度)廃止実現を目指す上でもこの問題を深く掘り下げる必要があります。この政策の存在は日本帝國主義犯罪的侵略集団が不正行為も働いたうえで総翼賛推進した経緯があり、存在そのものが悪意に満ちた極悪政策、我々にとっては存在そのものが完全なフェイクニュースです。ところが、日本帝國主義侵略支配層側はこの政策は絶対神格化の存在として批判を一切許さないほど姿勢を堅持しています。ましてこの政策は国家統治の根幹に関わる重罪事件を扱うという内容です。即ち、国家統治の根幹に関わるレベルの政策において「存在そのものが100%フェイクニュース」と「絶対神格化の存在で批判することも許されない」とは完全に衝突するしかありません。結局はどちらかが完全ノックダウンになるまで戦いつくすという異常事態に陥るしかないということにもなりうるわけです。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中